最終追い切り

G2弥生賞2020☆1週前&最終追い切り!注目馬は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、皐月賞と同舞台、本番へ向けての重要なトライアルレース、
G2弥生賞の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G2弥生賞・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

2/19 南W 65.8-12.6 強目
2/26 南W 66.1-11.8 一杯
3/4  南W 66.7-12.4 一杯

最終追い切り南W66.7-12.4一杯。一杯での追い切り、併せ馬を追走して突き放す抜群の動きを披露。前走ホープフルSでは反応も悪く9着と惨敗。今回再度間隔を空けて状態面に注目だが、2週前追い切りでは南W5F全体18番時計、1週前追い切りでは南W終い11.8としっかりと負荷をかけられている点は好印象。前走よりも追い切りの動きは格段に良くなっているし成長も感じさせる好内容。ここは警戒しておきたいところ。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

2/12 美坂 51.9-12.4 馬なり
2/19 美坂 53.2-12.6 馬なり
2/26 南W 66.2-12.2 馬なり
3/4  美坂 51.3-12.2 馬なり

最終追い切り美坂51.3-12.2馬なり。馬なりでの追い切りで水曜の美坂全体5番時計、終い12.2と抜群の動きを披露。新馬戦こそ6着と敗れはしたものの、続く2戦目では一変して見事なレコード勝ち。前走は中山2000mの舞台で上がり最速で快勝するなど力の高さを証明。同舞台で行われる今回舞台に文句は無し。何週も前からしっかりと時計を出して追い切りをこなしているし良い仕上がりで出走できそう。ここは要警戒で。

ワーケア

【評価:〈4.0〉】

2/19 南W 67.2-12.1 強目
2/26 南W 65.8-12.6 馬なり
3/4  南W 65.4-12.6 G前

最終追い切り南W65.4-12.6G前。ゴール前で強く追い切りされて水曜の南W5F全体22番時計の好タイムを記録。初の中山コースとなった前走ホープフルSではスタート後に他馬と接触するなどのハプニングもあり。それでもラストはしっかりと脚を伸ばして3着を確保。やはり力はかなりのものあり。引き続き中山2000mの舞台で走れるのは大きな強み。間隔は空いたが動きは変わらず良いしここは人気でも当然有力で。

オーソリティ

【評価:〈4.0〉】

2/26 南W 67.1-11.9 一杯
3/4  南W 67.8-12.1 G前

最終追い切り南W67.8-12.1G前。ゴール前で強く追い切りされて南W終い12.1と良い伸び。1週前には一杯で追い切りされて南W終い11.9を記録するなど意欲的な追い切り内容。2走前の芙蓉Sではすばらしい瞬発力を見せて快勝。続くホープフルSではワーケア同様他馬と接触し、良いポディションも取れなかった。それでも馬体はプラス10キロと成長を感じさせたし、今回もしっかりと負荷もかけられて好気配。どこまでやれるか注目しておきたい一頭で。

ウインカーネリアン

【評価:〈3.5〉】

2/26 南W 69.9-12.3 馬なり
3/4  南W 66.4-12.1 馬なり

最終追い切り南W66.4-12.1馬なり。馬なりでの追い切り、外を周回して最後までしっかりとした良い動きを見せていた。中山2000mで2着の経験もあるし、なんといっても他の有力馬は休み明けが多い中、一度使われているのは大きな強み。叩かれて気配も良くなっているし警戒しておきたいところ。

パンサラッサ

【評価:〈3.5〉】

2/26 栗坂 53.0-12.5 馬なり
3/4  栗坂 52.0-12.1 馬なり

最終追い切り栗坂52.0-12.1馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.1と良い伸びを見せた。ホープフルSでは6着と敗れはしたものの、ハナでの積極的なレースを披露。前でレースができるのは魅力。段々と力もつけてきているし、展開次第ではチャンスもありで。