最終追い切り

G3京都金杯2020☆1週前&最終追い切り!高評価は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、年明けの最初の重賞開催の、
G3京都金杯の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G3京都金杯・1週前&最終追い切り情報

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

12/28 栗坂 56.4-12.8 強目
1/3  栗坂 53.6-11.8 一杯

最終追い切り栗坂53.6-11.8一杯。一杯での追い切りで栗坂終い11.8と抜群の伸びを披露。前走阪神カップでは好スタートで先行し粘り込んで3着と大健闘。今回マイル戦へと距離延長にはなるが、過去デイリー杯2歳Sのマイル戦で2着、ニュージーランドTで2着の実績もあり。元々追い切りではかなりの動きを見せていた馬で素質はかなりのものあり。久々の前走を使っての上積みも十分だし、また今回開幕週の馬場もこの馬にとっては大きなプラス材料。要警戒で。

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

12/25 栗坂 50.9-11.9 一杯
1/2  栗坂 55.7-12.0 一杯

最終追い切り栗坂55.7-12.0一杯。一杯での追い切りで栗坂終い12.0を記録。1週前には栗坂全体2番時計で終い11.9と破格の好タイムを記録していて気配は文句なし。前走リゲルSでは初のマイル戦ながらタメる競馬がハマって見事復活の勝利。トップハンデでの勝利で内容も濃い勝利だった。マイルの距離で力を見せつけてくれたし、今回前走よりも1キロ軽い条件も魅力。開幕週の馬場はプラスとは言えなさそうだが、引き続き上積みも感じさせる好気配、この勢いは侮れない。

ダイアトニック

【評価:〈4.0〉】

12/25 栗坂 52.0-12.0 一杯
12/31 栗坂 55.8-13.0 馬なり
1/2  栗坂 52.5-12.0 馬なり

最終追い切り栗坂52.5-12.0馬なり。馬なりでの追い切りで全体52秒台で終い12.0と最後までしっかりとした良い動きを披露。前走マイルCSではこの馬にとって厳しい外枠でのレース。上位陣は内を通った馬のみで外を回らされたのは痛かった。前走は10着と大敗したが、2走り前は京都の重賞で見事勝利。ベストは1400mでもマイルでも十分にやれる力はあり。内枠が取れればさらに面白くなりそうで。

ドーヴァー

【評価:〈4.0〉】

12/19 南W 68.8-13.4 馬なり
12/25 南W 66.3-12.2 馬なり
12/31 南W 65.6-12.5 強目

最終追い切り南W65.6-12.5強目。強目での追い切り、外を周回して南W5F全体65.6とかなりの時計を記録。前走は6ヶ月半ぶりのレースながら、得意の不良馬場で見事上がり最速の勝利。京都マイルは過去4着の実績あり。大型馬の叩き2戦目で上積み十分。引き続き追い切りの動きも良いし警戒しておきたい一頭で。

カテドラル

【評価:〈4.0〉】

12/19 栗CW 70.0-11.5 馬なり
12/25 栗CW(81.2)65.6-12.0 強目
1/2  栗坂 54.3-12.2 馬なり

最終追い切り栗坂54.3-12.2馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.2と素晴らしい伸び。1週前には栗CW5F全体13番時計の好タイムを記録しているし、間隔の空いた今回も良い状態で出走できそう。前走マイルCSでは6着と敗れはしたものの、上がり最速を記録。素晴らしい末脚が魅力の馬。気配も良いし、開幕週のここでも注意が必要で。

サウンドキアラ

【評価:〈3.5〉】

12/25 栗坂 54.9-12.4 馬なり
1/3  栗坂 53.1-12.5 強目

最終追い切り栗坂53.1-12.5強目。強目での追い切りで栗坂終い12.5を記録。今まで掲示板を外したのは昨年のヴィクトリアマイルの7着の1度だけ、安定したレースが魅力。京都は(4.1.0.1)と大得意の舞台。今回2ヶ月ぶりを叩かれてのレース。追い切りの動きも変わらず良いし期待十分で。

ソーグリッタリング

【評価:〈3.5〉】

12/25 栗CW(82.3)66.8-11.8 一杯
1/2  栗CW   -12.1 強目

最終追い切り栗CW終い12.1を記録。1週前には栗CWを6Fから一杯でしっかりと負荷もかけられた。前走は4着と敗れはしたが不良馬場でのレースで伸び切れなかった。京都の相性はかなり良いし良馬場ならもっとやれる力あり。負荷もかけられて注意しておきたい。

モズダディー

【評価:〈3.0〉】

12/25 栗坂 53.6-12.6 馬なり
12/31 栗CW 70.7-11.6 一杯

最終追い切り栗CW70.7-11.6一杯。一杯での追い切りで栗CW終い11.6を記録。前走は長く良い脚を使い見事勝利。切れる脚はないが、先行力があって長く良い脚を使えるのが魅力。開幕週の馬場は合いそうだし注意しておきたい。