重賞予想

G1天皇賞秋2020☆予想!本命は栗CWで抜群の動きを見せた…

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
本記事で重賞の予想を公開しております!
ぜひ参考にしていただけると嬉しいです(^^

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【重賞全頭評価&全頭調教診断】
※ここで出走予定全頭のコメント&調教評価をnoteにて記載しています!!

さて、今回はG1天皇賞秋の好調教馬・予想を公開していきます。

調教は上記の記事にてご覧下さい!!

ここで、α&β指数上位馬を見ていきます。

α&β指数上位ベスト5

1位:クロノジェネシス
2位:アーモンドアイ
3位:ダノンキングリー
4位:フィエールマン
5位:ダノンプレミアム

上記の記事・指数&オッズなども含めて本命&穴馬券の軸で推奨したいのは下記の2頭!!

本命馬券はここ!!

ダノンプレミアム

【調教評価:〈4.5〉】

【α・β評価:〈3.5〉】

10/22 栗CW(82.3)65.4‐11.7 馬なり
10/28 栗CW(83.6)67.2‐12.1 強目

最終追い切り栗CW(83.6)67.2‐12.1強目。強目での追い切り、最終追い切りでは特別目立つほどの時計は出してこなかったが、外を周回、主戦の川田騎手が騎乗して力強い動きを見せていた。1週前には栗CW(82.3)65.4‐11.7馬なりと外を周回してしっかりと好タイムを記録してきている点はさすが。昨年の天皇賞秋は1週前追い切り栗CW(81.9)65.7‐11.9強目、最終追い切り栗CW(81.9)66.0‐12.0一杯と負荷の強さ、1週前の時計だけを見ても今回の方がしっかりと動けているし状態はかなり良さそう。

穴馬券はここ!

スカーレットカラー

【調教評価:〈4.5〉】

【α・β評価:〈3.0〉】

10/21 栗CW(82.8)66.0‐11.4 一杯
10/28 栗CW(83.7)66.6‐11.6 強目

最終追い切り栗CW(83.7)66.6‐11.6強目。強目での追い切りで栗CW終い11.6と素晴らしい伸びを披露。1週前追い切りでも栗CW(82.8)66.0‐11.4一杯と好タイムを連発。これだけ負荷をかけられて良い動きができるあたり状態はかなり良さそう。昨年の府中牝馬Sではラッキーライラックに勝利するなど通用する力も十分。面白くなりそうで。

上記の様々な要素を踏まえて、下した最終予想印はこちら!!

G1天皇賞秋・最終予想

ダノンプレミアム
アーモンドアイ
クロノジェネシス
ダノンキングリー
スカーレットカラー
フィエールマン
キセキ
ブラストワンピース