最終追い切り

【G1桜花賞2021想定1.2番人気調教評価!】

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

2020年参考にしてくださった皆様ありがとうございました。

2021年のブログは内容を変更してお送りしたいと思います。
引き続きどうぞよろしくお願いします!!

さて、この記事では重賞で人気が想定される馬(1、2番人気想定)調教評価を公開していきたいと思います。

全頭評価については有料になりますが、note記事で公開していますので、もし参考にしてみたい方がおられましたら、
本ページの下部からnoteページに飛べますのでぜひよろしくお願いします。

今回のこの記事で紹介するのは、
G1桜花賞です!!

今週もよろしくお願いします(^^

【各評価の見方】

■総合評価:1週前&最終追い切り、負荷の強さなどすべての要素を踏まえた評価
( 基準:B+A+ )

上昇度:前走からの上昇気配
最終評価:最終追い切りでの調教評価
1週前評価:1週前追い切りでの調教評価
1~5
(基準:1悪い 2イマイチ 3上々 4良好 5抜群の好気配)

G1桜花賞・想定1.2番人気評価

:◎ソダシ(想定1番人気)
総合評価
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★
1週前評価 ★★★★

3/31 栗坂 52.4-11.8 一杯
4/7   栗坂 54.5-12.5 馬なり

最終追い切り栗坂54.5-12.5馬なり。馬なりでの追い切り、速い時計は出してこなかったが、元々このような調整で問題なし。1週前には栗坂52.4-11.8一杯としっかりと負荷をかけて栗坂終い11.8と素晴らしい伸びを見せていたし、主戦の吉田騎手も何週にもわたって騎乗するなど意欲的な追い切り内容。ここ2戦は1週前追い切りで栗CWのトラックコースで追い切りされていたが、今回は栗坂での追い切りとパターンを変えてきたものの、動きは変わらずかなり良いし特に気にする必要もなし。

:◎サトノレイナス(想定2番人気)
総合評価 A+
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★★★

3/31 南W 64.4-11.7 G前
4/7   南W 68.6-13.0 馬なり

最終追い切り南W68.6-13.0馬なり。馬なりでの追い切り、最終追い切りは特別速い時計は出してこなかったが、主戦のルメール騎手が騎乗してしっかりとした動きを見せた。1週前追い切りでは南W64.4-11.7G前と内を周回しての追い切りながら破格の時計を記録してきたし、久々の影響はまったく感じさせない好仕上がり。休み明けもまったく苦にしないし、人気はするだろうがやはりここは有力の一頭で。