最終追い切り

G1フェブラリーS2020☆1週前&最終追い切り!高評価は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、本年初のG1レースの開幕戦となる、
G1フェブラリーSの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G1フェブラリーS・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

2/5  栗坂 51.5-12.9 馬なり
2/12 栗坂 50.4-12.3 一杯
2/19 栗坂 51.0-12.6 強目

最終追い切り栗坂51.0-12.6強目。強目での追い切りで水曜の栗坂全体14番時計と好タイムを記録。昨年の南部杯を勝利、続く前走の武蔵野Sでは5着と敗れはしたものの、トップハンデの斤量59キロは厳しい条件。今回は別定戦で斤量57キロと2キロ減。今回相手は当然強くなるが、東京は6勝している得意舞台。1週前追い切りでは栗坂全体4番時計を記録、負荷もしっかりとかけられているし仕上がりは良い感じ。警戒が必要で。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

2/12 栗坂 53.2-12.1 強目
2/19 栗CW(81.0)64.5-11.412.0 強目

最終追い切り栗CW(81.0)64.5-12.0強目。6Fから強目での追い切りで水曜の栗CW5F全体10番時計、そして終い12.0と破格の動きを見せた。昨年の初ダートのユニコーンSで見事逃げ切り勝ち。ダート適性の高さを見せてくれた。みやこS&チャンピオンズCでは結果は残せなかったが1800mの距離は少し長い印象。今回はユニコーンSで勝利した東京ダート1600m戦。前走のレース後の騎手コメントでも1600mの距離のが良いとのコメントもあったし舞台代わりはプラス材料。一度使われて動きは格段に良くなっているし怖い一頭で。

ワンダーリーデル

【評価:〈4.5〉】

2/14 栗坂 54.7-12.6 強目
2/19 栗坂 50.0-12.6 強目

最終追い切り栗坂50.0-12.6強目。強目での追い切りで水曜の栗坂全体2番時計とかなりの好タイムを記録。3走前の武蔵野Sでは上がり最速で見事な追い込みで勝利。年明け初戦の根岸Sでは8着と敗れはしたものの、過去の戦績を見ても明らかにわかるように久々はそこまで成績が残せていない。ただ一度叩かれてからのレースは成績が一変。叩き2戦目で確実に調子を上げてくる馬で、叩き2戦目の今回も当然有力候補。気配も文句ないしこちらも要注意の一頭で。

モズアスコット

【評価:〈4.0〉】

2/14 栗坂 52.1-12.6 馬なり
2/19 栗坂 51.4-12.4 馬なり

最終追い切り栗坂51.4-12.4馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂51.4の好タイムを記録。2ヶ月半ぶりの前走根岸Sでは初ダートながら折り合いもスムーズで長く良い脚を使い見事勝利。久々の重賞勝利。ダートで新たな一面を見ることができたのは収穫。ダート2戦目で相手強化と簡単なレースではないが芝スタートもこの馬にとって良さそうだし、注意しておきたい。

インティ

【評価:〈3.5〉】

2/12 栗坂 53.7-12.3 強目
2/19 栗坂 51.1-12.5 強目

最終追い切り栗坂51.1-12.5強目。強目での追い切りで栗坂全体51.1と好タイムを記録。昨年のフェブラリーSを勝利し、7連勝を達成。その後勝ち星は遠ざかっているが、チャンピオンズCでは3着と善戦しているし、前走の東海Sもトップハンデの58キロを背負っての3着。今回は定量で斤量57キロで出走可能。追い切りの動きも良いし今回も当然有力の一頭で。

ヴェンジェンス

【評価:〈3.5〉】

2/12 栗坂 52.7-12.8 馬なり
2/19 栗坂 52.8-12.7 馬なり

最終追い切り栗坂52.8-12.7馬なり。馬なりでの追い切り、最後までしっかりとした良い動きを見せていた。前走東海Sでは外枠での出走、幸騎手は外枠でいつもより前でレースをしたとのこと。インティにも先着するなど力の高さを見せてくれた。追い切りの動きも引き続き良いし今回も無視できない一頭で。

アルクトス

【評価:[jinstar3.0color=”#ffc32c” size=”16px”]〈3.0〉】

2/12 南W 67.7-13.3 強目
2/19 南P 68.2-11.6 馬なり

最終追い切り南P68.2-11.6馬なり。馬なりでの追い切り、久々の面を考えると負荷の面では少し物足りない印象もあるが、最終追い切りの南Pの終いでは良い動きを見せていた。昨年のオアシスS、欅S、プロキオンSと3連勝し、前走の南部杯でも2着と好走するなど力をつけてきている。東京1600mは4勝するなど相性も良いし注意はしておきたいところ。