最終追い切り

G2阪神カップ2019☆1週前&最終追い切り!高評価は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、1400mでスプリンターとマイラーの実力馬が集結する、
G2阪神カップの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G2阪神カップ・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

12/11 栗坂 50.8-12.9 馬なり
12/18 栗坂 52.7-12.2 馬なり

最終追い切り栗坂52.7-12.2馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.2と素晴らしい伸び。1週前には自己ベストを更新する栗坂全体50.8と破格の時計を記録しているし状態はかなり良さそうな印象。前走マイルCSではハナで渋太く粘りこんで4着と善戦。1400m戦は過去スワンSで3着と好走しているし1Fの距離短縮も心配なし。絶好の気配でここは無視できない。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

12/11 栗坂 51.8-12.0 一杯
12/18 栗坂 53.7-12.0 強目

最終追い切り栗坂53.7-12.0強目。強目での追い切りで栗坂終い12.0と抜群の伸びを披露。1週前には一杯でしっかりと負荷をかけられて栗坂全体51.8と好タイムを記録。前走マイルCSは13着と大敗したものの、5ヵ月半ぶりの休み明けでのレースで評価を落す必要はなし。前走の追い切りの内容よりも今回の方が良くなっているのは間違いないし、一度叩かれて上積みも感じさせる好気配。過去阪神コースは2戦2勝、また今回スミヨン騎手が騎乗予定とこれまた魅力。当然警戒が必要で。

スマートオーディン

【評価:〈4.5〉】

12/5  栗坂 51.4-12.7 一杯
12/12 栗坂 51.6-12.4 一杯
12/18 栗坂 53.7-12.0 強目

最終追い切り栗坂53.7-12.0強目。強目での追い切りで栗坂終い12.0と素晴らしい伸び。2週前&1週前には一杯でしっかりと負荷をかけられて栗坂全体51秒台を連発するなど気配はかなり良い感じ。なかなか成績は残せていないが、今年の同舞台の阪急杯では折り合いもついて、大外から一気の上がりの脚を使い見事復活の勝利を見せてくれた。今回意欲的な追い切り内容で本気度も高そう。好相性の舞台での一変に要警戒。

メイショウショウブ

【評価:〈4.0〉】

12/11 栗坂 53.6-11.7 強目
12/18 栗坂 54.0-12.1 強目

最終追い切り栗坂54.0-12.1強目。強目での追い切りで栗坂終い12.1と抜群の伸びを披露。1週前追い切りでは栗坂終い11.7と破格の時計を記録しているし、前走の出走取消の影響は気にする必要はなさそう。前走のローズSは1800m戦でレース後、主戦の池添騎手も距離が長かったとのコメント。今回は1600m戦で1Fの距離短縮は間違いなくこの馬にとってはプラス材料。過去G2のマイル戦で2度の2着と実績もあり。気配良好で要注意。

グランアレグリア

【評価:〈3.5〉】

12/11 美坂 51.6-13.0 馬なり
12/18 美坂 54.1-12.6 馬なり

最終追い切り美坂54.1-12.6馬なり。馬なりでの追い切りで美坂終い12.6と素晴らしい伸び。1週前には美坂全体51.6と好タイムを記録しているし、本数も乗り込まれていて久々のレースでも決して気配は悪くない。阪神コースは桜花賞勝利&朝日杯FS3着と実績あり。1400m戦は初めてにはなるが、過去のレースを見ても十分に対応可能。素質はここでも上位、長期休み明けでも侮れない1頭。

イベリス

【評価:〈3.5〉】

12/12 栗坂 52.4-12.0 馬なり
12/18 栗坂 52.4-12.3 一杯

最終追い切り栗坂52.4-12.3一杯。一杯での追い切りで併せ馬を大きく追走して突き放す良い動き披露。1週前には馬なりで栗坂終い12.0を記録、間隔は少し空いたが良い状態で出走できそう。2走前のセントウルSでは強敵相手に3着と善戦。過去マイル戦のアーリントンCで逃げ切って勝利しているし1400mの距離も問題なし。1週前追い切りでは主戦の福永騎手も騎乗、注意しておきたい1頭で。

グァンチャーレ

【評価:〈3.0〉】

12/11 栗CW(79.7)64.7-12.5 一杯
12/18 栗坂 51.4-12.2 一杯

最終追い切り栗坂51.4-12.2一杯。一杯での追い切りで栗坂全体51.4を記録。1週前もしっかりと追い切りされていて負荷はしっかりとかけられている。今年の春はマイラーズCで2着、安田記念で4着と7歳にして好成績を残してくれた。ただ秋のスワンS&マイルCSは比較するとやはり物足りない印象はあり。今回の追い切りを比較すると、安田記念は最終追い切り栗坂51.5-11.8一杯で、時計だけ見てもやはり絶好調とは言えない印象はあり。阪神の急坂もこの馬にとってプラスとは言えないし、今回どこまでやれるか。

ロジクライ

【評価:〈3.0〉】

12/11 栗坂 54.2-11.9 馬なり
12/18 栗坂 52.7-12.0 一杯

最終追い切り栗坂52.7-12.0一杯。一杯での追い切りで栗坂終い12.0を記録。負荷もかけられて決して悪い動きではないが、元々追い切りではかなりの時計を連発してくる馬、叩き2戦目での上積みに期待したいところではあるが、前走富士Sでは17着と大敗していて、少し調子の面で物足りない印象はあり。どこまで立ち直っているかだが。