最終追い切り

重賞調教危険馬(仮)!part197

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

いつもツイッターでいいねやリツイートをしてくださる皆様、
またいつも参考にしてお読み頂いている皆様ありがとうございます!

調教で見抜く【重賞調教危険馬】ですが、
150回を突破いたしました!!

ここまで続けてこられたのも皆さまのおかげです!ありがとうございます!!

さて、今回この重賞調教危険馬ですが、調教判断が第一で変わりはありませんが、
今回の重賞予想でも紹介しましたα&β指数をこちらでも取り入れて危険馬の選定をしたいと考えています!!

さらに危険馬の正解率が上がるように頑張っていきますので引き続きよろしくお願いします!!!

ルール

【ルール】
①基本的に人気馬(予想・前日オッズ5番人気以内・もしくは当日5番人気以内)から選択。
②その馬が人気よりも着順が下なら〇(成功)、着順が人気と同じ・もしくは下なら×(失敗)とします。
③ただしその馬が4番人気以下なら複勝圏内(3着以内)に入らなかったら○(成功)とします。

ex.1番人気3着→〇、2番人気2着→×、5番人気4着→〇

※上位人気から選びたいと思っていますが、前日しか買えない方の為にも、基本的に予想オッズもしくは前日オッズから選びたいと思っていますので、当日のオッズ次第では6番人気以下の人気薄になってしまう可能性もありますのでご了承ください。

【重賞調教危険馬】

【G2ステイヤーズS

アルバート →〇5番人気13着

【調教評価:〈3.5〉】
【α・β評価:〈4.0〉】

最終追い切り栗坂54.3‐12.7馬なり。馬なりで軽目の追い切り、1週前に栗CWで、最終は栗坂と昨年と同じコースでの調整内容。ただ今回昨年と比べてプール調整が多いのは少し気になるところ。昨年は京都大賞典で大敗してからのステイヤーズSで2着と激走。今年も前走京都大賞典で大敗からとほぼ同じローテーション。舞台は間違いなくこの馬にとってプラスだし、今年も当然警戒が必要だが、状態自体は昨年の方が良かったかなといったところ。

【G3チャレンジC

レイパパレ →×1番人気1着

【調教評価:〈3.5〉】
【α・β評価:〈4.5〉】

最終追い切り栗坂53.6‐12.7強目。強目での追い切りで力強い動きを披露。久々の前走大原Sでは最終追い切り栗坂54.1‐12.6一杯で勝利。ちなみに今回の最終追い切り全体53.6は過去4戦の最終追い切りでは一番速い全体時計。前走ので3か月ぶりで馬体を減らしていたのは少し気になるが、追い切りの動きは普段と変わらず良い感じだったし、あとは当日馬体が極端に減っていなければ問題なしで。決して悪くないが、上位3頭から選ぶとしたらここを選択で。

【G1チャンピオンズC

ゴールドドリーム →×3番人気2着

【調教評価:〈4.0〉】
【α・β評価:〈3.5〉】

最終追い切り栗坂51.7‐12.1一杯。一杯での追い切りで栗坂全体51.7、終いも12.1と好タイムを記録。1週前も栗CWで(81.2)64.3‐11.8一杯と大外を周回して好タイムを記録するなど負荷をしっかりとかけられている点は好印象。中7週でのレースではあるが、前走4か月半ぶりを叩かれて気配は良くなっている。昨年のチャンピオンズCと比較すると最終追い切り栗坂50.9‐12.3馬なりで動きだけを見ると昨年の方が良かった印象はあるが態勢は整ったとみて良さそう。
ここは最後まで判断に悩みましたが、最終的に結構人気をしてしまっている点とやはり昨年の方が気配は良かったというのが最後まで頭に残っていた結果、ここを選択で。