最終追い切り

G2京都大賞典2020☆好調教3頭を紹介!!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

さて、今回も重賞開催の好調教注目馬を見ていきます!

よろしくお願いします!!

↓全頭の追い切り情報が見たいという方や、平場のレースの予想が見たいという方の為にnoteにて調教分析記事ならびに調教を踏まえた予想を販売しております。

※無料公開枠も公開しておりますのでぜひ一度のぞいてもらえると嬉しいです!!

さて、当ブログ記事では、各重賞で気になる本命候補の馬2頭&穴馬1頭を公開していきます!

本記事は、
G2京都大賞典1週前&最終追い切り情報です!!

【各評価の見方】

■総合評価:1週前&最終追い切り、負荷の強さなどすべての要素を踏まえた評価
( 基準:B+A+ )

上昇度:前走からの上昇気配
最終評価:最終追い切りでの調教評価
1週前評価:1週前追い切りでの調教評価
1~5
(基準:1悪い 2イマイチ 3上々 4良好 5抜群の好気配)

G2京都大賞典・好調教注目3頭!!!

:◎カセドラルベル
総合評価  A+
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★★

9/30 栗坂 51.7‐12.2 一杯
10/7 栗坂 53.7‐12.2 一杯

最終追い切り栗坂53.7‐12.2一杯。一杯での追い切りで栗坂終い12.2と良い伸び。1週前追い切りでは栗坂51.7‐12.2一杯と負荷をかけられてかなりの好タイムを記録しているし、中7週でも引き続き状態はかなり良さそうな印象。連勝の勢いも感じさせるし相手強化でも警戒しておきたい。

:◎グローリーヴェイズ
総合評価  A+
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★★

9/30 南W(81.7)65.2‐12.6 強目
10/7 南W 67.5‐12.7 強目

最終追い切り南W67.5‐12.7強目。強目での追い切りで最後まで力強い動きを披露。1週前追い切りで南W(81.7)65.2‐12.6強目と外目を周回してかなりの動きを披露していたし、状態は段々と上がってきている印象。前走宝塚記念では17着と大敗したが、しっかりと立て直されてきた印象。京都2400mは日経新春杯も勝利している舞台だしここは警戒が必要で。

人気ブログランキングへ→1

総合評価  
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★★

9/30 栗CW(81.0)65.0‐12.0 馬なり
10/7 栗CW(84.8)68.1‐12.6 G前

最終追い切り栗CW(84.8)68.1‐12.6G前。ゴール前で強く追い切り、速い時計は出してこなかったが、1週前追い切りで栗CW(81.0)65.0‐12.0馬なりとかなりの好タイムを記録しているし、最終はこれくらいで十分。今回久々のレースにはなるが、前走よりも動きは良くなっているし、京都2400mは勝利経験もあるし、昨年の近レースで3着と好走するなど得意舞台で警戒が必要で。