重賞予想

G3シンザン記念2020☆予想!人気薄から勝負で!!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

平場レースは下記の別ブログで紹介いたします。
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて、今回はG3シンザン記念の好調教馬・予想を公開していきます。

あわせて読みたい
G3シンザン記念2020☆1週前&最終追い切り!高評価は!?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ! こち...
あわせて読みたい
G3フェアリーS2020☆1週前&最終追い切り!注目馬多数!!みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ! こち...

上記の記事で本命候補になったのは、
・ヴァルナ
・ヒシタイザン
上記の2頭。

2頭共に栗CWでの最終追い切り。

ヒシタイザンは、最終追い切り栗CW(83.4)66.3-11.9一杯。6Fから一杯での追い切りで最後までしっかりとした良い動き。3週続けて6Fから一杯とかなりの負荷をかけられている点は好印象。2走前の2000m百日草特別で3着と好走したが、続く京都2歳Sでは左にモタれ、ラストの反応も悪かった。過去マイルを走った2戦は(1.1.0.0)。この距離に戻るのはこの馬にとっても魅力。前でレースができるのも当然大きな強み。好枠をゲットできればさらに面白くなりそうで。

ヴァルナは、最終追い切り栗CW(79.2)63.5-12.2一杯。6Fから一杯での追い切り、重馬場も苦にせず、栗CW5F全体3番時計と破格の好タイムを記録。前走京都2歳Sでは9着と大敗。好位のインからレースをしていたが直線で脚が止まってしまった。レース後の騎手コメントでもあったようにこの2000mの距離は長すぎた印象。過去、東京未勝利戦でマイルの距離で勝利。また京王杯2歳Sで3着に入るなど実績もあり。今回の距離短縮はこの馬にとってプラスなのは間違いなし。今回追い切りでもしっかりと負荷をかけられて抜群の動きを見せているし状態もかなり良さそう。一変に警戒で。

上記の理由により本命は、ヴァルナで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G3シンザン記念・予想

ヴァルナ
サンクテュエール
プリンスリターン
オーマイダーリン
ヒシタイザン
タガノビューティー
ルーツドール
カバジェーロ

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

ここでオッズも考慮したそれぞれ狙い目別オススメ軸注目馬を紹介!!
あなたはどれを軸に勝負しますか(^O^)??

資金増!堅め狙いはここから!

サンクテュエール

【調教評価:〈3.5〉】

1/3  南W 68.0-13.4 馬なり
1/9  南W 71.4-12.9 馬なり

最終追い切り南W71.4-12.9馬なり。馬なりでの追い切り、時計自体は目立つものではなかったが、格上の併せ馬と何週にも渡って併せ馬を消化するなど意欲的な追い切り内容。新馬戦で勝利し、続くG3アルテミスSでは2ヶ月半ぶりの休み明けながらも2着、勝ったリアアメリアが強すぎたが、この馬も先行して上がり33.6と素晴らしい脚を見せていた。過去2戦共にマイルは経験済み。能力はかなり高いものを秘めているし、あとは右回りさえ対応してくれれば。

願万馬券!中穴狙いはここから!

オーマイダーリン

【調教評価:〈4.0〉】

12/26 栗CW(82.7)65.8-11.9 一杯
1/4  栗CW(85.5)67.7-12.3 馬なり
1/9  栗CW(85.2)68.8-12.1 馬なり

最終追い切り栗CW(85.2)68.8-12.1馬なり。6Fから外を周回しての追い切り、全体時計で速い時計は出してこなったが、終いは12.1としっかりとした動きを見せた。2週前には一杯で追い切りされて好タイムを記録。1週前も大外を周回しての内容で気配はかなり良さそう。前走未勝利戦では初戦とは違い後方から上がり最速の切れる脚を見せつけての勝利。この末脚は重賞のここでも十分に通用しそう。ただ初戦の重馬場で行われた新馬戦を見る限りでは重い馬場は得意そうではなかっただけに日曜の天気には注視しておきたいところ。

一発勝負!大穴狙いはここから!

ヴァルナ

【調教評価:〈4.5〉】

1/3 栗CW(81.5)65.6-12.3 馬なり
1/9 栗CW(79.2)63.5-12.2 一杯

最終追い切り栗CW(79.2)63.5-12.2一杯。6Fから一杯での追い切り、重馬場も苦にせず、栗CW5F全体3番時計と破格の好タイムを記録。前走京都2歳Sでは9着と大敗。好位のインからレースをしていたが直線で脚が止まってしまった。レース後の騎手コメントでもあったようにこの2000mの距離は長すぎた印象。過去、東京未勝利戦でマイルの距離で勝利。また京王杯2歳Sで3着に入るなど実績もあり。今回の距離短縮はこの馬にとってプラスなのは間違いなし。今回追い切りでもしっかりと負荷をかけられて抜群の動きを見せているし状態もかなり良さそう。一変に警戒で。