調教重賞危険馬

重賞調教危険馬(仮)!part166

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

いつもツイッターでいいねやリツイートをしてくださる皆様、
またいつも参考にしてお読み頂いている皆様ありがとうございます!

調教で見抜く【重賞調教危険馬】ですが、
150回を突破いたしました!!

ここまで続けてこられたのも皆さまのおかげです!ありがとうございます!!

さて、今回この重賞調教危険馬ですが、調教判断が第一で変わりはありませんが、
今回の重賞予想でも紹介しましたα&β指数をこちらでも取り入れて危険馬の選定をしたいと考えています!!

さらに危険馬の正解率が上がるように頑張っていきますので引き続きよろしくお願いします!!!

ルール

【ルール】
①基本的に人気馬(予想・前日オッズ5番人気以内・もしくは当日5番人気以内)から選択。
②その馬が人気よりも着順が下なら〇(成功)、着順が人気と同じ・もしくは下なら×(失敗)とします。
③ただしその馬が4番人気以下なら複勝圏内(3着以内)に入らなかったら○(成功)とします。

ex.1番人気3着→〇、2番人気2着→×、5番人気4着→〇

※上位人気から選びたいと思っていますが、前日しか買えない方の為にも、基本的に予想オッズもしくは前日オッズから選びたいと思っていますので、当日のオッズ次第では6番人気以下の人気薄になってしまう可能性もありますのでご了承ください。

【重賞調教危険馬】

【G2青葉賞】

オーソリティ →×3番人気1着

【調教評価:〈4.0〉】
【α・β評価:〈4.0〉】

4/22 南W(99.1‐83.0)67.3‐12.9 馬なり
4/29 南W 69.0‐12.0 一杯

最終追い切り南W69.0‐12.0一杯。一杯での追い切り、全体時計が思ったほど出ていない印象はあるが、終いは12.0を記録。内を周回してのもので数字の過剰評価は禁物だが、それでも動きは良かった。今回注目したいのは2週前&1週前に南Wで7Fの長目からしっかりと負荷をかけられてきている点。最終の動きは抜群とは言えなさそうだが、普段と違いここまでしっかりと攻められきた点は評価すべき。ここのレースの意欲も高そうで警戒したいが、他の上位2頭の動きがかなり良いだけに現時点で単勝オッズが一桁の3頭で選ぶとしたらここを選択で。

【G1天皇賞春】

キセキ →○3番人気6着

4/22 栗CW(82.3)65.8‐11.7 強目
4/29 栗CW 66.3‐12.1 馬なり

最終追い切り栗CW66.3‐12.1馬なり。馬なりでの追い切り、大外を周回して栗CW終い12.1と最後までしっかりと伸びていた。他の馬と違い栗CWで5Fからの時計となるが、この馬は元々このような調整も多く、昨年で言えば最終追い切り栗CW5Fからの時計でG1大阪杯で2着、G1宝塚記念で2着と好走歴もあるし、この面に関して心配する必要はなし。1週前は栗CWで6Fから追い切りされて終い11.7を記録、時計も上々で前走からの上積みはありそうな印象。ただやはり心配なのはスタートそして、折り合い面。今回武豊騎手が騎乗。どこまで修正してくれるかだが。