最終追い切り

G2スワンS2019☆1週前&最終追い切り!高評価は?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、勝ち馬にマイルチャンピオンシップの優先出走権が与えられ、前哨戦でもある、
G2スワンSの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G2スワンS・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

10/17 栗坂 51.2-12.3 一杯
10/23 栗坂 51.8-12.3 馬なり

最終追い切り栗坂51.8-12.3馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体25番時計の好タイムを記録。1週前は栗坂全体3番時計を記録するなど続けて抜群の動きを披露。今年に入り京都牝馬Sで3着、阪神牝馬Sで2着と連続好走。前走ポートアイランドSでは牡馬相手に3着と好走、今回叩いての上積みも十分に感じられる追い切り内容。引き続き好気配でここは警戒したい。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

10/17 栗CW(81.3)65.5-11.7 一杯
10/23 栗坂 51.4-12.7 馬なり

最終追い切り栗坂51.4-12.7馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体10番時計の好タイムを記録。1週前には栗CWで一杯で追い切りされて5F全体19番時計、終いも11.7と抜群の動き。京都1400mでは4戦4勝と好相性の舞台。初重賞のダービー卿CTでは4着と敗れはしたものの上がり最速の4着と重賞でも通用するところを見せてくれた。今回5ヶ月ぶりの休み明けとなるが、1週前に栗CWで一杯で負荷をかけられて気配良好で割り引く必要もなし。またスミヨン騎手が騎乗予定と魅力。ここは要警戒で。

モズアスコット

【評価:〈4.5〉】

10/18 栗坂 53.8-12.2 馬なり
10/23 栗坂 51.7-11.8 強目

最終追い切り栗坂51.7-11.8強目。強目での追い切りで栗坂全体20番時計、そして終い11.8と破格の伸びを見せた。前走毎日王冠は6着と敗戦、久々に加えてやはり1800mは合わなかった印象。今回ひと叩きされて距離短縮とプラス材料。今レースは昨年2着と好走している好相性のレース、また昨年は休み明けだったが今回は一度使われてのレースと期待感十分。人気はするだろうが、気配も良いしここは無視できない。

グァンチャーレ

【評価:〈3.5〉】

10/17 栗CW(80.1)65.5-12.1 一杯
10/23 栗坂 51.7-12.6 一杯

最終追い切り栗坂51.7-12.6一杯。一杯での追い切りで栗坂全体20番時計を記録。もちろんこれでも好タイムだが、ここ最近は調教でかなりの時計を出していただけに少し物足りない面はあるが、しっかりと負荷もかけられているしこれで変わってくれれば。今レースは昨年3着と好走している舞台。久々も苦にしないしやはり注意は必要で。

マイスタイル

【評価:〈3.0〉】

10/17 栗坂 54.2-12.3 強目
10/23 栗坂 54.4-12.3 馬なり

最終追い切り栗坂54.4-12.3馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.3を記録。前走函館記念では楽に逃げる展開。そのまま粘り込んで見事重賞初勝利。勢いもあるし今回も当然警戒しておきたいが、前走は一度使って雰囲気も良かったとのこと。悪い動きではないが、今回の追い切りを見てもまだ良化途中と言った印象はあり。鉄砲実績もあるし注意はしておきたいが。

トゥザクラウン

【評価:〈3.0〉】

10/17 栗CW(81.9)66.0-12.0 一杯
10/23 栗CW(82.7)66.7-12.2 一杯

最終追い切り栗CW(82.7)66.7-12.2一杯。6Fから一杯での追い切り、負荷をしっかりとかけられたところは評価したいが、最終追い切りでも併せ馬に遅れをとっていたし好調時と比べるとまだ動きが重たい印象。1400mの距離もベストで注意は必要だが、前走の大敗の理由もイマイチわからないし、上位評価はどうかといったところで。

スマートオーディン

【評価:〈3.0〉】

10/17 栗坂 53.1-13.7 一杯
10/23 栗坂 53.4-12.3 一杯

最終追い切り栗坂53.4-12.3一杯。一杯での追い切り、負荷をかけられて1週前よりは良くなった印象はあるがそれでもやはり休み明けと言った印象。ここ2戦は時計も速くこの馬の脚質的に厳しい展開だった。復活勝利した阪急杯のように展開がハマれば怖い面はあるが、追い切りを見る限りでは強く推せないか。