最終追い切り

G3京阪杯2019☆1週前&最終追い切り!高評価は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、短距離路線で飛躍を担う実力馬が出走してくる、
G3京阪杯の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G3京阪杯・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

11/6  栗坂 51.2-13.5 馬なり
11/13 栗坂 50.0-12.3 一杯
11/17 栗坂 55.5-11.5 一杯
11/20 栗坂 52.4-12.0 馬なり

最終追い切り栗坂52.4-12.0馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.0を記録。17日には栗坂終い11.5を記録。1週前追い切りでは栗坂全体1番時計の好タイムを記録するなど気配は文句なし。今年に入り3勝して一気にオープン入り。オープンのUHBで2着、前奏キーンランドCでは強敵相手に4着と善戦。確実に力をつけている。今回も相手は強いが気配はかなり良いし期待十分。要警戒で。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

11/13 栗CW(81.0)63.9-12.4 一杯
11/20 栗坂 54.0-12.4 強目

最終追い切り栗坂54.0-12.4強目。強目での追い切りで栗坂終い12.4を記録。前走オパールSではゲートで挟まれて後方からの展開。それでも追われて上がり最速の素晴らしい末脚で2着と好走。昇級戦で通用するところを見せてくれた。初の重賞挑戦にはなるが、この末脚なら十分に通用可能、今回1週前に一杯で追い切りされて栗CW5F全体1番時計の好タイムを記録。2ヶ月ぶりの前走を使われて状態も上がっている印象。怖い存在で。

アイラブテーラー

【評価:〈4.5〉】

11/13 栗坂 51.2-12.5 強目
11/21 栗坂 52.3-12.3 馬なり

馬なりでの追い切りで栗坂終い12.3を記録。1週前には強目で追い切りされて栗坂全体10番時計と好タイムを記録。現在の勢いを感じさせる素晴らしい動きで引き続き気配良好。前走桂川Sではイレ込みはきつかったがそれでもラストでしっかりと伸びて3連勝。初の1200mも難なく対応してくれた。また元々馬体が軽い馬だったが、体重プラス16キロと増やしてきての勝利とこれも魅力の一つ。舞台適正もあるし1200mでまだ底を見せていないし注目しておきたい1頭で。

モズスーパーフレア

【評価:〈4.0〉】

11/13 栗坂 51.4-12.0 一杯
11/20 栗坂 51.6-12.3 馬なり

最終追い切り栗坂51.6-12.3馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体15番時計の好タイムを記録。前走スプリンターズSではあと少しのところで交されて2着。それでも素晴らしいレースを見せてくれた。前走がかなり良かっただけに今回は前走ほどの気配ではないものの、しっかりと動けているし自身の力は出してくれそう。京都の舞台はそこまで実績はないもののこのメンバーなら当然警戒が必要で。

エントリーチケット

【評価:〈4.0〉】

11/13 栗CW(79.8)64.8-12.1 強目
11/20 栗坂 54.6-12.2 馬なり

最終追い切り栗坂54.6-12.2馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.2と良い伸び。1週前には栗CW5F全体11番時計の好タイムを記録しているし状態はかなり良さそうな印象。前走オパールSでは6着と敗戦、今回のこの時の上位馬が出走を予定しているし簡単にはいかないが、追い切りの動きはここ最近では一番良さそうで注意はしておきたいところ。

リナーテ

【評価:〈3.5〉】

11/13 栗坂 51.0-12.6 一杯
11/20 栗坂 53.9-12.7 馬なり

最終追い切り栗坂53.9-12.7馬なり。馬なりでの追い切り、速い時計は出してこなかったものの良い動きを見せていた。前走スプリンターズSでは9着と敗戦、急坂のある中山コースはあまり向いていなさそうな印象。ただ今回は実績もある平坦の京都コース。1週前には栗坂全体6番時計を記録。気配も良いし警戒しておきたい1頭で。

アウィルアウェイ

【評価:〈3.5〉】

11/13 栗坂 54.0-12.4 一杯
11/20 栗坂 54.1-12.3 一杯

最終追い切り栗坂54.1-12.3一杯。一杯での追い切りで栗坂終い12.3を記録。前走オパールSではプラス10キロながら馬場も苦にせず見事勝利。今回斤量は1キロ重くなるが、京都1200mは得意舞台。兄がインディチャンプと素質も良いものを秘めていそう。今回の追い切りは特に目立つほどではなかったが、叩かれて状態も上がってきそうだし警戒しておきたい。

カラクレナイ

【評価:〈3.0〉】

11/13 栗CW  -12.8 馬なり
11/21 栗CW  -12.0 馬なり

最終追い切り栗CW終い12.0馬なり。馬なりでの追い切り、今回もそこまで負荷はかけられていないが、これで成績を残しているし特に気にする必要はなし。前走は外枠&スタートも良すぎて前に壁をつくれなかったとのこと。それでもなんとか3着を確保。ハンデ差もあったし評価を落す必要はまったくなし。京都1200mは安定した成績を収めているし今回も無視できない1頭で。

ファンタジスト

【評価:〈3.0〉】

11/14 栗坂 55.0-12.0 一杯
11/20 栗CW(84.0)67.4-11.9 一杯

最終追い切り栗CW(84.0)67.4-11.9一杯。6Fから一杯での追い切り、悪い動きではないが、もともと追い切りではかなり動いてくる馬で少し物足りないと言った印象。初ダートの前走は10着と大敗。2歳時には小倉2歳S&京王杯2歳Sを連勝、また今年はセントウルSで2着に入るなど実績は十分。ただ気配はそこまで良いものを感じないしダートを使った反動がなければ良いが。