重賞予想

G1ジャパンC2019☆予想!本命は栗坂で抜群の動きの…

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

平場レースは下記の別ブログで紹介いたします。
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて、今回はG1ジャパンCの好調教馬・予想を公開していきます。

あわせて読みたい
G1ジャパンC2019☆1週前&最終追い切り!注目は!?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ! こち...
あわせて読みたい
G3京阪杯2019☆1週前&最終追い切り!高評価は!?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ! こち...

上記の記事で本命候補になったのは、
・スワーヴリチャード
・カレンブーケドール
・ムイトオブリガード
上記の3頭。

スワーヴリチャードは栗坂、カレンブーケドールは南W、ムイトオブリガードは栗CWでの最終追い切り。

カレンブーケドールは、最終追い切り南W65.6-12.7馬なり。馬なりでの追い切りで水曜の南W5F全体11番時計の好タイムを記録。1週前には美坂全体4番時計の好タイムを記録しているし引き続き状態はかなり良い感じ。秋華賞&オークスで2着と好走。同世代の牝馬では実績も上位。今回強敵相手にはなるが、斤量53キロで出走できるのはかなり魅力。過去ジャパンカップでは牝馬も多く好走しているしここでも期待十分。警戒しておきたい。

ムイトオブリガードは、最終追い切り栗CW(80.5)65.5-12.0一杯。6Fから一杯での追い切り、大外を周回して水曜の栗CW5F全体13番時計の好タイムを記録。前走アルゼンチン共和国杯では好位のインからのレースで思い描いていた通りのレースで勝利できたとのこと。5ヶ月半ぶりのレースで勝利、一度叩かれて上積みも感じさせる良い動き。また今回ルメール騎手が騎乗とのこと。東京のこの距離は得意で適性は文句なし。今回どこまで人気するかだが、妙味ができるのなら非常に面白くなりそうで。

スワーヴリチャードは、最終追い切り栗坂50.6-12.2馬なり。馬なりでの追い切りで水曜の栗坂全体3番時計の好タイムを記録。併せ馬を突き放す抜群の動きを見せてくれた。前走天皇賞秋では7着と敗れはしたものの、高速決着に加えて久々で評価を下げる必要なし。昨年のジャパンカップでは3着と善戦しているし好相性の舞台。一度使われて動きも明らかに良くなっているし今回要警戒の一頭で。

上記の理由により本命は、スワーヴリチャードで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G1ジャパンC・予想

スワーヴリチャード
ワグネリアン
レイデオロ
カレンブーケドール
ムイトオブリガード
タイセイトレイル
シュヴァルグラン
マカヒキ
ユーキャンスマイル

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

ここでオッズも考慮したそれぞれ狙い目別オススメ軸注目馬を紹介!!
あなたはどれを軸に勝負しますか(^O^)??

資金増!堅め狙いはここから!

スワーヴリチャード

【調教評価:〈4.5〉】

11/14 栗坂 52.0-12.0 一杯
11/20 栗坂 50.6-12.2 馬なり

最終追い切り栗坂50.6-12.2馬なり。馬なりでの追い切りで水曜の栗坂全体3番時計の好タイムを記録。併せ馬を突き放す抜群の動きを見せてくれた。前走天皇賞秋では7着と敗れはしたものの、高速決着に加えて久々で評価を下げる必要なし。昨年のジャパンカップでは3着と善戦しているし好相性の舞台。一度使われて動きも明らかに良くなっているし今回要警戒の一頭で。

願万馬券!中穴狙いはここから!

カレンブーケドール

【調教評価:〈4.5〉】

11/13 美坂 52.1-12.3 強目
11/20 南W 65.6-12.7 馬なり

最終追い切り南W65.6-12.7馬なり。馬なりでの追い切りで水曜の南W5F全体11番時計の好タイムを記録。1週前には美坂全体4番時計の好タイムを記録しているし引き続き状態はかなり良い感じ。秋華賞&オークスで2着と好走。同世代の牝馬では実績も上位。今回強敵相手にはなるが、斤量53キロで出走できるのはかなり魅力。過去ジャパンカップでは牝馬も多く好走しているしここでも期待十分。警戒しておきたい。

一発勝負!大穴狙いはここから!

ムイトオブリガード

【調教評価:〈4.5〉】

11/15 栗CW(82.9)67.0-11.8 馬なり
11/20 栗CW(80.5)65.5-12.0 一杯

最終追い切り栗CW(80.5)65.5-12.0一杯。6Fから一杯での追い切り、大外を周回して水曜の栗CW5F全体13番時計の好タイムを記録。前走アルゼンチン共和国杯では好位のインからのレースで思い描いていた通りのレースで勝利できたとのこと。5ヶ月半ぶりのレースで勝利、一度叩かれて上積みも感じさせる良い動き。また今回ルメール騎手が騎乗とのこと。東京のこの距離は得意で適性は文句なし。今回どこまで人気するかだが、妙味ができるのなら非常に面白くなりそうで。