最終追い切り

G1NHKマイルC2020☆予想オッズ上位4頭+α穴馬追い切り診断!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

さて今回は、3歳マイル王決定戦、
G1NHKマイルCの1週前&最終追い切り情報です。

※先週から予想オッズ上位4頭の調教診断+気になる穴馬1頭を紹介しています!!
というのも、過去重賞5年の成績を調べてみると・・・
なんと70%以上が1~4番人気での決着となっています。
やはり競馬に勝つためには人気馬の取捨選択というのが最も重要な事だと考えています。

そこで今回から予想オッズ上位4頭に焦点を当てて、今まで以上に詳しく追い切りの分析をしていこうと思っています!
また+αとして気になる穴馬も一頭紹介します!!

またまた他の穴馬も見たいのに・・・
という方の為にnoteにて全頭追い切り評価の記事も販売したいと思っております!
※木曜夜~金曜夜の間に更新予定です!

こちらでは人気馬はもちろん普段スポットの浴びることが少なく、情報の少ない穴馬の評価も載せていこうと思っています!
また9.10日開催から重賞はもちろん、10Rから12Rの全レースに対応できるようにしていきます!また、あわせて主要調教4コースのベスト100調教リスト&土日の特に気になる調教推奨馬も紹介していきます!!

様々な方へのニーズに応えられるようにこれからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします(^O^)!!

note記事は下記のボタンからページへとべます!
ぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

【各評価の見方】

■総合評価:1週前&最終追い切り、負荷の強さなどすべての要素を踏まえた評価
( 基準:B+A+ )

上昇度:前走からの上昇気配
最終評価:最終追い切りでの調教評価
1週前評価:1週前追い切りでの調教評価
1~5
(基準:1悪い 2イマイチ 3上々 4良好 5抜群の好気配)

以前紹介してきた気に+α要素を追加しました!!
上昇度&1週前評価&最終評価、そして総合評価とポイントを細かく分けて評価をしております!!

さらに以前の記事にはなかった前走比較もつけることでさらにわかりやすくお伝えできるように対応しました(^O^)

ぜひ最後までご覧頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします(^O^)

さて、今回予想オッズ上位4頭に該当したのが、
■レシステンシア
■タイセイビジョン
■サトノインプレッサ
■ルフトシュトローム

上記4頭です!
上記4頭をランキング形式で上位から順に紹介していきます(^O^)!!

G1NHKマイルC・1週前&最終追い切り情報

1位:◎ルフトシュトローム
総合評価  
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★★

【前走時の追い切り内容】
4/2  南W 67.5‐12.2 馬なり
4/8  南W    ‐12.9 馬なり

4/30 南W 71.8‐12.5 馬なり
5/6   南W 69.0‐12.9 馬なり

最終追い切り南W69.0‐12.9馬なり。馬なりでの追い切り、時計自体を見ると目立った数字には見えないが、前走の最終追い切りは南W終い12.9馬なり。過去を見てみると、新馬戦が最終追い切り南W69.4‐12.9馬なり。1勝クラスが最終追い切り南W69.9‐12.7馬なりでいずれも勝利をしているし、今回間隔を詰めてのレース。疲れも見せずしっかりとした良い動きで引き続き気配良好。今回上位勢の動きがあまり目立っていないだけにこの馬はかなり良く映る。まだまだ底を見せていないし、引き続き気配も良好。ここは有力で。

2位:◎タイセイビジョン
総合評価  
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★

【前走時の追い切り内容】
4/8   栗坂 54.2‐12.8 一杯
4/15 栗坂 54.7‐13.1 一杯

4/29 栗坂 55.0‐12.7 強目
5/6   栗坂 54.3‐12.6 強目

最終追い切り栗坂54.3‐12.6強目。強目での追い切り、この時計も全体で見てみると決して目立った時計ではないものの、元々この馬は調教で時計を出してこない馬。前走は4ヶ月ぶりで最終追い切り栗坂54.7‐13.1一杯で見事勝利。これと比較しても今回強目で前走を上回る時計を記録しているし、確実に良化していると考えて良さそう。単純に数字だけを比較するのもどうかだが、ちなみに過去5戦して最終追い切り栗坂が4回、その中でもっとも速かったのは全体時計破実は前走の54.7。最近は栗坂で時計がかかるようになったし、これを含めても今回調子が良いのは間違いなさそう。

3位:サトノインプレッサ
総合評価  
上昇度 ★★★
最終評価 ★★★
1週前評価 ★★★

前走時の追い切り内容
3/18 栗坂 53.7‐12.7 馬なり
3/25 栗CW(80.6)65.2‐12.2 強目

4/29 栗坂 52.9‐13.1 一杯
5/6   栗坂 53.9‐12.6 一杯

最終追い切り栗坂53.9‐12.6一杯。一杯での追い切り、今週は併せ馬を追走して同入するなど1週前に比べて動きは良くなってきた。ただ今回併せたのは未勝利馬。また1週前には先行して遅れをとるなど動きは正直まだ重たい印象。負荷をしっかりとかけられている点は評価したいが、少し急仕上げ感もあるし、ここ2戦は最終追い切り栗CWで勝利していて、最終追い切り栗坂は新馬戦以来。心配しすぎかもしれないが、これがどう出るか。素質は上位で当然警戒したいが。

4位:レシステンシア
総合評価  
上昇度 ★★
最終評価 ★★
1週前評価 ★★★

前走時の追い切り内容
4/2  栗坂 56.0‐13.0 馬なり
4/8  栗坂 49.5‐12.1 馬なり

4/29 栗坂 53.2‐12.6 馬なり
5/6   栗坂 56.5‐13.7 馬なり

最終追い切り栗坂56.5‐13.7馬なり。馬なりでの追い切り、今回数字を見ても明らかではあるが、最終追い切りはかなり軽目の内容だった。もちろん今回間隔を詰めてのレースでそこまで負荷をかける必要はないかもしれないが、1週前も普段と比べて軽目だったし、前走は最終追い切り栗坂で全体1番時計を記録していたのと比較しても、G1の大舞台へ向けての内容としては少し物足りない印象。前走の重馬場での疲れがまだ残っている可能性もあるし、当日のパドックでは警戒して見ておく必要がありそう。

気になる穴馬一頭!!

人気ブログランキングへ→1

総合評価  A+
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★★

前走時の追い切り内容
3/5   南W 66.4‐12.1 馬なり
3/11 美坂 50.8‐12.5 馬なり

4/29 南W 65.4‐12.4 馬なり
5/6   美坂 52.9‐13.0 馬なり

最終追い切り美坂52.9‐13.0馬なり。馬なりでの追い切り、この時計は水曜の美坂全体31番時計の好タイムを記録。ただ今回注目したいのは1週前追い切りで南W65.4‐12.4馬なりで南W5F全体19番時計の好タイム、併せ馬を大きく追走して同入するなど抜群の動きを見せていた。4着に敗れたフェアリーSに騎乗していたマーフィー騎手はまだまだ成長途中で今後良くなるとのコメント。続くファルコンSでは、良い切れ味を見せて快勝。今までの追い切り内容を見てもかなりの素質を感じさせる一頭。警戒したい。