最終追い切り

G3中山牝馬S2020☆1週前&最終追い切り!注目馬は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、ヴィクトリアマイルの前哨戦として定着している、
G3中山牝馬Sの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G3中山牝馬S・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

3/5  南W 66.6-12.0 馬なり
3/11 南W 66.1-12.3 馬なり

最終追い切り南W66.1-12.3馬なり。馬なりでの追い切り、外目を周回して最後までしっかりとした良い動きを披露。前走AJCCでは馬場も合わず、またプラス14キロでの出走で7着と敗戦。ただ今レースは昨年2着と好走している得意舞台。1週前追い切りも南W終い12.0と抜群の動きを見せていたし一度使われて状態を上げている印象。上積み十分、巻返しに期待したい。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

3/11 南W 65.9-12.7 馬なり

最終追い切り南W65.9-12.7馬なり。馬なりでの追い切り、外目を周回して南W5F全体65.9と好タイムを記録。今年の秋に入り、2着、2着、1着、3着と好走続き。2走前のノエル賞では好位からうまく外へ出して快勝。中山1800mと同舞台での好走できたのは大きい。ただ今回一番の魅力はなんと言っても斤量50キロで出走可能な点。トップハンデのデンコウアンジュとは6キロもの差で出走できるのはかなり魅力。相手強化でも要警戒で。

コントラチェック

【評価:〈4.0〉】

3/4  南W(83.5)67.8-13.3 馬なり
3/11 南W(81.3)65.0-13.1 馬なり

最終追い切り南W(81.3)65.0-13.1馬なり。6Fからの追い切りで南W5F全体10番時計の好タイムを記録。秋華賞は休み明けに加えて馬場も悪く厳しい条件だった。ただ今回の中山コースは(3.1.0.0)と相性は抜群に良し。追い切りでの動きも1本ごとに良くなっているし気配良好。あとは結果の出せていない斤量55キロのハンデ次第で。

レッドアネモス

【評価:〈3.5〉】

3/4  栗CW(84.5)68.2-11.5 強目
3/11 栗CW(82.8)67.0-11.6 一杯

最終追い切り栗CW(82.8)67.0-11.6一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW終い11.6と良い伸びを見せた。1週前も栗CW終い11.5と良い動きを見せていたし気配は良さそう。新馬戦を勝利した後のサフラン賞ではコントラチェック相手に勝利するなど素質は良いものを秘めている。中山は勝ち星のある得意コース。今回再度間隔は空いたが動きは良いし警戒しておきたいところ。

デンコウアンジュ

【評価:〈3.5〉】

3/4  栗CW(82.8)67.3-12.5 強目
3/11 栗CW(84.8)69.0-11.8 強目

最終追い切り栗CW(84.8)69.0-11.8強目。強目での追い切りで栗CW終い11.8を記録。前走愛知杯ではトップハンデの斤量56キロを背負って見事復活の勝利。元々ヴィクトリアマイルで2着と好走するなど素質はかなり良いものがあった。今回も引き続き斤量は56キロと厳しいが気配は引き続き良いし今回も注意が必要で。

カリビアンゴールド

【評価:〈3.0〉】

3/4  栗坂 53.3-12.4 強目
3/11 栗坂 56.1-13.2 馬なり

最終追い切り栗坂56.1-13.2馬なり。馬なりでの追い切り、今週は軽目の内容だったが、今回中3週でのレース、1週前の動きは上々だったしこれくらいで問題なし。昨年クイーンSで重賞勝利。その後3勝クラスを勝ち抜いて前走オープンクラスでも2着と好走。確実に力をつけているし今回も前走と同じ斤量53キロ。警戒したい。

エスポワール

【評価:〈3.0〉】

3/4  栗坂 53.8-12.6 強目
3/11 栗坂 52.2-12.5 一杯

最終追い切り栗坂52.2-12.5一杯。一杯での追い切り、時計はそこまでだが負荷はしっかりとかけられた。初マイルとなった前走ターコイズSでは軽量も活かして2着と好走。今回も引き続き斤量53キロで出走。また1Fの距離延長はこの馬にとってプラスだろうし注意はしておきたいところ。

フェアリーポルカ

【評価:〈3.0〉】

3/4  栗CW(81.3)66.1-12.7 一杯
3/11 栗坂 56.3-12.5 強目

最終追い切り栗坂56.3-12.5強目。強目での追い切り、全体時計で速い時計は出してこなかったが、栗坂終い12.5を記録。前走愛知杯では道悪もこなして、直線でよいところで抜け出したが4着と惜敗。今回斤量は前走よりも1キロ減って52キロと魅力的。注意は必要で。