最終追い切り

【G3中山金杯&G3京都金杯】想定1.2番人気調教評価!PART.1

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

2020年参考にしてくださった皆様ありがとうございました。

2021年のブログは内容を変更してお送りしたいと思います。
引き続きどうぞよろしくお願いします!!

さて、この記事では重賞で人気が想定される馬(1、2番人気想定)調教評価を公開していきたいと思います。

全頭評価については有料になりますが、note記事で公開していますので、もし参考にしてみたい方がおられましたら、
本ページの下部からnoteページに飛べますのでぜひよろしくお願いします。

今回紹介するのは、
G3中山金杯&G3京都金杯想定1.2番人気の調教評価です!

【各評価の見方】

■総合評価:1週前&最終追い切り、負荷の強さなどすべての要素を踏まえた評価
( 基準:B+A+ )

上昇度:前走からの上昇気配
最終評価:最終追い切りでの調教評価
1週前評価:1週前追い切りでの調教評価
1~5
(基準:1悪い 2イマイチ 3上々 4良好 5抜群の好気配)

G3中山金杯・想定1.2番人気評価

:◎ヒシイグアス(想定1番人気)
総合評価  A+
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★★

12/30 南W 65.1‐12.7 馬なり
1/3   美坂 57.7‐13.4 馬なり

最終追い切り美坂57.7‐13.4馬なり。馬なりでの追い切り、最終は軽目の内容ではあったがしっかりと動けていた。今回注目したいのは1週前追い切りで南W65.1‐12.7馬なりで併せ馬を1.2秒も追走して先着するなど抜群の動きを見せてきた点。7か月ぶりの前走で見事勝利。この時の1週前&最終追い切りより動きはかなり良くなっているし、叩かれての上積みは大きそう。前走に引き続き松山騎手が継続して騎乗してるのは大きな強みだし今回有力の一頭で。

:◎ディープボンド(想定2番人気)
総合評価  A+
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★★★

12/23 栗CW(80.1)64.6‐11.8 一杯
12/31 栗CW(82.1)65.7‐11.9 一杯

最終追い切り栗CW(82.1)65.7‐11.9一杯。一杯での追い切り、大外を周回して最後まで力強い動きで好タイムを記録。1週前追い切りでも栗CW5F全体2番時計とかなりの好タイムを記録。今回菊花賞以来のレースにはなるが、何本も栗CWの6Fからの追い切りを消化するなどかなり意欲的に乗り込まれている点は好印象。動きも文句ないしかなり良い状態で出走できそう。

G3京都金杯・想定1.2番人気評価

:◎シュリ(想定1番人気)
総合評価  A+
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★★
1週前評価

12/31 栗坂 51.4‐11.9 一杯

最終追い切り栗坂51.4‐11.9一杯。一杯での追い切りで栗坂全体51.4&終い11.9と文句なしの抜群の動きを披露。連勝して挑む今回が初重賞。3か月半ぶりの前走で勝利しての中2週でのレース、今回自己ベストに迫る時計を記録するなど、かなりの上積みを感じさせる追い切り内容だったし、相手強化のここでも要注意の一頭で。

:◎ピースワンパラディ(想定2番人気)
総合評価  A+
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★★
1週前評価 ★★★★

12/30 南W   ‐13.0 馬なり
1/2   美坂 56.1‐11.8 強目

最終追い切り美坂56.1‐11.8強目。強目での追い切りで美坂終い11.8と抜群の伸びを披露。24日には南W(82.8)66.8‐13.2強目としっかりと攻められているし、30日にも南Wで良い動きを披露。2走前のポートアイランドSで上がり最速の2着と好走するなど中京マイルの実績もあり。今回普段と違う最終追い切り美坂となるが動きは文句ないし問題なし。気配は絶好で警戒しておきたい。

↓全頭の追い切り情報が見たいという方や、平場の好調教馬やレースの予想が見たいという方は、noteにて調教分析記事ならびに調教を踏まえた予想記事を販売しております。

※午前中の1R~5Rは無料公開としておりますので、ぜひ一度のぞいてもらえると嬉しいです!!