最終追い切り

G3ターコイズS2019☆1週前&最終追い切り!高評価は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、実力馬や新勢力の注目馬も出走してくるハンデ重賞、
G3ターコイズSの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G3ターコイズS・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

12/5  栗CW(82.9)66.9-11.6 一杯
12/11 栗坂 53.7-12.6 馬なり

最終追い切り栗坂53.7-12.6馬なり。馬なりでの追い切り、今週は速い時計は出してこなかったが、1週前に栗CWで大外を周回して終い11.6としっかり負荷をかけられて良い動きを見せていたし好気配。前走府中牝馬Sでは4着と敗れはしたものの、3着のラッキーライラックとは0.1秒差。関屋記念は10着と大敗したが、力をつけてきているのは明らか。中山は初めてにはなるが気配はかなり良いし期待十分で。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

12/4  南W 68.4-12.7 馬なり
12/11 南W 70.1-11.9 馬なり

最終追い切り南W70.1-11.9馬なり。馬なりでの追い切り、外を周回して南W終い11.9と抜群の伸びを披露。前走の秋華賞は15着と大敗、ただこの時は休み明けに加えて馬場も重く条件的には厳しかった。今年に入って中山マイルの菜の花賞を勝利、続くフラワーCも連勝するなど中山マイルでの実績は十分。今回間隔を詰めて追い切りの動きも明らかに良くなっているし、得意コースでの一変に要注意。

ディメンシオン

【評価:〈4.0〉】

12/4  栗坂 53.0-12.9 馬なり
12/11 栗坂 51.8-12.8 馬なり

最終追い切り栗坂51.8-12.8馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体32番時計の全体51秒台と好タイムを記録。3連勝して挑んだ昨年のターコイズSは5着と敗戦。ただ2走前の京成杯AHではレコード決着のなかで2着と激走していて昨年よりも力をつけているのは間違いなし。前走は6着だったがやはりこの距離は少し長かった印象。今回は距離短縮、得意の中山マイルで注意しておきたい存在。

フロンテアクイーン

【評価:〈4.0〉】

12/4  南W 67.6-12.9 馬なり
12/11 南W 63.0-12.5 馬なり

最終追い切り南W63.0-12.5馬なり。馬なりでの追い切りで南W5F全体1番時計を記録。この時計は最内を周回しての時計で数字だけを過信するのは禁物だが、それでもこれだけの数字が出ているだけに状態が良いのは間違いなし。前走エリザベス女王杯では10着と大敗したがやはりこの2200mの距離は長かった印象。過去ターコイズSは一昨年&昨年と出走して、2着、4着と好走。今年は中山牝馬Sで勝利しているし、中山は何度も好走している実績のある舞台。気配も良いしここは注意しておきたい。

シゲルピンクダイヤ

【評価:〈4.0〉】

12/4  栗CW(80.3)65.4-12.5 一杯
12/11 栗坂 52.9-11.8 一杯

最終追い切り栗坂52.9-11.8一杯。一杯での追い切りで栗坂終い11.8と抜群の伸びを見せた。距離を伸ばしたローズSで4着、前走秋華賞では3着などこの距離でも対応してきたが、過去のレースを見てもやはりこの馬はマイルの距離がベストだろう。今回中山は初コースとなるが得意のマイル戦。自慢の末脚が活きる展開になればここもチャンスは十分で。

トロワゼトワル

【評価:〈3.5〉】

12/4  栗CW(81.8)65.5-12.0 一杯
12/11 栗坂 53.5-12.5 馬なり

最終追い切り栗坂53.5-12.5馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.5を記録。1週前には栗CWで一杯で追い切りされて負荷もしっかりとかけられている。前走京成杯オータムHでは鮮やかな逃げ切りでレコード勝ち。元々素質を秘めていた馬でやっと素質が開花した印象。ただ今回前走よりも3キロ重い斤量55キロ。今回どこまでやれるか楽しみな一戦で。

エスポワール

【評価:〈3.0〉】

12/4  栗CW(84.0)66.5-12.8 馬なり
12/11 栗坂 52.8-12.4 一杯

最終追い切り栗坂52.8-12.4一杯。一杯での追い切りで上々の動き。距離は違うが過去中山で2着の経験あり。今回が昇級戦で斤量53キロのハンデで出走できるのは魅力。ただ今回初のマイル戦となる。前走勝利しているM.デムーロ騎手が今回も騎乗してくれるのはプラス。どこまでやれるか。