最終追い切り

G1ホープフルS2019☆1週前&最終追い切り!高評価はどの馬?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、2017年からG1へと昇格、1年の中央競馬の最終重賞、
G1ホープフルSの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G1ホープフルS・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

12/11 栗CW(82.2)67.2-12.1 一杯
12/19 栗CW(81.2)66.2-11.9 一杯
12/25 栗坂 54.1-12.0 強目

最終追い切り栗坂54.1-12.0強目。強目での追い切りで栗坂終い12.0と素晴らしい伸び。2週前&1週前にも栗CWで6Fから一杯でしっかりと負荷もかけられているし、間隔が少し空いた今回も引き続き好気配。現在デビューから2連勝中。初戦は重馬場、その次は稍重での上がり最速での勝利と馬場を問わないもの魅力。また兄は先日の有馬記念で3着と激走したワールドプレミア。追い切りの動きを見てもかなりの素質を感じさせるし、血統からも中山&距離は問題なし。ここは有力で。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

12/11 南W キリ-12.0 馬なり
12/18 南W キリ    不明
12/25 南W 65.8-11.9 馬なり

最終追い切り南W65.8-11.9馬なり。馬なりでの追い切りで水曜の南W5F全体14番時計、そして終いも11.9とさすがの動きを披露。2週前&1週前はキリの影響で全体時計は不明だったが、最終追い切りのこの数字を見るとやはりかなり高い素質があるのは間違いなし。4ヶ月ぶりの前走アイビーSでは重馬場ながらほぼノーステッキで3馬身差と圧勝。初の右回りに不安がないわけではないが、やはりこの時期でこれだけに動きを魅せられたら当然無視はできない。ここも要警戒で。

コントレイル

【評価:〈4.0〉】

12/18 栗CW(80.5)65.4-12.1 一杯
12/25 栗坂 52.1-12.3 馬なり

最終追い切り栗坂52.1-12.3馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体52秒台、終いも12.3と最後までしっかりと良い動き。前走東スポ2歳Sでは見事レコードを更新する圧勝。この時の2着馬もレコードを更新する時計だった。前走で輸送もクリアできたし、距離、コースは違えど右回りは新馬戦で経験済み。ここ2戦を見てもあと1Fの距離延長は問題なしと見て良さそう。今回も引き続き好気配、3連勝なるか。注目の1戦で。

ブラックホール

【評価:〈4.0〉】

12/18 南W キリ    不明
12/25 南W 66.0-12.2 強目

最終追い切り南W66.0-12.2強目。強目での追い切りで南W終い12.2と素晴らしい伸びを披露。新馬戦こそ2着と敗れたものの、続く未勝利戦で勝利し、また前走札幌2歳Sで見事重賞も勝利。馬体を減らして418キロと小柄な馬ではあるが、今回しっかりと間隔を空けて体制も整えてきた。夏を越しての成長も十分に考えられるし、期待したい一頭で。

ブルーミングスカイ

【評価:〈3.5〉】

12/18 栗CW(81.8)65.8-12.4 一杯
12/25 栗坂 53.2-12.4 強目

最終追い切り栗坂53.2-12.4強目。強目での追い切り、目立つ時計ではないものの、全体的に良い動きを見せていた。まだ1勝のみではあるが勝利した未勝利戦は7馬身差の圧勝。また2000mの距離を3度も経験しているのはこの時期では当然プラス材料。今回でキャリア5戦目、この馬も注意しておきたい。

オーソリティ

【評価:〈3.0〉】

12/11 南W 68.5-12.9 馬なり
12/18 南W キリ    不明
12/25 南W 67.9-12.4 馬なり

最終追い切り南W67.9-12.4馬なり。馬なりでの追い切り、目立った時計ではないが、動き自体は上々。前走で中山2000mの芙蓉ステークスで勝利した経験は当然プラス材料。折り合いもしっかりとつくし、ここ2戦ノーステッキで勝利するなど素質はかなりのもの。瞬発力は良いものを秘めているし今回も注意しておきたい。

ラインベック

【評価:〈3.0〉】

12/18 栗CW(81.8)66.2-11.8 一杯
12/25 栗CW(97.4-81.7)66.7-12.4 強目

最終追い切り栗CW(97.4-81.7)66.7-12.4強目。強目での追い切り、1週前追い切りも含めて時計は目立つほどではないが、長目からしっかりと負荷をかけられている点は好印象。前走東スポ2歳Sでは3着だったが、勝ち馬が強すぎたし、またこの馬も4ヶ月ぶりのレース。一度使われての上積みも当然あるし、なんと言っても父ディープインパクト、そして母は3冠牝馬のアパパネと超良血馬。当然無視できない存在で。