重賞予想

G2セントライト記念2019☆予想!本命は南Wで動いた…

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

平場レースは下記の別ブログで紹介いたします。
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて、今回はG2セントライト記念の好調教馬・予想を公開していきます。

あわせて読みたい
G2セントライト記念2019☆1週前&最終追い切り!高評価は!?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ! こち...

上記の記事で本命候補になったのは、
・ザダル
・ニシノデイジー
・メイショウテンゲン
上記の3頭。

ザダル&ニシノデイジーは南W、メイショウテンゲンは栗CWでの最終追い切り。

ザダルは、最終追い切り南W終い12.6馬なり。馬なりでの追い切りで南W終い12.6と良い伸び。1週前には強目で追い切りされて全体52秒台で終い12.1を良い動きを見せているし久々でも好気配。1週延期になった前走プリンシパルSでは、直線で進路をこじ開けて勝利するなど高い力を見せた。ダービーは中1週と厳しいローテーションで自重となったが、現在3連勝、まだまだ底を見せていない魅力もあり。中山コースは2走前に上がり最速で勝利するなど実績あり。追い切りの動きを見ても素質を感じさせる一頭。無傷での菊花賞となればかなり面白くなる。要警戒で。

メイショウテンゲンは、最終追い切り栗CW(83.6)66.3-12.2強目。強目での追い切り、今週はそこまで速い時計を記録してこなかったが、1週前に栗CW5F全体13番時計の好タイムを記録しているし今週はこれくらいで問題なし。皐月賞&ダービーは2桁着順と惨敗。ただ中山は弥生賞を勝利している得意舞台。今回夏の函Wでもしっかりと乗り込まれていて気配はかなり良くなっている印象。中山外回りで期待したい。

ニシノデイジーは、最終追い切り南W66.7-12.0馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計はそこまで速い時計を出してこなかったが、外を周回して南W終い12.0とさすがの伸び。皐月賞は17着と大敗したが、2歳時には重賞を2勝、ホープフルSでは上がり最速の3着に入るなど実績は上位。前走ダービーは5着だったが、折り合いもついていたしこの距離でもやれるところを見せてくれた。今回の中山2200mも問題なさそう。この夏でどこまで成長できているか注目したい。

上記の理由により本命は、ニシノデイジーで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G2セントライト記念・予想

ニシノデイジー
ザダル
ルヴォルグ
メイショウテンゲン
シークレットラン
オセアグレイト
タガノディアマンテ
ランフォザローゼス
モズベッロ

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

ここでオッズも考慮したそれぞれ狙い目別オススメ軸注目馬を紹介!!
あなたはどれを軸に勝負しますか(^O^)??

資金増!堅め狙いはここから!

ニシノデイジー

【調教評価:〈4.5〉】

9/4  南P 63.8-11.7 強目
9/12 南W 66.7-12.0 馬なり

最終追い切り南W66.7-12.0馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計はそこまで速い時計を出してこなかったが、外を周回して南W終い12.0とさすがの伸び。皐月賞は17着と大敗したが、2歳時には重賞を2勝、ホープフルSでは上がり最速の3着に入るなど実績は上位。前走ダービーは5着だったが、折り合いもついていたしこの距離でもやれるところを見せてくれた。今回の中山2200mも問題なさそう。この夏でどこまで成長できているか注目したい。

願万馬券!中穴狙いはここから!

メイショウテンゲン

【調教評価:〈4.5〉】

9/4  栗CW(80.9)64.7-12.2 馬なり
9/12 栗CW(83.6)66.3-12.2 強目

最終追い切り栗CW(83.6)66.3-12.2強目。強目での追い切り、今週はそこまで速い時計を記録してこなかったが、1週前に栗CW5F全体13番時計の好タイムを記録しているし今週はこれくらいで問題なし。皐月賞&ダービーは2桁着順と惨敗。ただ中山は弥生賞を勝利している得意舞台。今回夏の函Wでもしっかりと乗り込まれていて気配はかなり良くなっている印象。中山外回りで期待したい。

一発勝負!大穴狙いはここから!

シークレットラン

【調教評価:〈3.5〉】

9/5  南W 65.4-12.5 一杯
9/12 南W 65.9-13.0 馬なり

最終追い切り南W65.9-13.0馬なり。馬なりでの追い切りでしっかりとした良い動きで好タイムを記録。ここ2戦は見せ場なく終わっているだけに今回狙いづらいところもあるが、中山の葉牡丹賞ではレコードで勝利するなど素質はかなりのものを秘めている。今回そこまで人気もしないだろうし、休養を挟んでの一変に期待したい。