最終追い切り

G2日経賞2020☆1週前&最終追い切り!高評価は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、春の天皇賞へ向けての前哨戦として定着している、
G2日経賞の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G2日経賞・1週前&最終追い切り情報

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

3/19 栗坂 52.0-12.1 強目
3/25 栗坂 52.7-12.0 馬なり

最終追い切り栗坂52.7-12.0馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.0と抜群の伸び。1年6ヶ月ぶりの前走AJCCでは、故障馬の煽りを受けるなど不利もあったなか、5着と善戦。長期休み明けでも内容は上々だった。今回久々を叩かれての1戦。追い切りの動きも良くなっているし無視できない一頭で。

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

3/18 南W 67.5-12.0 馬なり
3/25 美坂 54.1-12.4 馬なり

最終追い切り美坂54.1-12.4馬なり。馬なりでの追い切りで美坂終い12.4と良い伸び。ここ4戦で3勝、2着1回、いずれも上がり最速を記録するなど力をつけてきている。今回前走に引き続き中山2500mの得意コース。1週前には南W終い12.0と良い伸びを見せていて気配良好。重賞初挑戦にはなるが侮れない一頭で。

ガンコ

【評価:〈4.0〉】

3/18 栗CW(80.0)64.1-12.0 一杯
3/25 栗坂 54.8-12.6 馬なり

最終追い切り栗坂54.8-12.6馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.6を記録。最終追い切りは軽目の内容だったが、1週前追い切り栗CWで5F全体64.1としっかりと負荷をかけて好タイムを記録しているし気配良好。ここ最近は結果を残せていないが、今レースは2年前に勝利している得意舞台。7ヶ月半ぶりの前走を叩かれての上積みも期待十分。得意コースでの一変に警戒しておきたい。

ミッキースワロー

【評価:〈4.0〉】

3/18 南W 67.2-13.3 馬なり
3/25 南W(82.6)66.2-12.3 馬なり

最終追い切り南W(82.6)66.2-12.3馬なり。6Fから馬なりでの追い切りでしっかりと伸びて良い動きを見せた。前走AJCCでは故障馬のアクシデントも受けて4着。外に振られるロスもあったし前走は参考外。過去G2では安定した成績を残しているし、小回りの中山は得意コース。追い切りの動きも良かったし今回も注目の一頭で。

エタリオウ

【評価:〈3.5〉】

3/19 栗CW(94.7-79.5)64.7-12.5 一杯
3/25 栗坂 56.1-12.8 馬なり

最終追い切り栗坂56.1-12.8馬なり。馬なりでの追い切り、今週は軽目の内容だったが、1週前追い切りで7Fの長目から追い切りされて良い動きを見せていたし気配は良さそう。昨年の今レースで2着と好走。神戸新聞杯、菊花賞、日経賞いずれも2着と惜敗続き。1勝馬で終わる素質ではないだけにここはなんとしてもモノにしたいところ。1週前追い切りで長目をしっかりと負荷をかけられていたし気配良好。悲願の重賞制覇へ警戒したい。

モズベッロ

【評価:〈3.5〉】

3/18 栗坂 53.0-12.7 強目
3/25 栗坂 53.5-12.5 一杯

最終追い切り栗坂53.5-12.5一杯。一杯での追い切り、目立つ時計ではないが動きは上々。前走日経新春杯では軽量も活かして、長く良い脚を使い上がり最速の快勝。格上挑戦でも強い内容だった。今回前走よりも重い斤量56キロでの出走と条件は厳しくなるが勢いもあるし注意はしておきたいところ。

ウインイクシード

【評価:〈3.5〉】

3/18 南W 68.7-12.8 一杯
3/25 南W 66.5-13.4 強目

最終追い切り南W66.5-13.4強目。強目での追い切り、1週前で一杯で負荷をかけて追い切りされて動きも段々と良くなってきた印象。ディセンバーS&中山金杯を連続2着と好走。中山は実績のある得意コースだし、2400m以上の距離でも実績もあり。今回注意しておきたい一頭で。

スティッフェリオ

【評価:〈3.0〉】

3/18 栗坂 51.6-12.6 一杯
3/25 栗坂 52.8-12.5 一杯

最終追い切り栗坂52.8-12.5一杯。一杯での追い切り、1週前は栗坂全体51秒台と好タイムを記録。ただ今週は未勝利馬と併せて遅れをとるなど動きはそこまで良くなかった。昨年のオールカマーでは、ハナでの展開、しっかりとマイペースに持ち込んで快勝。ただその後の大舞台では結果は残せず。通用する力は十分にあるだけにどこまで立ち直れるかだが。

レッドレオン

【評価:〈3.0〉】

3/18 栗CW(85.6)68.5-11.8 一杯
3/25 栗坂 53.4-12.8 一杯

最終追い切り栗坂53.4-12.8一杯。一杯での追い切り、負荷はしっかりとかけられているが動きはまだ重たい印象。前走日経新春杯ではラスト直線でブレーキをかける場面もあったがそれでも2着と好走。勝ち馬とは2キロの斤量差もあった。確実に力をつけてきているしこのメンバーでも注意はしておきたいが。