最終追い切り

【G3東京新聞杯&G3きさらぎ賞2021】想定1.2番人気調教評価!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

2020年参考にしてくださった皆様ありがとうございました。

2021年のブログは内容を変更してお送りしたいと思います。
引き続きどうぞよろしくお願いします!!

さて、この記事では重賞で人気が想定される馬(1、2番人気想定)調教評価を公開していきたいと思います。

全頭評価については有料になりますが、note記事で公開していますので、もし参考にしてみたい方がおられましたら、
本ページの下部からnoteページに飛べますのでぜひよろしくお願いします。

今回紹介するのは、
G3東京新聞杯G3きさらぎ賞想定1.2番人気の調教評価です!

【各評価の見方】

■総合評価:1週前&最終追い切り、負荷の強さなどすべての要素を踏まえた評価
( 基準:B+A+ )

上昇度:前走からの上昇気配
最終評価:最終追い切りでの調教評価
1週前評価:1週前追い切りでの調教評価
1~5
(基準:1悪い 2イマイチ 3上々 4良好 5抜群の好気配)

G3東京新聞杯・想定1.2番人気評価

:◎ヴァンドギャルド(想定1番人気)
総合評価
上昇度 ★★★
最終評価 ★★★
1週前評価 ★★★

1/31 栗CW(86.3)70.1‐13.0 馬なり
2/3   栗芝   -11.9 馬なり

最終追い切り栗芝終い11.9馬なり。馬なりでの追い切り、最終は内を周回しての内容で軽目の内容だった。1週前追い切りの栗CWも内目を周回しての内容。2走前の4か月ぶりで勝利した富士Sは最終追い切り栗CW64.6‐12.0G前で今回と比較しても負荷は明らかに軽いし、正直本気度はそこまで高くはなさそうで。

:◎トリプルエース(想定2番人気)
総合評価
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★

1/27 栗坂 54.3-12.3 強目
2/3   栗坂 52.7-12.4 馬なり

最終追い切り栗坂52.7-12.4馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.4を記録。重馬場でもしっかりと良い動きを見せていた。中1週での前走は出遅れなども響いて8着と敗戦。今回中4週と良い間隔で出走できるしルメール騎手へと乗り替わり、状態も引き続き良いしここは注目の一頭。

G3きさらぎ賞・想定1.2番人気評価

:◎ランドオヴリバティ(想定1番人気)
総合評価  B+ 
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★

1/27 南W 69.8-12.5 馬なり
2/3   南W 69.7-12.5 馬なり

最終追い切り南W69.7-12.5馬なり。馬なりでの追い切り、外を周回して終い12.5と良い伸び。1週前には古馬相手を追走して同入する動きを見せているし、やはり素質はかなりのものを秘めていそう。2番人気に支持された前走ホープフルSでは4コーナーで制御不能となり競争中止。今回あまりハードに攻められていないし、気性面で改善があれば素質は十分なだけにチャンスは大いにありそう。

:◎ヨーホーレイク(想定2番人気)
総合評価 B+
上昇度 ★★★
最終評価 ★★★
1週前評価 ★★★★

1/28 栗CW(83.4)66.8-12.1 一杯
2/3   栗坂 55.5-13.2 馬なり

最終追い切り栗坂55.5-13.2馬なり。馬なりでの追い切り、併せ馬を大きく追走して同入、最終は特別負荷をかけてこなかったが良い動きだった。2週前&1週目で栗CWで6Fから一杯で負荷もかけられているし、状態は引き続き良い感じ。過去3戦で上がり最速を記録、今回もレースに向けて状態も上がっているしここはやはり警戒しておきたい。

↓全頭の追い切り情報が見たいという方や、平場の好調教馬やレースの予想が見たいという方は、noteにて調教分析記事ならびに調教を踏まえた予想記事を販売しております。
午前の1~5Rまでは無料で調教評価&高指数欄を公開しています。初めての方もぜひご覧ください!!