重賞予想

G1菊花賞2020☆予想!本命は栗CWで抜群の動きの…

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
本記事で重賞の予想を公開しております!
ぜひ参考にしていただけると嬉しいです(^^

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【重賞全頭評価&全頭調教診断】
※ここで出走予定全頭のコメント&調教評価をnoteにて記載しています!!

さて、今回はG1菊花賞の好調教馬・予想を公開していきます。

調教は上記の記事にてご覧下さい!!

ここで、α&β指数上位馬を見ていきます。

α&β指数上位ベスト5

1位:コントレイル
2位:ヴェルトライゼンデ
3位:バビット
4位:サトノフラッグ
5位:ガロアクリーク

上記の記事・指数&オッズなども含めて本命&穴馬券の軸で推奨したいのは下記の2頭!!

本命馬券はここ!!

ヴェルトライゼンデ

【調教評価:〈4.5〉】

【α・β評価:〈4.0〉】

10/15 栗CW(82.3)66.0‐11.9 一杯
10/21 栗CW(84.4)67.0‐11.7 強目

最終追い切り栗CW(84.4)67.0‐11.7強目。強目での追い切りで栗CW終い11.7と素晴らしい伸びを見せた。1週前追い切りでは6Fから一杯で好タイムを記録。今回主戦の池添騎手が2週続けて騎乗し、負荷もしっかりとかけられていて好印象。骨折明けの前走で上がり最速の2着と激走。正直前走の追い切り内容は特に目立ったものではない中でのあの激走。今回叩かれて動きもさらに良くなっているし、かなり良い状態で出走できそう。要警戒で。

穴馬券はここ!

ディープボンド

【調教評価:〈4.5〉】

【α・β評価:〈3.5〉】

10/15 栗CW(80.0)65.4‐12.3 一杯
10/21 栗坂 54.0‐12.3 馬なり

最終追い切り栗坂54.0‐12.3馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.3と素晴らしい伸び。1週前追い切りでは栗CW(80.0)65.4‐12.3一杯と負荷もしっかりとかけられて抜群の動きで好タイムを記録。久々の前走神戸新聞杯でも追い切りの動きは良かったが、今回使われたことでさらに動きは良くなった印象。前で長く良い脚が使えるのは魅力。長距離も歓迎だし非常に楽しみな一頭。

上記の様々な要素を踏まえて、下した最終予想印はこちら!!

G1菊花賞・最終予想

ヴェルトライゼンデ
コントレイル
バビット
ディープボンド
サトノフラッグ
ロバートソンキー
アリストテレス
ガロアクリーク