最終追い切り

【G3クイーンC&G2京都記念&G3共同通信杯2021】想定1.2番人気調教評価!共同通信杯は全頭評価を紹介!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

2020年参考にしてくださった皆様ありがとうございました。

2021年のブログは内容を変更してお送りしたいと思います。
引き続きどうぞよろしくお願いします!!

さて、この記事では重賞で人気が想定される馬(1、2番人気想定)調教評価を公開していきたいと思います。

全頭評価については有料になりますが、note記事で公開していますので、もし参考にしてみたい方がおられましたら、
本ページの下部からnoteページに飛べますのでぜひよろしくお願いします。

今回紹介するのは、
G3クイーンC&G2京都記念G3共同通信杯想定1.2番人気の調教評価です!

さらに今回は3重賞開催の為、日曜開催の共同通信杯に関しましては、

全頭の調教評価&全頭コメントを紹介します!!!

【各評価の見方】

■総合評価:1週前&最終追い切り、負荷の強さなどすべての要素を踏まえた評価
( 基準:B+A+ )

上昇度:前走からの上昇気配
最終評価:最終追い切りでの調教評価
1週前評価:1週前追い切りでの調教評価
1~5
(基準:1悪い 2イマイチ 3上々 4良好 5抜群の好気配)

G3クイーンC・想定1.2番人気評価

:◎ククナ(想定1番人気)
総合評価
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★

2/6   南W 66.3‐12.6 馬なり
2/10 美坂 53.0‐12.3 馬なり

最終追い切り美坂53.0‐12.3馬なり。馬なりでの追い切り、今回中4週でのレースで前走ほどの時計は出してこなかったがそれでも全体的に見れば速い時計、終いも12.3と素晴らしい動きを披露。アルテミスSで2着と好走するなど東京マイルでの実績があるのも当然魅力。前走シンザン記念では4着と敗戦。馬場も荒れていて外枠と展開も向かなかった。ただ前走の最終追い切り美坂では51.2‐11.6馬なりと破格の時計を記録しているだけに素質はかなりものがありそうだし今回再度注目したい。

:◎アカイトリノムスメ(想定2番人気)
総合評価 A+
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★★★

2/3   南W 66.6‐11.9 馬なり
2/10 南W 68.9‐13.4 馬なり

最終追い切り南W68.9‐13.4馬なり。馬なりでの追い切り、最終では速い時計を出してこなかったが、主戦の戸崎騎手が騎乗して感触を確かめてくれているのは魅力。今回注目したいのは2週前&1週前追い切り。2週前には南W66.8‐11.5馬なり、1週前には南W66.6‐11.9馬なりと終いで11秒台を連発するなど文句なしの動きを披露している点。未勝利戦、続く1勝クラスを連勝、いずれも東京マイルの舞台。今回人気はするだろうがこの動きならやはり中心の存在で。

G2京都記念・想定1.2番人気評価

:◎ラヴズオンリーユー(想定1番人気)
総合評価  A+ 
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★★★

2/4   栗CW(96.1‐80.1)64.4‐12.0 強目
2/10 栗CW 68.5‐11.7 強目

最終追い切り栗CW68.5‐11.7強目。強目での大外を周回しての追い切り、速い全体時計は出してこなかったが終いで11.7と抜群の伸び。1週前追い切りで栗CW(96.1‐80.1)64.4‐12.0強目と栗CW5F全体5番時計と破格の好タイムを記録、負荷もしっかりとかけられていて、前走の有馬記念よりも動きは良くなって状態はかなり良し。ここは要警戒で。

:◎ステイフーリッシュ(想定2番人気)
総合評価
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★

2/5   栗坂 51.6‐12.9 一杯
2/10 栗坂 53.8‐13.0 強目

最終追い切り栗坂53.4‐12.5強目。強目での追い切りで栗坂終い12.5を記録。全体時計は速い時計を出してこなかったが、今回中2週でのレースで特に心配無用。5日には栗坂で51.6‐12.9一杯と負荷もかけられているし、骨折明けの前走を叩かれて状態もかなり上がってきている印象。

G3共同通信杯・全頭評価

【G3共同通信杯・調教診断コメント】

1. ディオスバリエンテ
最終追い切り南W70.3‐13.8馬なり。馬なりでの最終は軽目の内容。1週前追い切りは南W67.2‐13.2G前、併せ馬に遅れをとったが、時計自体は悪くはないしまずまずの仕上がりと言った感じ。

2. キングストンボーイ
最終追い切り美坂53.8‐12.8馬なり。馬なりでの追い切りで美坂終い12.8を記録。古馬オープン馬を追走して同入するなど良い動きを披露。前走は最終追い切りで南芝での軽目の内容ではあったが上がり最速の勝利。今回本数もしっかりと乗り込まれているし負荷もかなりかけられていてしっかりと仕上げてきた印象、警戒したい。

3. ステラヴェローチェ
最終追い切り栗坂54.5‐12.1馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.1を記録。2週前には栗CW(80.6)64.0‐12.1馬なりとかなりの好タイムを記録しているし、1週前も大きく追走した併せ馬に同入するなど素晴らしい動きだった。ここが目標では当然ないが想像以上に動けているし人気でもやはりここは注目。

4. プラチナトレジャー
最終追い切り南W71.4‐13.0馬なり。馬なりでの追い切り、大外を周回して動きは上々。前走の京成杯でしっかりと時計を出してきているし今回中3週ならこれくらいの負荷で大丈夫そう。素質はあるだけに無視はできない。

5. ディープリッチ
最終追い切り南W66.9‐13.2G前。ゴール前に負荷をかけての追い切りで南W5F66.9と好タイムを記録。追い切りでは普段あまり動いてくる馬ではないが、この時計はこの馬の自己ベストを大きく更新する好タイム。今回しっかりと動けているし状態が良いのは間違いなしで。

6. タイソウ
最終追い切り栗CW(81.6)66.7‐12.1馬なり。馬なりでの追い切り、大外を周回して栗CW終い12.1と最後まで力強い動きを披露。中3週でもしっかりと負荷をかけられているし状態は良い感じで。

7. エフフォーリア
最終追い切り南W70.4‐12.0馬なり。馬なりでの追い切り、外を周回して終い12.0と抜群の伸び。1週前追い切りでも南W終い12.0を外を周回して記録するなどしっかりと動けているし中13週でも仕上がり良好。主戦の横山騎手も2週続けて騎乗するなど意欲的な内容で期待十分。

8. レフトゥバローズ
最終追い切り南P67.1‐12.0馬なり。馬なりでの追い切り、特別目立つ時計ではないものの、併せ馬を突き放す動きを見せていたし久々の影響は感じさせなかった。

9. ヴィクティファルス
最終追い切り栗坂52.8‐12.7強目。強目での追い切りで栗坂終い12.7を記録。1週前追い切りでは主戦の松山騎手が騎乗して栗CW(81.6)65.9‐11.8G前と素晴らしい動きで好タイムを記録。終いもしっかりと伸びを見せていたし感触を確かめてくれているし状態もかなり良くなっている印象。新馬戦からのレースにはなるが、素質はかなり高いものを秘めていそうな一頭。要警戒で。

10. ハートオブアシティ
最終追い切り栗坂54.0‐12.8一杯。一杯での追い切り、負荷もかけられて悪い動きではないが、終いで時計を要したし、併せ馬にも遅れをとった。今回の追い切りの内容では強調しづらいところ。

11. シャフリヤール
最終追い切り栗坂55.0‐12.3馬なり。馬なりでの追い切り、速い全体時計は出してこなかったが終いで12.3と良い伸び。2週前追い切り栗CWでは終い11.8、1週前追い切りでも栗CWで外を周回して好タイムを記録しているし、最終はこれくらいの負荷で十分。3週続けて主戦の福永騎手が騎乗してくれているのも魅力の一つ。久々でもしっかりと乗り込まれていて動きも良し。注目しておきたい一頭。

12. カイザーノヴァ
最終追い切り栗坂54.3‐12.8馬なり。馬なりでの追い切りで速い時計は出してこなかった。1週前は併せ馬に先着するなど動きは上々。ただ特別強調するほどの動きとは言えない印象で。

↓全頭の追い切り情報が見たいという方や、平場の好調教馬やレースの予想が見たいという方は、noteにて調教分析記事ならびに調教を踏まえた予想記事を販売しております。
午前の1~5Rまでは無料で調教評価&高指数欄を公開しています。初めての方もぜひご覧ください!!