最終追い切り

G2フィリーズレビュー2020☆1週前&最終追い切り!高評価は?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、桜花賞トライアルレースとして定着している、
G2フィリーズレビューの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G2フィリーズレビュー・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

3/4  南W 66.1-12.0 馬なり
3/11 南W 66.9-12.0 馬なり

最終追い切り南W66.9-12.0馬なり。馬なりでの追い切りで南W終い12.0とすばらしい伸び。1週前追い切りも同様に南W終い12.0を記録していて、中8週でも好仕上がり。前走フェアリーSでは本来の末脚も見られず6着と敗戦。マイルの距離は少し長い印象があるし、今回の1Fの距離短縮はプラス材料。追い切りでの動きも良く好気配。ここは三浦騎手に期待したい。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

3/4  栗CW(84.1)68.0-12.2 一杯
3/11 栗CW(78.2)63.0-13.3 強目

最終追い切り栗CW(78.2)63.0-13.3強目。6Fから強目での追い切り、さすがに終いは13.3と少し時計を要したが、この全体時計は栗CW5F全体2番時計と破格の好タイム、不良馬場でも絶好の動きを見せた。前走阪神JFでは勝ち馬が強すぎたが2着馬とは0.4秒差と僅差。この時敗れた2~4着馬はいずれもチューリップ賞へと出走。ここでは実績も上位。以前から追い切りではかなりの動きを見せていて何度も好調教馬として紹介している馬。素質はかなりのものがありそうだし1400mの距離なら期待十分で。

ソーユーフォリア

【評価:〈4.0〉】

3/5  南W 67.7-11.8 馬なり
3/11 南W 69.9-12.5 馬なり

最終追い切り南W69.9-12.5馬なり。馬なりでの追い切り、最終追い切りでは輸送も考慮してか速い時計を出してこなかったが、1週前には南W67.7-11.8と絶好の動きを見せていたし気配はかなり良さそうな印象。前走フェアリーSでは好枠から粘り込み、もうひと押しが利かなかったが、9番人気5着と善戦。1400mへの距離短縮は面白そうだし、気配も文句なし。注目しておきたい。

エーポス

【評価:〈4.0〉】

3/4  栗坂 53.0-11.8 馬なり
3/11 栗坂 52.1-12.4 馬なり

最終追い切り栗坂52.1-12.4馬なり。馬なりでの追い切り最後までしっかりとした良い動き。注目は1週前追い切りで栗坂終い11.8を馬なりで記録するなど絶好の動きを見せていた。1400mの距離は初めてで未知ではあるが、元々前でレースができる馬。今回3枠5番と良い枠をゲットできたし、この仕上がりなら警戒しておきたいところ。

ケープコッド

【評価:〈3.5〉】

3/4  南W 67.7-13.2 馬なり
3/11 南W   -12.4 一杯

最終追い切り南W終い12.4一杯。一杯での追い切りで南W終い12.4を記録。1400mのファンタジーSでは6着と敗れてはいるものの、前走後のムーア騎手は、1200mは忙しいとのコメントもあったし特に距離延長に関しては気にする必要はなさそう。力はあるし注意しておきたい。

マテンロウディーヴァ

【評価:〈3.0〉】

3/5  栗芝(87.8)70.3-11.8 馬なり
3/11 栗CW(85.5)68.8-12.0 強目

最終追い切り栗CW(85.5)68.8-12.0強目。6Fから強目の追い切り、終いは良い動きを見せていた。ただ中7週と少し間隔も空いているし1週前追い切りも含めてもう少し負荷をかけて欲しかった印象もあり。阪神1400mは新馬戦で勝利している舞台で適性は十分で注意はしておきたいが。

カリオストロ

【評価:〈3.0〉】

3/4  栗CW(84.2)67.7-12.4 一杯
3/11 栗CW(86.2)69.4-12.1 馬なり

最終追い切り栗CW(86.2)69.4-12.1馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで栗CW終い12.1を記録。動きは悪くなかったが、こちらは3ヶ月半ぶりのレース。最終追い切りも内を周回しての内容でまだ動きは重たい印象。前走万両賞ではレコード勝利するなど力は良いものを秘めているし当然注意は必要だが。