最終追い切り

G2オールカマー2019☆1週前&最終追い切り!注目は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、勝ち馬に天皇賞秋の優先出走権が与えられ、天皇賞秋、ジャパンカップのステップレースでもある、
G2オールカマーの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G2オールカマー・1週前&最終追い切り情報

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

9/12 南W 67.7-11.6 G前
9/18 南W 65.8-12.3 G前

最終追い切り南W65.8-12.3G前。ゴール前で強く追い切りされて水曜の南W5F全体3番時計の好タイムを記録。前走七夕賞では惜しくも2着だったが、上がり最速、3着馬を離してと好内容のレースだった。中山コースは4勝している実績のある得意コース。また今週は雨予報で馬場が渋っても面白い存在。1週前も南Wで終い11.6と抜群の伸びを見せているし文句なしの好気配。成長も感じるし今の勢いは侮れない。要注意で。

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

9/11 南W 67.4-12.7 馬なり
9/19 南W 65.1-12.3 馬なり

最終追い切り南W65.1-12.3馬なり。馬なりでの追い切りで南W5F全体65.1とかなりの好タイムを記録。エプソムCは10着と大敗したが、流れも向かなかったし参考外。前走七夕賞では57.5キロを背負いながら見事なレースで勝利を勝ち取った。今回斤量が減って56キロで出走可能なのはもちろんプラス材料。今回鍵となりそうなのは雨予報。降水量も多いとの予報も出ているのは少し不安。前走はやや重で勝利しているが、馬場が渋りすぎた場合はプラスとは言えなさそう。ただ元々調教ではそこまで動いてくる馬ではないが、今回は抜群の動きを見せていて調子が良いのは間違いなし。当然警戒が必要で。

ウインブライト

【評価:〈4.0〉】

9/5  南W 69.0-11.8 馬なり
9/12 南W 65.5-12.3 馬なり
9/18 南W 68.7-12.4 馬なり

最終追い切り南W68.7-12.4馬なり。馬なりでの追い切り、今週はそこまで速い時計を出してこなかったが、2週前には南W終い11.8、1週前には南W5F全体65.5を馬なりで記録するなど気配はかなり良さそう。前走クイーンエリザベスⅡ世カップでは強敵相手に見事勝利を収めた。中山コースはスプリングS1勝、中山記念2勝、中山金杯1勝と重賞4勝している得意舞台。ただ今回斤量58キロに加えて前走よりも1F長い2200m戦。過去の戦績では秋の休み明けは不振の傾向はあり。ただ今年は以前とは充実度が違うし、追い切りではしっかりと動けているだけに今回も無視できない存在で。

グレイル

【評価:〈3.5〉】

9/11 栗CW(81.8)66.5-11.9 馬なり
9/18 栗CW(79.8)65.0-12.3 馬なり

最終追い切り栗CW(79.8)65.0-12.3馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、内目を周回しての時計ではあるが、最後までしっかりとした良い動きを見せていた。前走福島テレビオープンでは6着と敗れはしたが、7ヶ月半ぶりのレースでまだ体が重たい印象だった。一度叩かれての良化は見込めそうな動き。ながらく勝ち星はないが、昨年のセントライト記念で3着と好走しているし中山コースとの相性は良し。侮れない存在で。

レイデオロ

【評価:〈3.5〉】

9/11 南W 68.6-12.1 馬なり
9/19 南W 69.9-12.9 馬なり

最終追い切り南W69.9-12.9馬なり。馬なりでの追い切り、今回そこまで負荷はかけられてこなかったが、1週前には南W終い12.1を馬なりで記録するなど久々でもさすがの動きを見せていた。今回もまだまだ余裕残りの内容に感じるが、昨年の今レースは最終追い切り南W69.4-13.3馬なりで勝利しているし特に評価を下げる必要もなし。ここ2戦はナイターでのレースや不利もあって不完全燃焼。ただここでは実績上位、適性も文句なし。休養で立て直してここも当然有力で。

ゴーフォザサミット

【評価:〈3.0〉】

9/11 南W 69.2-12.1 馬なり
9/19 南W 70.3-12.9 馬なり

最終追い切り南W70.3-12.9馬なり。馬なりでの追い切りで南W終い12.9を記録。1週前には南W終い12.1を記録、今回負荷はかけられていないが、中4週でのレースでこれくらいで問題なし。青葉賞勝利後はなかなか結果が残せていないが、レコード決着の目黒記念では4着と善戦。前走の札幌記念も10着だったが3ヶ月ぶりでのレース。今回一度叩かれての上積みも十分。相手は強敵だがこちらは使われている強みもありで侮れない。

スティッフェリオ

【評価:〈3.0〉】

9/11 栗坂 51.2-12.7 一杯
9/18 栗坂 52.0-12.5 一杯

最終追い切り栗坂52.0-12.5一杯。一杯での追い切り、動きは悪くないし、2週続けて負荷はしっかりとかけられた。1週前は栗坂全体51.2と好タイムを記録しているが終いは12.7。今週も時計はこの馬にとっては平凡。今回宝塚記念以来のレースでまだ動きが重たい印象。福島記念&小倉大賞典と重賞を連勝するなど実力は十分だが、ここは一度使ってからと言ったところで。