最終追い切り

G1阪神JF2019☆1週前&最終追い切り!注目馬は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、注目の2歳女王決定戦、
G1阪神JFの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G1阪神JF・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

11/28 栗CW(87.3)69.4-11.2 強目
12/4  栗坂 53.0-12.1 馬なり

最終追い切り栗坂53.0-12.1馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.1と素晴らしい伸びを披露。前走サウジアラビアRCは勝ち馬が強すぎたがこの馬も以前のレコードを更新する好タイムで2着と激走。仕掛けてからの反応も素晴らしかった。今回新馬戦で勝利している阪神マイルの得意舞台。1週前追い切りでは栗CW終い11.2と滅多に見られない破格の時計を記録しているし状態はかなり良い感じ。牝馬限定戦のここでは力上位、当然有力で。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

11/27 栗坂 52.7-11.9 一杯
12/4  栗坂 52.1-11.9 馬なり

最終追い切り栗坂52.1-11.9馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体52秒台で終い11.9と素晴らしい動きを披露。前走ファンジーSでは1分20秒7とここ最近では最も速い時計で勝利。好位からしっかりと長く良い脚を使えるのが魅力。1Fの距離延長が鍵となりそうだが、追い切りの動きを見る限りまだまだ上積みも十分。素質はかなりのものがありそうで強敵相手のここも警戒しておきたい。

リアメリア

【評価:〈4.5〉】

11/28 栗CW 65.3-11.4 強目
12/4  栗CW   -11.9 強目

最終追い切り栗CW終い11.9強目。強目での追い切り、上がり中心の追い切りだったがしっかりと最後まで良い動きを見せていた。1週前には栗CWで終い11.4を記録。デビューの新馬戦ではあえて出遅れさせてレースを覚えさせたと驚くようなコメントあり。そこから追わずに8馬身差の圧勝とかなりのポテンシャルを見せつけたレース。続く、5ヶ月ぶりのアルテミスSでも直線の大外から一気に差し切り勝ち。この時の馬体はプラス20キロ、まだまだ上積みも感じる好気配ぶり。今回当然人気はするだろうが、気配も良いし当然有力の存在で。

クリスティ

【評価:〈4.0〉】

11/28 栗CW(84.3)67.7-11.6 馬なり
12/4  栗坂 57.5-12.3 馬なり

最終追い切り栗坂57.5-12.3馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計は速い時計を出してこなかったが、栗坂終い12.3を記録。新馬戦&前走アイビーSは重馬場ながら2着と好走。スタートも上手なのも魅力。前走は馬体も増やして好走してくれたし、1週前は栗CWで6Fから追い切りされて終い11.6と抜群の動きを見せているし、まだまだ上積みも十分。阪神は初だが、右回りも距離も経験済み。ここでも警戒しておきたい。

ウーマンズハート

【評価:〈3.5〉】

11/27 栗CW(82.9)67.2-12.1 一杯
12/4  栗坂 52.6-12.3 強目

最終追い切り栗坂52.6-12.3強目。強目での追い切りで格上の併せ馬を追走して先着するなど良い動き。新潟の新馬戦では驚異の上がり32.0で見事勝利。ラストは10秒9と素晴らしい瞬発力を披露。新潟2歳Sも五分でスタートを切って、ラスト一気に加速して勝利するなどまだまだ底を見せていない魅力あり。今回少し間隔は空いたが、1週前の栗CWでしっかりと負荷をかけて追い切りをこなしてきたし、良い状態で出走できそう。瞬発力勝負ならチャンスは十分。要警戒で。

マルターズディオサ

【評価:〈3.0〉】

11/28 南W 67.4-12.7 強目
12/4  南P 65.0-11.7 馬なり

最終追い切り南P65.0-11.7馬なり。馬なりでの追い切りで上々の動きを見せた。前走サフラン賞ではスタートで出遅れるも4角から素晴らしい脚で勝利。前走で急坂に対応できたのは魅力。阪神の舞台でも対応は十分、注意しておきたい。

ヤマカツマーメイド

【評価:〈3.0〉】

11/27 栗CW(87.5)70.6-11.5 馬なり
12/4  栗CW(82.4)66.5-12.4 馬なり

最終追い切り栗CW(82.4)66.5-12.4馬なり。馬なりで栗CWの6Fから追い切り、これで3週続けて栗CW6Fから追い切りされて負荷はしっかりとかけられてきた。前走は時計がかなり速くなったのも影響してか伸び負けての4着と敗戦。ただタメが効けばもっと良い脚を使えるだけに今回も注意しておきたいところ。

ロータスランド

【評価:〈3.0〉】

11/27 栗CW 71.1-12.0 一杯
12/4  栗坂 55.2-12.3 馬なり

最終追い切り栗坂55.2-12.3馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.3を記録。前走はあと少しのところで捕まってしまい2着と敗戦。ただ今回は新馬戦で上がり最速で勝利している阪神マイルの得意舞台。無視はできない。