最終追い切り

G2ニュージーランドT2020☆1週前&最終追い切り!注目は?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、NHKマイルCを目指す馬が集結してくる、
G2ニュージーランドTの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G2ニュージーランドT・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

4/1  美坂 53.4-11.6 馬なり
4/8  美坂 53.6-12.7 馬なり

最終追い切り美坂53.6-12.7馬なり。馬なりでの追い切り、主戦の大野騎手が先週に引き続き騎乗して終始良い動きを見せていた。ジュニアC&クロッカスSではいずれも2着と惜しい競馬続き。ただ前走では、ハナでの展開、ハイペースながらもしっかりと粘りこんで快勝。良い時計での勝利だった。500キロを超える大型馬、1週前には美坂終い11.6を馬なりで記録するなど絶好の動きを見せていたし、まだまだ上積みもありそう。警戒しておきたい一頭で。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

4/1  南W 65.4-11.9 一杯
4/8  南W 66.7-12.0 馬なり

最終追い切り南W66.7-12.0馬なり。馬なりで外を周回して南W終い12.0を記録。1週前追い切りでは南W5F全体24番時計で終い11.9とかなりの動きを見せていた。前走はロスなくレースを展開したものの6着と敗戦。ただ昨年のデイリー杯2歳Sでは直線でモタれる面を見せてはいたが直線で力強い伸び脚を見せていたし通用する素質は十分にあり。先週、今週と併せ馬を大きく追走して同入、また主戦の横山武史騎手が2週続けて騎乗している点も魅力。そこまで人気もしないだろうし、絶好の動きの今回要警戒の一頭で。

ルフトシュトローム

【評価:〈4.0〉】

4/2  南W 67.5-12.2 馬なり
4/8  南W    -12.9 馬なり

最終追い切り南W終い12.9馬なり。馬なりで上がり中心の追い切り、今回1週前も含めてそこまで負荷はかけられていないものの、1週前には南W終い12.2を馬なりで記録するなどさすがの動きを見せている。新馬戦&1勝クラスともに中山マイルを使われて連勝。前走は少し出遅れながらもしっかりと前へ取り付いてノーステッキの圧勝。素質はかなりのものを秘めていそう。今回も得意の中山マイル戦。まだまだ余裕残しでも良い状態で出走できそうだし、ここは有力の存在で。

アブソルティスモ

【評価:〈4.0〉】

4/5  美坂 53.9-12.6 馬なり
4/8  美坂 52.9-12.1 馬なり

最終追い切り美坂52.9-12.1馬なり。馬なりでの追い切りで美坂終い12.1をすばらしい伸びを披露。サウジアラビアRCで3着、続くこうやまき賞で勝利。前走ファルコンSでは11着と敗れはしたものの、マイル戦では安定したレース内容。追い切りの動きも良かったし、この距離に戻しての一変にも期待したい。

シーズンギフト

【評価:〈3.5〉】

4/3  美坂 53.7-12.5 馬なり
4/8  美坂 53.9-12.8 馬なり

最終追い切り美坂53.9-12.8馬なり。馬なりでの追い切りで美坂終い12.8を記録。1週前の美坂でも終いで良い脚を見せていたし、中2週でも好調維持。新馬戦&若竹賞を連勝して挑んだ前走フラワーCでは、外枠&スローの流れと展開、また4コーナーで被されるなどの不利もあったがそれでも3着と好走し力を見せてくれた。1600mの距離短縮は問題なさそうだし、ここでも注意しておきたい一頭で。

ソウルトレイン

【評価:〈3.5〉】

4/1  栗坂 54.8-11.9 一杯
4/8  栗坂 52.7-12.6 一杯

最終追い切り美坂52.7-12.6一杯。一杯での追い切り、目立つ時計ではなかったものの、併せ馬を大きく追走して先着するなど動きは良かった。東スポ2歳Sで8着と敗戦、しかし続く千両賞では上がり最速の2着、そして前走白梅賞では2番手からのレース展開、ラスト渋太く伸びて見事勝利。今回中11週と少し間隔は空いたが、1週前には栗坂終い11.9を記録、負荷もしっかりとかけられていて気配良好。マイルの距離は得意だし力をつけた今ならここでも。

オーロラフラッシュ

【評価:〈3.5〉】

4/1  南W 69.8-12.2 馬なり
4/8  美坂 54.1-12.4 馬なり

最終追い切り美坂54.1-12.4馬なり。馬なりでの追い切りで美坂終い12.4を記録。初重賞となった東スポ2歳Sでは4着と敗れはしたが、メンバーは強敵揃い。その後3着に入り、続く前走はラスト叩き合いを制して見事勝利。途中で物見をするなどまだ幼い面を見せてはいるものの素質は良いものあり。このメンバーでも注意しておきたい一頭。

カリオストロ

【評価:〈3.0〉】

4/1  栗CW(81.8)67.1-13.6 馬なり
4/8  栗CW(82.4)68.1-12.9 馬なり

最終追い切り栗CW(82.4)68.1-12.9馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、中3週でそこまで負荷をかける必要はないかもしれないが、他の馬と比べても動きはそこまでと言った印象。前走は4着と敗れはしたが、2走前の万両賞では、ハナでの展開で後続を離してレコード勝ちの圧勝。今回マイルへの距離延長はプラスとは言えなさそうではあるが、やはり前でレースができるのは魅力。前有利の展開なら面白い存在ではあるが。