最終追い切り

【G2チューリップ賞全頭診断&G3オーシャンS想定1.2番人気調教評価!】

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

2020年参考にしてくださった皆様ありがとうございました。

2021年のブログは内容を変更してお送りしたいと思います。
引き続きどうぞよろしくお願いします!!

さて、この記事では重賞で人気が想定される馬(1、2番人気想定)調教評価を公開していきたいと思います。

全頭評価については有料になりますが、note記事で公開していますので、もし参考にしてみたい方がおられましたら、
本ページの下部からnoteページに飛べますのでぜひよろしくお願いします。

今回のこの記事で紹介するのは、
G2チューリップ賞&G3オーシャンSです!!

今回3重賞開催につき、チューリップ賞の全頭診断を完全無料で公開します!!

オーシャンSは想定1.2番人気の調教評価となります!
今週もよろしくお願いします(^^

【各評価の見方】

■総合評価:1週前&最終追い切り、負荷の強さなどすべての要素を踏まえた評価
( 基準:B+A+ )

上昇度:前走からの上昇気配
最終評価:最終追い切りでの調教評価
1週前評価:1週前追い切りでの調教評価
1~5
(基準:1悪い 2イマイチ 3上々 4良好 5抜群の好気配)

G3オーシャンS・想定1.2番人気評価

:◎カレンモエ(想定1番人気)
総合評価
上昇度 ★★★★★
最終評価 ★★★★★
1週前評価 ★★★★

2/25 栗坂 50.3-11.8 一杯
3/3   栗坂 52.4-11.6 強目

最終追い切り栗坂52.4-11.6強目。強目での追い切りで栗坂終い11.6と破格の伸びを披露。1週前追い切りでは栗坂50.3-11.8一杯で栗坂全体2番時計で終い11.8とかなりの負荷をかけられて破格の好タイムを記録しているし、久々の影響はまったく感じさせないし、ここ最近の勢いも感じさせる抜群の好内容だった。人気はするだろうがやはりここは中心の存在で。

:◎アウィルアウェイ(想定2番人気)
総合評価
上昇度 ★★★
最終評価 ★★★
1週前評価 ★★★

2/24 栗坂 53.4-12.5 強目
3/3   栗坂 54.2-13.0 一杯

最終追い切り栗坂54.2-13.0一杯。一杯での追い切り、負荷はしっかりとかけられたが、終いで13.0と少し時計を要した。今回久々のレースでまだ動きは少し重たそう。

G2チューリップ賞・全頭調教診断!!

【G2チューリップ賞・調教診断コメント】

1. メイケイエール
最終追い切り栗CW終い11.9馬なり。馬なりでの追い切り、上がり中心の内容ではあったが大外を周回して終いで素晴らしい動きを披露。1週前追い切りでも栗CW終い11.7を外を周回して記録。中11週でも素晴らしい動きで久々の影響はなし。デビューから3連勝している素質馬。強敵相手に前走G1では4着と敗れはしたが、今回立て直されて動きも良くなったし、ここは有力で。

2. ストゥーティー
最終追い切り栗CW(85.3)69.0-12.1馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計で速い時計は出してこなかったものの、古馬オープン馬を大きく追走して突き放す抜群の動きを披露。中6週でもしっかりと動けているし良い状態で出走できそう。

3. レアシャンパーニュ
最終追い切り栗坂53.2-13.1一杯。一杯での追い切り、中2週でもしっかりと負荷をかけられている点は好印象。ただ終いで少し時計を要したし、併せ馬にも後れを取ってしまったのは少し気になるところ。叩き2戦目で上積みに期待したいが。

4. シャーレイポピー
最終追い切り栗芝65.6-11.7馬なり。馬なりでの追い切り、栗芝で内目を周回しての軽目の内容。ただ1週前に栗CWでしっかりと負荷はかけられているし状態は悪くなし。阪神マイルの勝利実績もあるし注意は必要で。

5. エリザベスタワー
最終追い切り栗坂56.3-12.5馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計で速い時計は出してこなかったが終いで12.5と良い伸び。1週前追い切りで栗坂51.7-12.6一杯と好タイムを記録しているし、最終追い切りはこれくらいで問題なし。前走は出遅れ&イレ込みも見せていたしまだまだ若さを見せていた。キャリア3戦目で一変なるか。

6. エイシンピクセル
最終追い切り栗坂56.1-13.1馬なり。馬なりでの追い切り、重馬場の中での追い切りではあるが、動きはまだもう少し良くなりそうな印象はあった。仕上がり自体は悪くないが、追い切りではそこまで強調できない感じで。

7. タイニーロマンス
最終追い切り美坂51.8-12.4馬なり。馬なりでの追い切りで美坂全体14番時計の好タイムを記録。1週前追い切りでも南W終い12.9を外を周回して記録するなど良い動きを見せているし中3週でも仕上がり良好。元々追い切りではかなり良い動きを見せている馬で素質は良いものを秘めている。重賞のここでも警戒しておきたい。

8. テンハッピーローズ
最終追い切り栗坂53.8-12.7馬なり。馬なりでの追い切り、重馬場の中しっかりとした動きで終い12.7を記録。1週前追い切りでは栗CWで併せ馬を大きく追走して先着。2週続けて主戦の池添騎手が騎乗してくれているのも魅力。中7週と間隔は開いたが気配は良い感じで。

9. シャドウエリス
最終追い切り栗P70.3-12.3馬なり。馬なりでの追い切り、正直目立つほどの動きとは言えないが、中2週でのレースでそこまでの負荷は必要ないかなといったところ。叩き2戦目での上昇に期待したいが。

10. マリーナ
最終追い切り栗坂52.0-12.0一杯。一杯での追い切りで栗坂全体&終いで好タイムを記録。初勝利まで時間を要したが、2走前には最終追い切り栗坂53.6-11.7一杯とかなりの動きを見せて2着、前走で勝利するなどここに来て力もつけてきている印象。今回もしっかりと負荷をかけられて意欲的な好内容。相手は強くなるが警戒しておきたい一頭。

11. バリコノユメ
最終追い切り栗坂54.8-12.6馬なり。馬なりでの追い切り、最終は終い中心の内容ではあったものの、1週前で栗坂52.0-12.1一杯と負荷をかけられているし中4週でのレースで状態は引き続き良い感じ。初芝の前走は4着と敗れはしたが上がり最速で芝でも通用しそうなところを見せてくれた。今回も注意しておきたい。

12. タガノディアーナ
最終追い切り栗P(86.5)68.8-11.8馬なり。馬なりで軽目の追い切り内容だったが動き自体は良い感じ。過去複勝を外したことのない安定感、良い末脚を秘めているし実績のある阪神の舞台で警戒しておきたい。