最終追い切り

G2ローズS2019☆1週前&最終追い切り!注目馬の気配は?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、3着以内に秋華賞の優先出走権が与えられる、
G2ローズSの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G2ローズS・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

8/28 美坂 50.8-12.7 馬なり
9/5  南W 65.4-12.7 馬なり
9/11 美坂 54.0-12.7 馬なり

最終追い切り美坂54.0-12.7馬なり。馬なりでの追い切りで美坂終い12.7を記録。1週前には南W5F全体11番時計、2週前の美坂でも全体50.8の美坂全体1番時計と好タイムを記録していて気配は文句なし。前走オークスは6着だったが、強敵相手に善戦。何度も上がり33秒台を記録している自慢の末脚は阪神コースとの相性も良さそう。有力の存在で。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

9/5  栗CW(82.9)66.0-11.5 強目
9/11 栗坂 53.0-11.6 強目

最終追い切り栗坂53.0-11.6強目。強目での追い切りで栗坂終い11.6と抜群の伸びを披露。1週前には栗CWで6Fから追い切りされて、終い11.5と最後までしっかりと動けていた。前走クイーンSでは8着と敗れはしたものの勝ち馬とは0.5秒の僅差。距離にもメドがたったのは大きい。ただ気性面に少し不安がありで当日しっかりと落ち着いていられるかがポイントに。ただ追い切りの動きを見る限りではかなりの素質を感じるし、追い切り通りしっかりと走れればチャンスは十分で。

アルティマレガーレ

【評価:〈4.0〉】

9/5  栗坂 52.4-12.5 強目
9/11 栗坂 53.7-12.1 馬なり

最終追い切り栗坂53.7-12.1馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.1と素晴らしい伸び。5日には栗坂で自己ベストの好タイムを記録、少し間隔は空いたが良い状態で出走できそう。現在4戦3勝、前走はスタートが良くないながらもラストで伸びて勝利。今回初の1800mにはなるが、過去のレースを見ても十分に対応可能だろうし、まだまだ底を見せていないだけに不気味な存在で。

スイープセレリタス

【評価:〈3.5〉】

9/4  美坂 55.9-12.5 馬なり
9/11 美坂 54.7-12.3 馬なり

最終追い切り美坂54.7-12.3馬なり。馬なりでの追い切りで美坂終い12.3を記録。併せ馬を大きく追走して同入するなど良い動きを見せた。3ヶ月ぶりの前走月岡温泉特別では52キロの軽量ハンデがありながらも差し有利な展開で見事勝利、力の高さを見せてくれた。今回斤量増と初の1800mは課題だが、叩いた上積みも十分だし展開次第では面白くなりそう。

ウィクトーリア

【評価:〈3.5〉】

9/4  栗CW 66.3-11.6 馬なり
9/11 栗CW(83.3)66.8-12.4 馬なり

最終追い切り栗CW(83.3)66.8-12.4馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、特別速い時計ではないが、併せ馬を追走して同入するなど良い動き。前走オークスはスタートがうまく決まらなかったがそれでもリズム良く走り4着と善戦。展開に左右されにくい脚質も魅力的。今回8月の末には栗東入りしているとのことで長距離輸送がないのも魅力。ここも警戒すべき1頭で。

シゲルピンクダイヤ

【評価:〈3.5〉】

9/4  栗CW(81.2)65.8-11.8 一杯
9/11 栗CW(83.2)66.7-12.0 強目

最終追い切り栗CW(83.2)66.7-12.0強目。6Fから強目での追い切り、全体時計で速い時計は出してこなかったが、最後までしっかりとした良い動き。前走オークスは明らかに距離が長すぎて12着と大敗。オークス以外は1600mまでしか経験がないため、1800mの距離もどうかだが、距離短縮は間違いなくプラス材料。桜花賞ではイレ込んでスタートで躓きながらも2着に入るなど力の高さは今メンバーでも上位。久々にはなるがやはり無視できない存在で。

ビーチサンバ

【評価:〈3.0〉】

9/4  栗CW(80.6)65.0-11.9 強目
9/11 栗CW(85.2)68.2-12.1 一杯

最終追い切り栗CW(85.2)68.2-12.1一杯。6Fから一杯での追い切り、時計は目立つものではなかったが上々の動き。1週前には栗CWで好タイムを記録しているし状態は良さそう。桜花賞では5着、クイーンCでは2着に入るなど通用する力は十分にあり。前走オークスは外枠に加えて距離も長かった印象。巻き返しに注意したい。

ダノンファンタジー

【評価:〈3.0〉】

8/29 栗CW(85.2)67.7-11.9 馬なり
9/5  栗CW(83.7)66.5-11.6 馬なり
9/11 栗CW   -11.8 馬なり

最終追い切り栗CW終い11.8馬なり。馬なりでの追い切りで栗CW終い11.8を記録。今回オークス以来の参戦、正直負荷は軽目でまだまだ余裕残しと言った印象。4連勝して挑んだ桜花賞では4着、オークスは5着と悔しい結果。ただ前走は2400mの距離でも頑張って善戦していたし、今回の1800mの距離もこなしてくれそう。ここは叩き台だろうが、それでも動きは悪くないし、当然注意は必要で。