最終追い切り

G2青葉賞2020☆予想オッズ上位4頭+α穴馬追い切り診断!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

さて今回は、2着までにダービーへの出走権が与えられる、
G2青葉賞の1週前&最終追い切り情報です。

※今回から予想オッズ上位4頭の調教診断+気になる穴馬1頭を紹介していきます!!
というのも、過去重賞5年の成績を調べてみると・・・
どの年も大体70%前後で1~4番人気での決着となっています。
やはり競馬に勝つためには人気馬の取捨選択というのが最も重要な事だと考えています。

そこで今回から予想オッズ上位4頭に焦点を当てて、この4頭内でのランキングを紹介、そして今まで以上に詳しく追い切りの分析をしていこうと思っています!
また+αとして予想オッズ5番人気以下の気になる穴馬も一頭紹介します!!

他の穴馬も見たいのに・・・
という方の為に全頭追い切り評価の記事もnoteにて販売したいと思っております!
こちらでは人気馬はもちろん普段スポットの浴びることが少なく、情報の少ない穴馬の評価も出馬表形式で載せていこうと思っています!
また重賞だけではなく、メインレースや土日の特に気になる調教推奨馬も紹介していきます!!

様々な方へのニーズに応えられるようにこれからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします(^O^)!!

note記事は下記のボタンからページへとべます!
ぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

【各評価の見方】

■総合評価:1週前&最終追い切り、負荷の強さなどすべての要素を踏まえた評価
( 基準:B+A+ )

上昇度:前走からの上昇気配
最終評価:最終追い切りでの調教評価
1週前評価:1週前追い切りでの調教評価
1~5
(基準:1悪い 2イマイチ 3上々 4良好 5抜群の好気配)

以前紹介してきた気に+α要素を追加しました!!
上昇度&1週前評価&最終評価、そして総合評価とポイントを細かく分けて評価をしております!!

さらに以前の記事にはなかった前走比較もつけることでさらにわかりやすくお伝えできるように対応しました(^O^)

ぜひ最後までご覧頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします(^O^)

さて、今回予想オッズ上位4頭に該当したのが、
■フィリオアフェグロ
■オーソリティ
■フライライクバード
■ディアステマ

上記4頭です!
上記4頭をランキング形式で上位から順に紹介していきます(^O^)!!

G2青葉賞・1週前&最終追い切り情報

1位:◎フィリオアレグロ
総合評価  A+
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★★★

【前走時の追い切り内容】
2/6   南W 67.0‐12.5 強目
2/13 南W    ‐12.2 馬なり

4/23 南W 65.9‐11.9 馬なり
4/29 南W    ‐12.9 馬なり

最終追い切り南W終い12.9馬なり。馬なりで上がり中心の追い切り、5Fの時計は出してこなかったが、前走も同様に上がり中心だったし問題なし。今回注目したいのは1週前追い切りの内容。南W65.9‐11.9馬なりは南W5F全体34番時計の好タイム、これに加えて終い11.9と最後まで力強い素晴らしい動きを見せていたし気配は文句なし。今回も少し間隔は空いたが、前走の追い切り内容と比較しても明らかに動きは良くなっているし期待できそうな有力馬で。

2位:◎フライライクバード
総合評価  
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★
1週前評価 ★★★★

【前走時の追い切り内容】
3/25 栗P(78.2)63.5‐11.4 強目
4/1   栗CW(83.8)67.9‐11.7 馬なり

4/22 栗CW(81.8)65.5‐11.8 一杯
4/29 栗坂 54.2‐12.5 一杯

最終追い切り栗坂54.2‐12.5一杯。一杯での追い切り、目立つ全体時計ではないものの、時計がかかるようになった栗坂で終い12.5を記録。1週前には栗CW5F全体65.5で終い11.8と6Fの長目から追い切りされてしっかりと負荷をかけられている点は好印象。前走の内容と比較しても負荷をしっかりとかけられているのは一目瞭然。今回すごく良い状態で出走できそう。

3位:オーソリティ
総合評価  
上昇度 ★★★
最終評価 ★★★
1週前評価 ★★★★

前走時の追い切り内容
2/26 南W 67.1‐11.9 一杯
3/4   南W 67.8‐12.1 G前

4/22 南W(99.1‐83.0)67.3‐12.9 馬なり
4/29 南W 69.0‐12.0 一杯

最終追い切り南W69.0‐12.0一杯。一杯での追い切り、全体時計が思ったほど出ていない印象はあるが、終いは12.0を記録。内を周回してのもので数字の過剰評価は禁物だが、それでも動きは良かった。今回注目したいのは2週前&1週前に南Wで7Fの長目からしっかりと負荷をかけられてきている点。最終の動きは抜群とは言えなさそうだが、普段と違いここまでしっかりと攻められきた点は評価すべき。ここのレースの意欲も高そうで警戒。

4位:ディアステマ
総合評価  
上昇度 ★★★
最終評価 ★★★
1週前評価 ★★★

前走時の追い切り内容
3/18 栗P(78.1)63.5‐11.8 一杯
2/19 栗坂 51.1‐12.6 馬なり

4/22 栗坂 54.9‐12.9 一杯
4/29 栗坂 53.7‐13.4 強目

最終追い切り栗坂53.7‐13.4強目。強目での追い切り、先行してのものだが、格上相手に先着。1週前は栗坂で一杯で追い切りを消化、正直目立つほどの動きではないが、使われての上積みもありそうだし気配は上々といった印象。ただここの上記3頭と比較すると目劣りしてしまうところあり。

気になる穴馬一頭!!

人気ブログランキングへ→1

総合評価  A+
上昇度 ★★★★
最終評価 ★★★★
1週前評価 ★★★★★

前走時の追い切り内容
3/26 栗坂 54.4‐12.3 強目

4/22 栗CW(80.9)64.8‐12.2 一杯
4/29 栗坂 53.9‐12.8 一杯

最終追い切り栗坂53.9‐12.8一杯。一杯での追い切り、力のいる馬場となった栗坂でしっかりと一杯で追い切りされて良い動きを披露。注目は1週前追い切りで栗CW(80.9)64.8‐12.2一杯。一杯で栗CW5F全体16番時計の好タイムを記録。併せ馬は格上の古馬ブラックムーンで1.8秒も追走して先着をするなど素晴らしい動きを見せていたし、間隔を詰めてのレースとはなるが状態は引き続きかなり良さそう。人気薄でも警戒したい。