重賞予想

G2アルゼンチン共和国杯2019☆予想!本命は栗CWで負荷をかけられた…

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

平場レースは下記の別ブログで紹介いたします。
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて、今回はG2アルゼンチン共和国杯の好調教馬・予想を公開していきます。

あわせて読みたい
G2アルゼンチン共和国杯2019☆1週前&最終追い切り!注目は?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ! こち...
あわせて読みたい
G3みやこS2019☆1週前&最終追い切り!注目馬は?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ! こち...

上記の記事で本命候補になったのは、
・ムイトオブリガード
・ウインテンダネス
・アフリカンゴールド
上記の3頭。

3頭共に栗CWでの最終追い切り。

ウインテンダネスは、最終追い切り栗CW(88.0)70.4-13.0馬なり。馬なりでの追い切り、今週は輸送も考慮してか軽目の追い切り内容だったが、注目は1週前追い切り。7Fの長目から追い切り、大外を周回して栗CW5F全体1番時計の破格の時計を記録。前走京都大賞典では騎手が落馬し競走中止と不運な結果。ここ最近は結果を残せていないが、昨年の目黒記念で勝利、また昨年の今レースも4着と善戦しているし舞台適性は十分。今回しっかりと負荷をかけられて良い動きを見せているしそこまで人気しないのなら面白い一頭で。

アフリカンゴールドは、最終追い切り栗CW(84.4)68.5-11.9馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで栗CW終い11.9と良い伸び。前走六社Sでは好位から外に持ち出して見事勝利。スムーズなレースだった。今回重賞の強敵相手となるが騎手はルメール騎手が騎乗。一度使われての上積みも感じさせる好気配。どこまでやれるか楽しみな一頭で。

ムイトオブリガードは、最終追い切り栗CW(78.7)63.5-11.8一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体2番時計の好タイムを記録。1週前には栗CW5F全体7番時計を記録しているし気配は文句なし。前走目黒記念では最後失速してしまったが、東京2400mでは3勝、また昨年の今レースでは2着と好走するなど得意の相性の良い舞台。今回久々でのレースにはなるが3週前から一杯でしっかりと時計を出してきていて好仕上がり。本気度の高さを感じる気配で要警戒。

上記の理由により本命は、ムイトオブリガードで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G2アルゼンチン共和国杯・予想

ムイトオブリガード
アフリカンゴールド
アイスバブル
ウインテンダネス
タイセイトレイル
ルックトゥワイス
ノーブルマーズ
オジュウチョウサン

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

ここでオッズも考慮したそれぞれ狙い目別オススメ軸注目馬を紹介!!
あなたはどれを軸に勝負しますか(^O^)??

資金増!堅め狙いはここから!

ムイトオブリガード

【調教評価:〈4.5〉】

10/17 栗CW(82.1)66.7-11.8 一杯
10/23 栗CW(78.6)63.7-12.0 一杯
10/30 栗CW(78.7)63.5-11.8 一杯

最終追い切り栗CW(78.7)63.5-11.8一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体2番時計の好タイムを記録。1週前には栗CW5F全体7番時計を記録しているし気配は文句なし。前走目黒記念では最後失速してしまったが、東京2400mでは3勝、また昨年の今レースでは2着と好走するなど得意の相性の良い舞台。今回久々でのレースにはなるが3週前から一杯でしっかりと時計を出してきていて好仕上がり。本気度の高さを感じる気配で要警戒。

願万馬券!中穴狙いはここから!

タイセイトレイル

【調教評価:〈3.5〉】

10/24 栗CW(84.3)68.0-11.8 強目
10/30 栗坂 52.1-12.5 一杯

最終追い切り栗坂52.1-12.5一杯。一杯での追い切りで全体&終いで上々の動き。今年の東京2400mの緑風Sでは2着と好走。その後オープン戦のグリーンSを勝利。札幌のオープン2戦共に3着に入るなど堅実なレース内容。1週前の栗CWでも良い動きを見せていたし今回も注意しておきたい。

一発勝負!大穴狙いはここから!

ウインテンダネス

【調教評価:〈4.5〉】

10/24 栗CW(93.6-77.3)63.1-13.0 強目
10/30 栗CW(88.0)70.4-13.0 馬なり

最終追い切り栗CW(88.0)70.4-13.0馬なり。馬なりでの追い切り、今週は輸送も考慮してか軽目の追い切り内容だったが、注目は1週前追い切り。7Fの長目から追い切り、大外を周回して栗CW5F全体1番時計の破格の時計を記録。前走京都大賞典では騎手が落馬し競走中止と不運な結果。ここ最近は結果を残せていないが、昨年の目黒記念で勝利、また昨年の今レースも4着と善戦しているし舞台適性は十分。今回しっかりと負荷をかけられて良い動きを見せているしそこまで人気しないのなら面白い一頭で。