最終追い切り

G2金鯱賞2020☆1週前&最終追い切り!注目のあの馬は…

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、大阪杯の前哨戦にもなった、大舞台を目指す馬が出走してくる、
G2金鯱賞の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G2金鯱賞・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

3/5  南W 64.8-12.2 馬なり
3/12 南W 68.4-12.7 馬なり

最終追い切り南W68.4-12.7馬なり。馬なりで今週は軽目の内容だったがしっかりとした良い動きを見せていた。1週前追い切りは南W64.8-12.2馬なり。馬なりでの追い切りで南W5F全体8番時計と絶好の動き。前走AJCCは4コーナーで不利を受ける結果になったが、それでも3着としっかりと力を示してくれた。今回の中京2000mは前々走の中日新聞杯で2着と好走している得意舞台。今回気配はかなり良いし要警戒で。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

2/26 栗CW(82.2)66.4-11.6 馬なり
3/4  栗CW(83.0)66.5-11.3 G前
3/11 栗坂 49.8-12.3 馬なり

最終追い切り栗坂49.8-12.3馬なり。馬なりでの追い切りで水曜の栗坂全体1番時計と自己ベストを更新する好タイムを記録。気性面で少し不安もあったが前走の有馬記念ではリスグラシューにつぐ2着と好走。やはり力はかなりのものを感じさせてくれた。今回有馬記念以来の出走となるが、2週前&1週前で栗CWで6Fから追い切りされてラストしっかりと伸びていたし、最終追い切りで意欲的に追い切りされて状態は段々と上がってきている印象。トップハンデの58キロでもここは要注目の一頭。

ニシノデイジー

【評価:〈4.5〉】

3/4  南W 64.9-11.8 一杯
3/11 南W 66.6-12.0 馬なり

最終追い切り南W66.6-12.0馬なり。馬なりでの追い切りで南W終い12.0を記録。2歳時には札幌2歳S&東スポ2歳Sを連勝するなど成績を残していたが、ここ最近はなかなか結果が出ていない現状。それでもここ最近は追い切りでもかなり良い動きをみせているし決して状態は悪くない。1週前追い切りでは南W5F全体9番時計で終い11.8とかなりの動きを見せていた。中京コースは初めてにはなるがしっかりと負荷もかけられて叩き2戦目の今回警戒しておきたい一頭で。

ロードマイウェイ

【評価:〈4.0〉】

3/4  栗CW(78.2)64.1-12.0 一杯
3/11 栗坂 54.2-12.8 馬なり

最終追い切り栗坂54.2-12.8馬なり。馬なりでの追い切り、最終追い切りは軽目の内容ではあったが動きは良し。1週前に栗CW5F全体6番時計としっかりと負荷をかけられているし久々でも気配良好。昨年6月に1勝クラスを勝利してそこから怒涛の5連勝中。前走チャレンジCではスタートがうまくいかなかったがそれでも後方からしっかりと折り合って上がり最速の勝利。一気に素質が開花した。今回主戦のルメール騎手はサートゥルナーリアへに騎乗予定ではあるが替わりに好調の川田騎手が騎乗予定。斤量も2キロ差あるしここは逆転も十分で。

マイネルファンロン

【評価:〈4.0〉】

3/4  南W 69.0-13.0 馬なり
3/11 南W(80.4)63.9-12.4 馬なり

最終追い切り南W(80.4)63.9-12.4馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、大外を周回して水曜の南W5F全体2番時計と絶好の動きを披露。ここ2戦は2桁着順と大敗続きではあるが、今回の最終追い切りの動きはかなり良かっただけに間隔を空けてのリフレッシュ効果も見られそう。中京コースは初めてだが、東京コースの実績もあるし左回りは問題なし。函館記念みたいに前で積極的なレースが展開できれば。

サトノガーネット

【評価:〈3.5〉】

3/4  栗坂 52.3-12.5 一杯
3/11 栗坂 51.2-12.8 一杯

最終追い切り栗坂51.2-12.8一杯。一杯での追い切り、終いは少し時計を要したものの、栗坂全体8番時計と好タイムを記録。1週前&最終追い切りと一杯でしっかりと負荷をかけれていて、中7週でも良い気配で出走できそう。

サトノソルタス

【評価:〈3.5〉】

3/5  南W 66.6-12.3 一杯
3/11 南W 67.0-12.6 G前

最終追い切り南W67.0-12.6G前。ゴール前で強く追い切りされて良い動きを見せた。前走中日新聞杯では4コーナーで前に壁ができて追い出しが遅れてしまった。それでもブリンカーを着用して内容は良くなった。今回間隔は少し空いたが引き続き中京2000mでのレース。注意はしておきたい。

ギベオン

【評価:〈3.0〉】

3/4  栗CW 65.7-11.9 馬なり
3/11 栗CW 67.2-12.0 馬なり

最終追い切り栗CW67.2-12.0馬なり。馬なりで軽目の追い切り。ここ最近はスランプが続いていて結果が残せていない現状。今回の中京2000mの舞台は中日新聞杯で勝利している得意舞台で当然注意はしておきたいが、今回少し間隔を空けてのレース。追い切りの負荷もあまかけられていない印象。復調のきっかけをつかみたいところではあるが。