最終追い切り

G2京都大賞典2019☆1週前&最終追い切り!高評価は?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、勝ち馬に秋の天皇賞への優先出走権も与えられる、
G2京都大賞典の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G2京都大賞典・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

9/19 栗坂 51.5-12.6 強目
9/25 栗坂 50.7-12.7 一杯
10/2 栗坂 51.2-12.4 馬なり

最終追い切り栗坂51.2-12.4馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体13番時計の好タイムを記録。1週前には栗坂全体50.7の全体5番時計としっかりと負荷もかけられている。年明けの京都記念を見事勝利。大阪杯は外枠で外を回らされた影響もあったか9着。ただ内容は悪くなかったし、京都の舞台は好相性。今回骨折明けが不安材料ではあるものの、追い切りの動きを見る限りでは特に影響はなさそう。気配良好で警戒が必要で。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

9/26 南W 66.1-12.3 一杯
10/2 南W 66.4-12.2 馬なり

最終追い切り南W66.4-12.2馬なり。馬なりでの追い切りで南W5F全体18番時計、そして終いも12.2と素晴らしい伸び。1週前は併せ馬に遅れを取ってしまっていたが、最終追い切りでは大きく追走して突き放す良い動きを披露。まだまだ本調子ではなくても1週前でしっかりと負荷をかけたことで状態も上がってきた印象。前走天皇賞春では上がり最速を記録、惜しくも勝ち馬のフィエールマンの粘りに屈してしまったがそれでも内容のある2着と激走。他にも菊花賞5着、日経新春杯勝利など京都は得意舞台。今回も間隔は空いたが、元々間隔を空けて使われている馬で心配無用。ここも有力で。

エアウィンザー

【評価:〈4.0〉】

9/25 栗CW(86.0)69.5-11.6 馬なり
10/2 栗CW(85.1)68.0-11.5 一杯

最終追い切り栗CW(85.1)68.0-11.5一杯。一杯での追い切り、大外を周回して栗CW終い11.5を記録、しっかりと負荷もかけられた。3連勝して挑んだ金鯱賞で3着、強敵相手の大阪杯でも5着と力の高さを証明。今回2Fの距離延長が鍵となりそうだが、追い切りの動きも抜群、また休み明けも苦にしないタイプでここも期待十分。

アドマイヤジャスタ

【評価:〈3.5〉】

9/25 栗CW(83.2)67.7-12.4 一杯
10/2 栗坂 51.7-13.0 強目

最終追い切り栗坂51.7-13.0強目。強目での追い切りで栗坂全体51.7と良い動きを披露。ホープフルSでサートゥルナーリアに僅差の2着と好走。ここ2戦は出遅れ等も響いて普段と違う後方からの展開で本来の力を見せることができなかった。今回強敵相手になるが斤量53キロで出走可能なのは魅力。間隔を空けたことでしっかりと立て直せれば。

エタリオウ

【評価:〈3.5〉】

9/19 栗CW(99.0-82.9)67.7-12.3 一杯
9/26 栗CW(96.9-80.4)65.5-12.5 強目
10/2 栗坂 54.4-12.7 馬なり

最終追い切り栗坂54.4-12.7馬なり。馬なりでの追い切り、今週は軽目の内容だったが、2週前&1週前に栗CWで7Fから追い切りされてしっかりと負荷をかけられている点は好印象。前走宝塚記念は9着と大敗、疲れもあった印象。今回しっかりと休養をとってリフレッシュ効果もありそう。実績は十分ながらまだ1勝。開幕週は脚質的に微妙だが、悲願の重賞勝利へ向けて期待。

ノーブルマーズ

【評価:〈3.0〉】

9/25 栗坂 53.1-12.8 強目
10/2 栗坂 53.0-12.2 強目

最終追い切り栗坂53.0-12.2強目。強目での追い切りで栗坂終い12.2を記録。前走小倉記念で3着と好走、引き続き状態は良さそう。前走のように前で展開できれば長く良い脚を使えるだけにここでも通用しそう。開幕週もプラス、展開が向けば。