最終追い切り

重賞調教危険馬(仮)!part138

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

いつもツイッターでいいねやリツイートをしてくださる皆様、
またいつも参考にしてお読み頂いている皆様ありがとうございます!

調教で見抜く【重賞調教危険馬】ですが、
記念すべき100回目を迎えました!これもみなさまのおかげです!これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ルール

【ルール】
①基本的に人気馬(予想・前日オッズ5番人気以内・もしくは当日5番人気以内)から選択。
②その馬が人気よりも着順が下なら〇(成功)、着順が人気と同じ・もしくは下なら×(失敗)とします。
③ただしその馬が4番人気以下なら複勝圏内(3着以内)に入らなかったら○(成功)とします。

ex.1番人気3着→〇、2番人気2着→×、5番人気4着→〇

※上位人気から選びたいと思っていますが、前日しか買えない方の為にも、基本的に予想オッズもしくは前日オッズから選びたいと思っていますので、当日のオッズ次第では6番人気以下の人気薄になってしまう可能性もありますのでご了承ください。

【重賞調教危険馬】

【G3富士S】

レッドオルガ →×4番人気3着

10/9  栗CW(87.3)70.9-11.8 一杯
10/16 栗坂 54.3-12.4 一杯

最終追い切り栗坂54.3-12.4一杯。一杯での追い切り、1週前の栗CWも含めて負荷はしっかりとかけられた。ただ今回5ヶ月ぶりのレース、速い時計がなかったのは少し気になるところ。東京マイルでは結果を残しているだけに無視はできないが追い切りの動きでは強くは推せない印象で。

【G1菊花賞】

ヒシゲッコウ →○4番人気10着

10/10 南W 68.3-12.3 一杯
10/16 南W 66.9-12.6 一杯

最終追い切り南W66.9-12.6一杯。一杯での追い切り、しっかりと負荷をかけられている点は好印象だが、道中少し掛かり気味だったのは少し気になるところ。前走の内容を見ても長距離適性はかなりのものを感じるし、また今回スミヨン騎手騎乗ということで当然侮れない存在ではあり。ただ追い切りはまだ休み明け感が少し残っているような印象。強敵相手にどこまでやれるか。