最終追い切り

G3カペラS2019☆1週前&最終追い切り!注目は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、JRA唯一の1200mダート重賞となる、
G3カペラSの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G3カペラS・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

11/27 栗CW(81.6)65.8-12.1 一杯
12/4  栗坂 52.5-11.9 馬なり

最終追い切り栗坂52.5-11.9馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い52秒台で終い11.9と素晴らしい伸び。前走室町Sでは発馬で後手を踏んで砂をかぶる形となり厳しい展開となってしまった。ただ東京スプリントではコパノキッキングとクビ差の3着と好走、中山1200mのながつきSでも2着と好走していてこの舞台の適性は十分。今回1週前の栗CWでもしっかりと負荷をかけられて好タイムを記録していて好気配。スタート五分で巻返し十分。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

11/27 栗CW(79.5)63.6-13.9 一杯
12/4  栗坂 51.2-12.7 一杯

最終追い切り栗坂51.2-12.7一杯。一杯での追い切りで栗坂全体16番時計の好タイムを記録。1週前には栗CWで終いは13.9と時計を要したものの、5F63.6は全体1番時計の好タイム。しっかりと負荷をかけて追い切りされて最終の動きはかなり良くなってきた印象。2走前のながつきSでは牝馬で57キロを背負いながらも5馬身差の逃げ切り勝ち。展開がハマればここでも力は上位。今回の中山1200mの舞台はこの馬にとってもプラス材料。同型はたくさんいるが、自分の展開に持ち込めれば。

ヒザクリゲ

【評価:〈3.5〉】

11/27 栗CW  -12.1 馬なり
12/4  栗坂 53.3-12.4 馬なり

最終追い切り栗坂53.3-12.4馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.4を記録。前走東京盃では8着と敗れはしたが、2走前のやまびこSでは普段と違うレース展開でもしっかりと伸びてくれて自在性のあるところを見せてくれて3連勝、成長した姿を見せてくれた。今回強敵相手となるが、追い切りの動きも良いし警戒しておきたい。

コパノキッキング

【評価:〈3.5〉】

11/28 栗CW(88.0)70.7-12.6 馬なり
12/4  栗CW(82.4)65.7-12.6 強目

最終追い切り栗CW(82.4)65.7-12.6強目。6Fから強目での追い切り、終いは少し時計を要したが栗CW5F全体65.7と好タイムを記録。前走東京スプリントではブルドックボスに敗れてはしたものの2着と善戦。ここ最近は成績も安定。2連勝して挑んだ昨年の今レースも勝利し、続く根岸Sも勝利するなど着実に実績を積み上げてきた。ただ今回昨年勝利した時よりも3キロ重い58キロを背負ってのレース。これに対応できれば。

タテヤマ

【評価:〈3.0〉】

11/27 栗坂 54.7-13.2 一杯
12/4  栗坂 53.3-12.9 馬なり

最終追い切り栗坂53.3-12.9馬なり。馬なりでの追い切り、1週前の動きはもう少し物足りないものはあったが、しっかりと負荷をかけられたことで動きも段々と良くなってきた印象。昨年のカペラSで4着と善戦しているしここの適性も十分。前走室町Sではレコード決着のなか2着と好走。今回も良い位置で展開できれば。

シュウジ

【評価:〈3.0〉】

11/28 栗CW(85.2)68.6-12.3 一杯
12/4  栗CW 65.4-12.7 G前

最終追い切り栗CW65.4-12.7G前。ゴール前で強く追い切りされて栗CW5F全体65.4を記録。併せ馬を追走同入するなど動きはよかった。ただ今回普段と違う栗CWでの最終追い切り、スプリント戦で栗坂での速い時計が一本は欲しかった印象。中山1200mの舞台は合うし、前走は疲れの影響と考えれば間隔を空けたのは良い方向に出てもおかしくない。ただ追い切りの動きを見る限りでは今回どうか。