重賞予想

G1マイルCS2019☆予想!本命は栗坂で破格の時計の…

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

平場レースは下記の別ブログで紹介いたします。
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて、今回はG1マイルCSの好調教馬・予想を公開していきます。

あわせて読みたい
G1マイルCS2019☆1週前&最終追い切り!好調教はこの馬!みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ! こち...

上記の記事で本命候補になったのは、
・モズアスコット
・インディチャンプ
・ダイアトニック
上記の3頭。

3頭共に栗坂での最終追い切り。

インディチャンプは、最終追い切り栗坂52.9-12.2一杯。一杯での追い切りでしっかりと負荷をかけられた。1週前には栗坂全体2番時計の自己ベストタイの好タイムを記録しているし気配良好。前走毎日王冠では3着と敗れはしたものの、休み明け、斤量58キロに加えて1800m戦とこの馬にとっては厳しい条件だった。ただ今回は叩き2戦目、斤量57キロ、実績のあるマイル戦と条件は好転。今回福永騎手が騎乗停止となり、池添騎手が騎乗予定とのこと。気配も良いし今回も当然有力の存在で。

ダイアトニックは、最終追い切り栗坂54.5-12.3馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.3と素晴らしい伸び。8日には栗坂全体51.7と好タイムを記録しているし一度使われて状態もかなり上がっている印象。前走は外枠出走だったが、内の馬場も良くなかったし外を行けたのが良かったとのこと。5ヶ月ぶりのレースで上がり最速で勝利し、上積みもまだまだありそう。京都芝1400mは5戦5勝と驚異の好成績。今回1Fの距離延長にはなるが、前走を見ても心配する必要もなさそう。引き続きスミヨン騎手が騎乗してくるのも非常に怖い。有力の存在で。

モズアスコットは、最終追い切り栗坂52.9-12.2一杯。一杯での追い切りでしっかりと負荷をかけられた。1週前には栗坂全体2番時計の自己ベストタイの好タイムを記録しているし気配良好。前走毎日王冠では3着と敗れはしたものの、休み明け、斤量58キロに加えて1800m戦とこの馬にとっては厳しい条件だった。ただ今回は叩き2戦目、斤量57キロ、実績のあるマイル戦と条件は好転。今回福永騎手が騎乗停止となり、池添騎手が騎乗予定とのこと。気配も良いし今回も当然有力の存在で。

上記の理由により本命は、モズアスコットで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G1マイルCS・予想

モズアスコット
インディチャンプ
ダノンプレミアム
ダイアトニック
ダノンキングリー
レイエンダ
アルアイン

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

ここでオッズも考慮したそれぞれ狙い目別オススメ軸注目馬を紹介!!
あなたはどれを軸に勝負しますか(^O^)??

資金増!堅め狙いはここから!

インディチャンプ

【調教評価:〈4.5〉】

10/30 栗坂 51.6-12.7 馬なり
11/6  栗坂 50.3-13.0 馬なり
11/13 栗坂 52.9-12.2 一杯

最終追い切り栗坂52.9-12.2一杯。一杯での追い切りでしっかりと負荷をかけられた。1週前には栗坂全体2番時計の自己ベストタイの好タイムを記録しているし気配良好。前走毎日王冠では3着と敗れはしたものの、休み明け、斤量58キロに加えて1800m戦とこの馬にとっては厳しい条件だった。ただ今回は叩き2戦目、斤量57キロ、実績のあるマイル戦と条件は好転。今回福永騎手が騎乗停止となり、池添騎手が騎乗予定とのこと。気配も良いし今回も当然有力の存在で。

願万馬券!中穴狙いはここから!

ダイアトニック

【調教評価:〈4.5〉】

11/8  栗坂 51.7-12.2 馬なり
11/13 栗坂 54.5-12.3 馬なり

最終追い切り栗坂54.5-12.3馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.3と素晴らしい伸び。8日には栗坂全体51.7と好タイムを記録しているし一度使われて状態もかなり上がっている印象。前走は外枠出走だったが、内の馬場も良くなかったし外を行けたのが良かったとのこと。5ヶ月ぶりのレースで上がり最速で勝利し、上積みもまだまだありそう。京都芝1400mは5戦5勝と驚異の好成績。今回1Fの距離延長にはなるが、前走を見ても心配する必要もなさそう。引き続きスミヨン騎手が騎乗してくるのも非常に怖い。有力の存在で。

一発勝負!大穴狙いはここから!

モズアスコット

【調教評価:〈4.5〉】

11/8  栗坂 49.4-12.0 強目
11/13 栗坂 51.6-12.1 馬なり

最終追い切り栗坂51.6-12.1馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体21番時計、終いも12.1と抜群の伸びを見せた。昨年のマイルCSは13着と大敗したが、コーナーでぶつけられる不利もあったし参考外。昨年の安田記念の勝ち馬、今年の安田記念も6着だったが、勝ち馬とは0.3秒差と僅差。前走スワンSでは久々に連対するなど復調気配も見せている。8日には栗坂全体49.4と自己ベストを更新する破格の時計を記録しているし状態はかなり良さそう。ここ最近の敗戦で人気が落ちるのなら面白い存在となりそう。