最終追い切り

G1菊花賞2019☆1週前&最終追い切り!注目馬は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、牡馬3冠のフィナーレ、
G1菊花賞の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G1菊花賞・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

10/9  南W(82.5)66.4-12.3 強目
10/16 南W 68.8-13.3 馬なり

最終追い切り南W68.8-13.3馬なり。馬なりでの追い切りで最後までしっかりとした良い動き。今週は目立つ時計ではなかったが、1週前にしっかりと負荷をかけられて好タイムを記録しているし今週はこれくらいで十分。前走阿賀野特別で手応え抜群の圧勝。これでトライアルレースを挟まずに出走可能となった。間隔を空けるのはいつものこと、前走の内容から相手強化のここでも楽しみな存在。気配も良いし注目の一頭で。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

10/10 栗CW(81.7)66.3-11.8 強目
10/17 栗CW(85.2)68.4-11.5 G前

最終追い切り栗CW(85.2)68.4-11.5G前。大外を周回、全体時計は特別速い時計は出してこなかったが、栗CW終い11.5とさすがの動きを披露。皐月賞2着、ダービー3着と好走しながら勝利とは行かなかった。前走神戸新聞杯は、久々の影響もあったか2着と敗れはしたものの、相手はサートゥルナーリアだったし前哨戦としては好レースを見せてくれた。この世代では実力上位間違いなし。一度使って状態も上がってきているし今回も当然有力の存在で。

ニシノデイジー

【評価:〈4.5〉】

10/9  南W 67.6-12.3 一杯
10/16 南W 66.1-12.6 馬なり

最終追い切り南W66.1-12.6馬なり。馬なりでの追い切りで南W5F全体7番時計と好タイムを記録。前走セントライト記念では位置が後ろ過ぎたか5着と惨敗。また前の残りの展開で上がり最速を記録しても届かなかった。久々の前走を叩かれて気配もかなり良くなってきた。また今回注目はやはりルメール騎手への乗り替わり。やはり注目の一頭で。

サトノルークス

【評価:〈4.0〉】

10/9  栗CW(82.3)66.9-12.2 馬なり
10/16 栗CW(84.4)66.8-11.9 馬なり

最終追い切り栗CW(84.4)66.8-11.9馬なり。馬なりでの追い切り、外を周回して最後までしっかりとした良い動きを見せた。ダービーで17着と大敗、少し距離に不安はあるが、前走セントライト記念では2着と好走、重馬場は得意ではないとのコメントもあり、この中で好走できるのは力をつけてきた証拠。今ならこの距離でも期待十分。

ユニコーンライオン

【評価:〈3.5〉】

10/9  栗CW(82.6)65.6-12.5 G前
10/17 栗CW(84.3)67.8-11.7 一杯

最終追い切り栗CW(84.3)67.8-11.7一杯。6Fから一杯での追い切り、全体時計は目立つほどではないものの終いは11.7としっかりと動けていたし、1週前にも好タイムを記録。良い状態で出走できそう。前走は後ろからのレースとなったが落ち着いて走れていて距離も問題ないとのこと。前走がプラス6キロでの出走、しっかりと追い切りをこなして上積みもありそう。警戒しておきたい一頭で。

ザダル

【評価:〈3.5〉】

10/9  南W(83.5)68.6-12.9 馬なり
10/16 南W   -12.3 馬なり

最終追い切り南W終い12.3馬なり。馬なりでの追い切りで南W終い12.3と良い伸び。前走セントライト記念ではサトノルークスとクビ差の3着と好走。足元が弱いとのことだが、今回間隔を詰めてまた追い切りもしっかりとこなして出走できるのは魅力。折り合いもしっかりとついてレース上手な馬。相手は強いが決して見劣りしないしこちらも警戒しておきたいところ。

ワールドプレミア

【評価:〈3.0〉】

10/9  栗CW(82.2)66.7-12.4 一杯
10/16 栗坂 54.4-12.7 強目

最終追い切り栗坂54.4-12.7強目。強目での追い切り、特別目立つものではないが上々の動き。骨折明けの前走神戸新聞杯で上がり最速の3着と好走。さすがの力の高さを見せてくれた。今回距離が3000mへとの日当日落ち着いてレースできれば怖い。追い切りでは速い時計はなかったが使っての上積みもありそうだしやはり注意で。

ヒシゲッコウ

【評価:〈3.0〉】

10/10 南W 68.3-12.3 一杯
10/16 南W 66.9-12.6 一杯

最終追い切り南W66.9-12.6一杯。一杯での追い切り、しっかりと負荷をかけられている点は好印象だが、道中少し掛かり気味だったのは少し気になるところ。前走の内容を見ても長距離適性はかなりのものを感じるし、また今回スミヨン騎手騎乗ということで当然侮れない存在ではあり。ただ追い切りはまだ休み明け感が少し残っているような印象。強敵相手にどこまでやれるか。