最終追い切り

G2デイリー杯2歳S2019☆1週前&最終追い切り!高評価は?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、阪神JFや朝日杯FSの前哨戦でもある、
G2デイリー杯2歳Sの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G2デイリー杯2歳S・1週前&最終追い切り情報

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

10/23 南W 64.7-11.9 馬なり
10/30 南W キリ-12.1 馬なり
11/6  南W 65.7-12.5 馬なり

最終追い切り南W65.7-12.5馬なり。馬なりでの追い切りで水曜の南W5F全体16番時計の好タイムを記録。1週前はキリで全体時計は不明だったが終いで良い動き。注目は2週前追い切りで南W5F全体10番時計で終い11.9と破格の時計を記録していて気配は文句なし。前走は途中からハナでの展開、レース後のコメントで本来は馬の後ろにつけた方が良いとのこと。それで勝利できるあたりかなりの素質を感じる一頭。現在負けなしの2連勝、気配は引き続きかなり良いし今回も当然有力の存在で。

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

10/23 栗坂 52.0-11.7 一杯
10/30 栗CW(82.9)67.2-12.0 一杯
11/6  栗坂 52.8-12.1 一杯

最終追い切り栗坂52.8-12.1一杯。一杯での追い切りで栗坂終い12.1と素晴らしい伸び。1週前には栗CWでしっかりと負荷をかけられたし、2週前には栗坂終い11.7を記録するなどハードに攻められていて気配良好。前走新潟2歳Sでは勝ち馬の決めてに屈したが、好位から良い末脚で2着と好走。こちらもかなりの素質を感じさせる一頭で要警戒。

ウイングレイテスト

【評価:〈4.0〉】

10/30 南W 65.8-12.5 馬なり
11/6  美坂 54.1-12.8 馬なり

最終追い切り美坂54.1-12.8馬なり。馬なりでの追い切りで美坂終い12.8と良い伸び。1週前には南W5F全体18番時計を馬なりで記録するなど良い動きで気配良好。前走は4角で物見をするなどまだまだ幼さを見せてはいたもののそれでも凌ぎきった。高い力を秘めているのは追い切りを見ても間違いないし、警戒しておきたいところ。

アジャストザルート

【評価:〈3.5〉】

11/3 栗坂 57.4-13.5 馬なり
11/6 栗CW(81.7)65.8-12.0 強目

最終追い切り栗CW(81.7)65.8-12.0強目。6Fから強目での追い切り、負荷もかけられて好タイムを記録。新馬戦、未勝利戦ともに5着だったが出遅れてのレース展開。ここ最近はスタートも上達して成績も安定してきた。前走は京都コースで勝利、重馬場で好走出来たのも魅力。まだまだ伸びしろがあるとのことで注意が必要。

ライティア

【評価:〈3.5〉】

10/30 栗坂 56.0-13.3 馬なり
11/6  栗坂 53.0-12.7 馬なり

最終追い切り栗坂53.0-12.7馬なり。馬なりでの追い切りで最後までしっかりとした良い動き。前走新馬戦では出遅れて後方からの展開、ゴール前での追い出しでしっかりと伸びて勝利。良血馬の素質を感じさせる内容だった。一度使われて叩き2戦目でもっと良くなりそうだしここも注意。

トリプルエース

【評価:〈3.0〉】

10/30 栗坂 52.3-12.5 一杯
11/6  栗坂 52.8-13.1 一杯

最終追い切り栗坂52.8-13.1一杯。一杯での追い切り、終いは少し時計を要したが、しっかりと負荷をかけられた。前走小倉2歳Sでは発馬で後手を踏んだが、良い決め手で2着と激走。今回も当然警戒したい。ただ追い切り内容では前走の方が良かった印象はあり。外回りの1600mは歓迎だが。

レッドベルジュール

【評価:〈3.0〉】

10/23 栗CW 64.5-12.3 馬なり
10/31 栗芝 68.2-11.9 一杯
11/6  栗CW   -12.5 強目

最終追い切り栗CW終い12.5強目。前走新馬戦では内の馬を怖がっている面もあったとのことだが、上がり最速で後続を引き離しての強い内容で勝利。通用する力は十分にあるし警戒しておきたいが、今回久々のレース。追い切りを見る限りではそこまで強調できるものではなかっただけに今回どうか。