最終追い切り

G1菊花賞2020☆好調教3頭を紹介!!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

さて、今回も重賞開催の好調教注目馬を見ていきます!

よろしくお願いします!!

↓全頭の追い切り情報が見たいという方や、平場のレースの予想が見たいという方の為にnoteにて調教分析記事ならびに調教を踏まえた予想を販売しております。

※無料公開枠も公開しておりますのでぜひ一度のぞいてもらえると嬉しいです!!

さて、当ブログ記事では、各重賞で気になる本命候補の馬2頭&穴馬1頭を公開していきます!

本記事は、
G1菊花賞1週前&最終追い切り情報です!!

【各評価の見方】

■総合評価:1週前&最終追い切り、負荷の強さなどすべての要素を踏まえた評価
( 基準:B+A+ )

上昇度:前走からの上昇気配
最終評価:最終追い切りでの調教評価
1週前評価:1週前追い切りでの調教評価
1~5
(基準:1悪い 2イマイチ 3上々 4良好 5抜群の好気配)

G1菊花賞・好調教注目3頭!!!

:◎ヴェルトライゼンデ
総合評価  A
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★★
1週前評価 ★★★★

10/15 栗CW(82.3)66.0‐11.9 一杯
10/21 栗CW(84.4)67.0‐11.7 強目

最終追い切り栗CW(84.4)67.0‐11.7強目。強目での追い切りで栗CW終い11.7と素晴らしい伸びを見せた。1週前追い切りでは6Fから一杯で好タイムを記録。今回主戦の池添騎手が2週続けて騎乗し、負荷もしっかりとかけられていて好印象。骨折明けの前走で上がり最速の2着と激走。正直前走の追い切り内容は特に目立ったものではない中でのあの激走。今回叩かれて動きもさらに良くなっているし、かなり良い状態で出走できそう。要警戒で。

:◎コントレイル
総合評価  A
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★★

10/14 栗CW(84.6)67.0‐12.2 馬なり
10/21 栗坂 52.5‐12.9 馬なり

最終追い切り栗坂52.5‐12.9馬なり。馬なりで軽目の追い切り、それでも終始力強い動きで素晴らしい動き。1週前追い切りでは主戦の福永騎手も騎乗して栗CWで6Fの長目からの追い切り、併せ馬を大きく追走して突き放す抜群の動きを見せていたし、最終はこれくらいで問題なし。今まで通り仕上がりは文句なし。3冠へ体制は整った。

人気ブログランキングへ→1

総合評価  
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★★

10/15 栗CW(80.0)65.4‐12.3 一杯
10/21 栗坂 54.0‐12.3 馬なり

最終追い切り栗坂54.0‐12.3馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.3と素晴らしい伸び。1週前追い切りでは栗CW(80.0)65.4‐12.3一杯と負荷もしっかりとかけられて抜群の動きで好タイムを記録。久々の前走神戸新聞杯でも追い切りの動きは良かったが、今回使われたことでさらに動きは良くなった印象。前で長く良い脚が使えるのは魅力。長距離も歓迎だし非常に楽しみな一頭。