最終追い切り

G3アーリントンC2020☆1週前&最終追い切り!注目馬は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、G1の大舞台へ飛躍してくる馬が現れるか注目の、
G3アーリントンCの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G3アーリントンC・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

4/8  栗CW(81.1)64.5-12.1 馬なり
4/15 栗CW(78.4)63.7-12.5 一杯

最終追い切り栗CW(78.4)63.7-12.5一杯。6Fから一杯での追い切りで水曜の栗CW5F全体4番時計の好タイムを記録。2戦目の未勝利戦では馬体重+12キロでの出走で圧勝。ただその後過密ローテーションの影響もあったか馬体は戻らず結果も平凡。ただ今回1週前追い切りで栗CW5F全体22番時計の好タイムを馬なりで記録、間隔を空けられて動きもかなり良くなっているし、最終でしっかりと負荷をかけて追い切りされているのは非常に好印象。相手は強くなるが、ここは注意が必要で。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

4/8  南W 66.3-12.6 一杯
4/15 南W 69.6-12.2 馬なり

最終追い切り南W69.6-12.2馬なり。馬なりでの追い切り、外を周回して南W終い12.2と素晴らしい伸び。1週前にしっかりと負荷をかけられて状態も上がってきた印象。初戦&2戦目でダートマイル戦で連勝。今回初芝で未知なレースではあるが、追い切りではかなり良い動きを見せているし、芝スタートでも良い行き脚がついていたのを見ると十分に対応してくれそう。間隔は空いたが動きは良し、当日大幅に重くなっていなければ。

グランレイ

【評価:〈4.5〉】

4/8  栗CW(81.3)64.9-12.6 馬なり
4/15 栗坂 54.4-12.8 強目

最終追い切り栗坂54.4-12.8強目。強目での追い切り、時計自体は目立つものではなかったが、動きは良かったし、1週前追い切りでは栗CW5F全体33番時計の好タイムを記録しているし気配良好。朝日杯では上がり最速の3着と好走、続くきさらぎ賞では掛かりながら外へ張るなどなかなか抑えおめないレース展開。ラストは脚も残っておらず8着と惨敗。続く前走では距離を短縮し、主戦の池添騎手もこの距離は良く、コントロールしやすかったとのこと。今回マイル戦にはなるが、過去朝日杯で結果を残しているレース。追い切りでの動きも良く素質を感じさせる一頭。警戒しておきたい。

ギルデッドミラー

【評価:〈3.5〉】

4/8  栗坂 53.3-12.4 強目
4/15 栗坂 53.4-12.7 強目

最終追い切り栗坂53.4-12.7強目。目立つほどの時計ではないが、1週前の追い切りも含めて動きは良かった。前走はスムーズに脚をためることができて快勝。強い内容での勝利だった。過去を見ても距離は問題ないし、阪神も前走で勝利。引き続き警戒しておきたい一頭で。

トリプルエース

【評価:〈3.5〉】

4/8  栗坂 53.2-12.2 強目
4/15 栗坂 52.7-12.8 強目

最終追い切り栗坂52.7-12.8強目。強目での追い切り、一度叩かれて動きも良くなっているし上積みはありそう。過去マイル戦は4着、11着とこの距離は少し長い印象もあるが、前走ファルコンSで4着と善戦叩かれて気配も良くなっているし注意はしておきたい。

ノルカソルカ

【評価:〈3.5〉】

4/8  栗坂 52.8-13.1 一杯
4/15 栗CW(84.1)66.6-12.3 馬なり

最終追い切り栗CW栗CW(84.1)66.6-12.3馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、最後までしっかりとした良い動きを見せた。1週前追い切り栗坂で負荷をかけられたことによって気配も良くなってきた印象。前走未勝利戦では、道中リラックスして走れていて、追われてからはリードを広げて快勝。力の高さを見せてくれた。今回気配も良いし注意しておきたい一頭。

ジュンライトボルト

【評価:〈3.0〉】

4/9  栗CW(82.4)67.0-12.0 一杯
4/15 栗P(84.1)66.5-12.2 馬なり

最終追い切り栗P(84.1)66.5-12.2馬なり。2走前のつばき賞では、馬場に苦戦して7着と大敗。ただ続く前走では綺麗な馬場でモタレル面もしっかりと修正して勝利。距離は違うが、阪神での勝利経験もあり。勢いもあるし良馬場なら無視できないところ。

タイセイビジョン

【評価:〈3.0〉】

4/8  栗坂 54.2-12.8 一杯
4/15 栗坂 54.7-13.1 一杯

最終追い切り栗坂54.7-13.1一杯。一杯での追い切り、元々追い切りでは時計を出してくる馬ではないが、前走の最終追い切りは栗坂55.4-12.5強目。1週前には栗坂52.7-12.0馬なりとかなり良い動きを見せていただけに比較すると今回はまだ動きは重たい印象。前走朝日杯で2着と好走、マイル戦で結果を残せたのは大きな収穫。今メンバーでは実績も地力も上位で当然警戒は必要だが、追い切りの動きを見る限りでは一度使われてからと言った印象で。