最終追い切り

【G2阪神大賞典&G2スプリングS2021想定1.2番人気調教評価!】

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

2020年参考にしてくださった皆様ありがとうございました。

2021年のブログは内容を変更してお送りしたいと思います。
引き続きどうぞよろしくお願いします!!

さて、この記事では重賞で人気が想定される馬(1、2番人気想定)調教評価を公開していきたいと思います。

全頭評価については有料になりますが、note記事で公開していますので、もし参考にしてみたい方がおられましたら、
本ページの下部からnoteページに飛べますのでぜひよろしくお願いします。

今回のこの記事で紹介するのは、
G2阪神大賞典&G2スプリングSです!

【各評価の見方】

■総合評価:1週前&最終追い切り、負荷の強さなどすべての要素を踏まえた評価
( 基準:B+A+ )

上昇度:前走からの上昇気配
最終評価:最終追い切りでの調教評価
1週前評価:1週前追い切りでの調教評価
1~5
(基準:1悪い 2イマイチ 3上々 4良好 5抜群の好気配)

G2阪神大賞典・想定1.2番人気評価

:◎アリストテレス(想定1番人気)
総合評価
上昇度 ★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★

3/10 栗CW(83.0)67.5-12.3 強目
3/17 栗CW(82.9)66.0-12.3 馬なり

最終追い切り栗CW(82.9)66.0-12.3馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、外を周回して最後まで力強い動きを見せた。前走AJCCは最終追い切り栗CW(81.2)65.1-13.2一杯で勝利。前走は追い切りの動きはイマイチだったものの、それでも勝利してくるあたりさすがの素質を持った馬。今回久々を叩かれて前走より動きは明らかに良くなっているし、上積みも大きそう。菊花賞の3000mで2着と好走しているし、距離適性も問題なし。人気は間違いなくするだろうがここは有力の一頭。

:◎ユーキャンスマイル(想定2番人気)
総合評価 B+
上昇度 ★★★
最終評価 ★★★
1週前評価 ★★★

3/11 栗CW(98.8-82.9)66.6-12.3 一杯
3/17 栗CW(82.4)66.8-12.4 馬なり

最終追い切り栗CW(82.4)66.8-12.4強目。強目での追い切り、特別目立つ時計ではないものの、併せ馬を大きく追走して先着、1週前追い切りでは栗CWで7Fから一杯でしっかりと負荷をかけられているし、仕上がりはかなり良い感じ。昨年勝利している実績もあるし今年も警戒が必要で。

G2スプリングS・想定1.2番人気評価

:◎ボーデン(想定1番人気)
総合評価
上昇度 ★★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★★★

3/10 南W(112.9-96.6-81.2)66.4-12.9 一杯
3/17 南W 68.4-11.8 馬なり

最終追い切り南W68.4-11.8馬なり。馬なりでの追い切り、内目を周回しての内容ながら南W終い11.8と抜群の伸びを披露。1週前追い切りでは南Wで1哩から追い切り、(112.9-96.6-81.2)66.4-12.9一杯とかなり長目のかなりハードな追い切り内容を消化、これにより最終追い切りの動きは一変したし、今回のレースの本気度も伺える素晴らしい好内容だった。中山1800mの新馬戦で2着と好走するなど中山実績もあり。未勝利戦勝利からの重賞レースにはなるが、追い切りの動きからも見ても十分に好勝負可能。ここは要注目の一頭で。

:◎ランドオブリバティ(想定2番人気)
総合評価 B+
上昇度 ★★★
最終評価 ★★★
1週前評価 ★★★

3/10 南W 69.6-12.2 馬なり
3/17 南W 70.0-13.1 馬なり

最終追い切り南W70.0-13.1馬なり。馬なりでの追い切り、今回中5週でのレース、2週前&1週前、そして最終追い切りで負荷はあまりかけられなかった。ただ前走きさらぎ賞では最終追い切り南W69.7-12.5馬なりでスタートで挟まるなど不利もありながら3着と好走しているし、1週前には南Wで終い12.2を記録しているし、特に評価を落とす必要もなし。やはり素質は感じさせるし当然注意が必要な一頭。