最終追い切り

G3京成杯オータムH2019☆1週前&最終追い切り!好調教は?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、中山開幕週のハンデ重賞、マイルCSの前哨戦でもある、
G3京成杯オータムHの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G3京成杯オータムH・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

8/21 栗坂 52.9-11.9 馬なり
8/28 栗坂 51.6-11.9 一杯
9/4  栗坂 54.7-12.1 馬なり

最終追い切り栗坂54.7-12.1馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.1を記録。2週前には栗坂終い11.9を馬なりで記録、1週前追い切りは栗坂全体10番時計で終い11.9としっかりと負荷をかけられている。前走中京記念では後ろから差しの展開で結果を出せたのは魅力。前走よりも間隔をつめて上積みも十分。綺麗な馬場ならさらにとのコメントもあり。気配はかなり良いし今回も要警戒の一頭で。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

8/28 美坂 51.2-13.2 馬なり
9/4  美坂 52.3-11.9 一杯

最終追い切り美坂52.3-11.9一杯。一杯での追い切りで美坂全体52秒台で終い11.9と破格の時計を記録。前走エプソムCではやや重でヨーイドンの競馬で展開も厳しかった。過去中山マイルは(1.1.1.0)と好相性。昨年の秋初戦も3ヶ月半と間隔を空けて勝利しているし今回も問題なし。1週前追い切りも美坂全体5番時計を記録しているし仕上がり良好。若い頃から追い切りではものすごい動きを見せてきた馬。重賞でも好走は何度もしているが重賞は未だ未勝利。素質はかなり良いものを秘めているだけにチャンスは十分。

ジャンダルム

【評価:〈4.0〉】

8/28 栗CW(81.1)65.5-11.6 強目
9/4  栗CW(84.0)68.5-12.0 強目

最終追い切り栗CW(84.0)68.5-12.0強目。6Fから強目での追い切り、今週は軽目の内容だったが最後までしっかりとした良い動き。注目すべきは1週前追い切りで栗CW5F全体12番時計で終いも11.6と抜群の動きを披露。前走中京記念は6着と敗れはしたものの、折り合いがついたのは収穫とのコメントもあり。この馬も昔から追い切りではかなりの動きを見せている馬で素質は高いものあり。5ヶ月半ぶりの前走を叩かれての上積みも十分に考えられるし、好走のチャンスも十分で。

グルーヴィット

【評価:〈3.5〉】

8/28 栗CW(83.0)67.1-12.9 一杯
9/4  栗坂 51.6-12.1 馬なり

最終追い切り栗坂51.6-12.1馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体51秒台、終いも12.1とさすがの動き。前走古馬相手の中京記念で接戦を制して見事勝利。今回前走よりも3キロ重い斤量55キロへの対応はは鍵となりそうだが、勢いもあるし今回も当然注意が必要で。

ディメンシオン

【評価:〈3.5〉】

8/28 栗CW   -12.0 馬なり
9/4  栗坂 53.5-12.0 馬なり

最終追い切り栗坂53.5-12.0馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.0を記録。今回負荷はそこまでかけられていないが間隔を詰めてのレースで問題なし。前走新潟記念では4着と善戦。昨年3連勝して挑んだ中山マイルのターコイズSで5着と敗戦した点は気になるが、気配は良いし無視はできない。

ロードクエスト

【評価:〈3.5〉】

8/29 美坂 52.0-13.4 馬なり
9/4  南W(81.5)65.7-12.4 馬なり

最終追い切り南W(81.5)65.7-12.4馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで水曜の南W5F全体13番時計の好タイムを記録。ここ最近は結果を残せていないが、前走関屋記念では上がり最速、勝ち馬とは0.3秒差と僅差のレースと復調の兆しはあり。今レースは昨年4着、2016年には勝利している得意レース。引き続き鞍上もM.デムーロ騎手。鞍上と共に復活といきたいところだが。

トロワゼトワル

【評価:〈3.0〉】

8/28 栗CW(84.0)67.4-11.8 馬なり
9/4  栗坂 54.1-12.1 強目

最終追い切り栗坂54.1-12.1強目。強目で終いは12.1と上々の動き。デビューから今まで掲示板を外したことのない安定感のある馬。ただ2度経験した重賞では善戦するものの複勝圏内はなし。今回も強敵相手でどこまでやれるかだが、魅力的なのはハンデで斤量52キロで出走可能。安定して力を出せる強みもあるし無視はできない。