最終追い切り

G2スプリングS2020☆1週前&最終追い切り!注目は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、春の牡馬クラシックへの重要な前哨戦でもある、
G2スプリングSの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G2スプリングS・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

3/11 南W 66.9-12.0 一杯
3/18 南W 68.3-11.9 馬なり

最終追い切り南W68.3-11.9馬なり。馬なりでの追い切りで南W終い11.9と抜群の伸び。前走共同通信杯では5着と敗れはしたものの、久々に加えてプラス12キロと余裕残しの馬体だった。先行力が持ち味で中山コースへの舞台わりは歓迎。姉は先週フェアリーSを勝利したフェアリーポルカ。1週前追い切りではしっかりと負荷もかけれているし中4週でも好気配。期待十分で。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

3/11 南W 70.8-14.1 馬なり
3/18 南W 65.4-11.9 馬なり

最終追い切り南W65.4-11.9馬なり。馬なりでの追い切り、外目を周回して南W5F全体65.4、そして終い11.9と破格の時計を記録。久々の前走水仙賞では4着と敗戦、レース後の騎手コメントでこの2200mの距離は少し長かったとのこと。今回2Fの距離短縮はこの馬にとってプラス材料。追い切りではかなりの動きを見せてくれただけに人気薄でも注目しておきたい一頭。

サクセッション

【評価:〈4.0〉】

3/11 南W 65.6-12.3 馬なり
3/18 南W 66.1-12.1 馬なり

最終追い切り南W66.1-12.1馬なり。馬なりでの追い切りで南W終い12.1とすばらしい伸び。輸送もあった京都のデイリー杯2歳Sでは6着と敗れはしたものの、アスター賞&ジュニアCで中山2勝。舞台替わりはこの馬にとってプラス材料。過去マイルまでの距離しか経験がないため、1Fの距離延長への対応が鍵となりそう。

ヴェルトライゼンデ

【評価:〈3.5〉】

3/5  栗CW(82.7)66.8-11.9 一杯
3/11 栗CW(80.4)65.6-11.9 一杯
3/18 栗坂 52.6-12.0 強目

最終追い切り栗坂52.6-12.0強目。強目での追い切りで栗坂終い12.0を記録。2連勝で挑んだ前走ホープフルSは勝ち馬のコントレイルに屈したが、2着と好走。3着のワーケアは先日の弥生賞で2着と好走しており、ハイレベルのレースだった。兄のワールドプレミアは菊花賞を勝利するなど良血馬。過去1800mは2戦2勝。前走で中山コースを経験しているのも大きい。本番はここではないが、次に活きるレースを期待したい。

アオイクレアトール

【評価:〈3.5〉】

3/11 南W(80.9)65.0-12.9 馬なり
3/18 南W 67.4-12.4 馬なり

最終追い切り南W67.4-12.4馬なり。馬なりでの追い切り、中3週でも良い動きを見せてくれた。新馬戦勝利後は、3着、2着、2着と惜敗続き。切れる脚がないだけに瞬発力勝負となると分が悪いが、安定した先行力が持ち味。中山の小回りコースは合いそうだし注意しておきたいところ。

ファルコニア

【評価:〈3.5〉】

3/11 栗CW(85.0)68.3-11.8 馬なり
3/18 栗坂 54.1-12.3 馬なり

最終追い切り栗坂54.1-12.3馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.3と良い伸び。現在4戦して連対を外したことのない安定感あり。前走はスタートで遅れるなど展開も厳しかったが、それでも4コーナーから抜群の手ごたえで大外を周って上がり最速の勝利と新たな一面を見せたレースとなった。素質はかなりのものを感じるしここは警戒しておきたい1頭で。

シルバーエース

【評価:〈3.0〉】

3/11 栗CW(80.7)65.7-12.3 強目
3/18 栗CW(85.8)68.8-12.1 馬なり

最終追い切り栗CW(85.8)68.8-12.1馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで上々の動きを見せた。まだ1勝ながら1800mは過去3度の経験があり、(1.0.2.0)と安定した走り。未勝利戦のマイルでは6着と敗戦しているしやはりこの1800mの距離がベストの舞台。相手は強くなるが、昇級戦の前走でも3着と善戦しているし無視はできない。