最終追い切り

G3新潟大賞典2020☆予想オッズ上位4頭+α穴馬追い切り診断!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

さて今回は、過去波乱の多数起きているハンデ重賞の、
G3新潟大賞典の1週前&最終追い切り情報です。

※先週から予想オッズ上位4頭の調教診断+気になる穴馬1頭を紹介しています!!
というのも、過去重賞5年の成績を調べてみると・・・
なんと70%以上が1~4番人気での決着となっています。
やはり競馬に勝つためには人気馬の取捨選択というのが最も重要な事だと考えています。

そこで今回から予想オッズ上位4頭に焦点を当てて、今まで以上に詳しく追い切りの分析をしていこうと思っています!
また+αとして気になる穴馬も一頭紹介します!!

またまた他の穴馬も見たいのに・・・
という方の為にnoteにて全頭追い切り評価の記事も販売したいと思っております!
※木曜夜~金曜夜の間に更新予定です!

こちらでは人気馬はもちろん普段スポットの浴びることが少なく、情報の少ない穴馬の評価も載せていこうと思っています!
また9.10日開催から重賞はもちろん、10Rから12Rの全レースに対応できるようにしていきます!また、あわせて主要調教4コースのベスト100調教リスト&土日の特に気になる調教推奨馬も紹介していきます!!

様々な方へのニーズに応えられるようにこれからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします(^O^)!!

note記事は下記のボタンからページへとべます!
ぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

【各評価の見方】

■総合評価:1週前&最終追い切り、負荷の強さなどすべての要素を踏まえた評価
( 基準:B+A+ )

上昇度:前走からの上昇気配
最終評価:最終追い切りでの調教評価
1週前評価:1週前追い切りでの調教評価
1~5
(基準:1悪い 2イマイチ 3上々 4良好 5抜群の好気配)

以前紹介してきた気に+α要素を追加しました!!
上昇度&1週前評価&最終評価、そして総合評価とポイントを細かく分けて評価をしております!!

さらに以前の記事にはなかった前走比較もつけることでさらにわかりやすくお伝えできるように対応しました(^O^)

ぜひ最後までご覧頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします(^O^)

さて、今回予想オッズ上位4頭に該当したのが、
■エアウィンザー
■ギベオン
■ダイワキャグニー
■ブラヴァス

上記4頭です!
上記4頭をランキング形式で上位から順に紹介していきます(^O^)!!

G3新潟大賞典・1週前&最終追い切り情報

1位:◎エアウィンザー
総合評価  
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★

【前走時の追い切り内容】
9/25 栗CW(86.0)69.5‐11.6 馬なり
10/2 栗CW(85.1)68.0‐11.5 一杯

4/29 栗CW(82.6)66.5‐11.9 馬なり
5/6   栗坂 52.8‐12.5 強目

最終追い切り栗坂52.8‐12.5強目。強目での追い切りで終始力強い動きを見せていた。2週前には大外を周回して栗CW終い11.3と抜群の伸び、1週前追い切りでも栗CWで6Fから追い切りされて終い11.9を馬なりで記録するなど動きは良かった。今回の注意点はやはり骨折明けのレースという点。ただ追い切りでは本数もしっかりと乗り込まれているし動きも変わらず良し。特に不安視をする必要もなし。実績は一枚上手、気配も良いなら当然有力で。

2位:◎ダイワキャグニー
総合評価  B+
上昇度 ★★★
最終評価 ★★★
1週前評価 ★★★★

【前走時の追い切り内容】
3/4  南W 67.8‐12.2 強目
3/11 南W 65.4‐13.1 馬なり

4/29 南W 68.3‐12.2 馬なり
5/6   南W 70.1‐12.3 馬なり

最終追い切り南W70.1‐12.3馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計で速い時計は出してこなかったが、外を周回して終い12.3と良い伸びを見せていた。1週前追い切りでも南W67.8‐12.2強目で終いで好タイムを記録しているし、今回中7週と少し間隔は空いたものの状態自体は良さそう。前走と比較すると前走の方が時計も速いし、正直前走の方が少し良かったかなと言った印象もあるが、今回も決して悪くないし仕上がりは上々。この馬の力は出せそう。あとはハンデとの闘いで。

3位:ブラヴァス
総合評価  B+
上昇度 ★★★
最終評価 ★★★
1週前評価 ★★★

前走時の追い切り内容
3/4   栗CW 65.7‐11.9 馬なり
3/11 栗CW 67.2‐12.0 馬なり

4/30 栗CW(80.9)65.6‐12.3 一杯
5/6   栗CW(85.5)69.7‐12.4 馬なり

最終追い切り栗CW(85.5)69.7‐12.4馬なり。馬なりでの追い切り、最終追い切りでは速い時計を出してこなかったが、2週前には栗CWで7Fから一杯で、1週前追い切りでは栗CWで6Fから追い切りされて好タイムを記録するなどしっかりと負荷をかけられている。1本ごとに動きも良くなってきているし、中8週でもしっかりと体勢は整えてきた印象。新潟外回りは合いそうだし、連勝の勢いもありで注意しておきたい。

4位:ギベオン
総合評価  
上昇度 ★★
最終評価 ★★
1週前評価 ★★★

前走時の追い切り内容
3/4   栗CW 65.7‐11.9 馬なり
3/11 栗CW 67.2‐12.0 馬なり

4/29 栗CW(85.3)68.3‐12.0 強目
5/6   栗CW 69.8‐12.0 強目

最終追い切り栗CW69.8‐12.0強目。強目での追い切り、動き自体は上々だったが、今回中7週でのレースということを考えると負荷の面でも少し物足りない印象はあり。前走と比較すると、前走は1週前&最終追い切りで馬なりでの追い切り内容。今回は両方ともに強目での内容。前走よりも負荷はかけられているのかもしれないが、単純に時計を比べてみても前走の方が良い。追い切りの動きを見ている限りでは2ヶ月半ぶりを使われての上積みはあまりなさそうな印象。

気になる穴馬一頭!!

人気ブログランキングへ→1

総合評価  
上昇度 ★★★★★
最終評価 ★★★★★
1週前評価 ★★★★★

前走時の追い切り内容
2/27 栗坂 51.1‐12.1 強目
3/5   栗坂 52.1‐12.3 馬なり

4/29 栗CW(77.4)62.5‐11.5 一杯
5/6   栗坂 53.1‐11.9 馬なり

最終追い切り栗坂53.1‐11.9馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い11.9と抜群の伸びを見せた。今の栗坂で終い11.9はかなり価値のある時計。また1週前追い切りでは、一杯で外目を周回して栗CW5F全体1番時計を記録するなど破格の好タイムを記録。今回かなり意欲的に追い切りをされていて本気度はかなり高そう。文句なしの好気配、過去新潟も経験しているし、上がりの瞬発力は非凡なものあり。当日人気するかもしれないが、ここは有力の一頭で。