最終追い切り

G3キーンランドC2019☆1週前&最終追い切り!高評価は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、サマースプリントシリーズ第4戦、秋のスプリンターズSも視野に入る、
G3キーンランドCの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G3キーンランドC・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

8/14 函W 65.6-12.2 一杯
8/21 函W 70.9-12.0 馬なり

最終追い切り函W70.9-12.0馬なり。馬なりでの追い切りで函W終い12.0と抜群の動きを披露。1週前にはしっかりと負荷をかけられて函W5F全体2番時計の好タイムを記録しているし仕上がり良好。過去キーンランドCは一昨年3着、また昨年は見事勝利するなど相性の良いレース。昨年2着のダノンスマッシュは今回斤量2キロ差で昨年よりも1キロ優位になる点も魅力。間隔は空いたがこの時計は自己ベストを更新する好タイムで気配良好。連覇目指してのレース、海外明けでも気配良好。今年も要注意で。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

8/14 札芝(80.0)63.4-11.4 馬なり
8/21 札芝(81.5)65.7-11.9 馬なり

最終追い切り札芝(81.5)65.7-11.9馬なり。6Fから馬なりで外を周回して最後までしっかりとした良い動きを披露。1週前追い切りでは札芝5F63.4の好タイムを記録しているし久々でも状態はかなり良さそう。前走NHKマイルで7着、スタートに課題はあるが、ファルコンSを勝利しているし、また2歳時には札幌1200mのオープンクラスで勝利経験もあり。気配も良いし、3歳馬でも決して侮れない1頭で。

カイザーメランジェ

【評価:〈4.5〉】

8/14 函W 71.3-13.6 馬なり
8/21 函W 67.9-12.9 馬なり

最終追い切り函W67.9-12.9馬なり。馬なりでの追い切り、外目を周回して函W終い12.9と良い動きを披露。前走アイビスSDでは手ごたえは良かったものの、中盤で挟まれる不利な展開。条件は良かっただけに惜しかったレース。今回間隔は詰まっているが、追い切りの動きを見る限り引き続き気配良好。力をつけてきたい今ならチャンスは十分。

セイウンコウセイ

【評価:〈4.0〉】

8/14 函W 68.2-12.2 馬なり
8/21 函W 69.1-12.7 G前

最終追い切り函W69.1-12.7G前。ゴール前で強く追い切りされて函W終い12.7と抜群の伸びを披露。1週前も函W終い12.2としっかりと動けていた。長らく不振が続いていたものの今年に入り、高松宮記念で2着と好走し、続くCBC賞では58キロを背負いながら3着と好走。今回も引き続き斤量58キロと条件は厳しいが実績馬が復調となれば当然警戒する必要ありで。

ダイメイフジ

【評価:〈4.0〉】

8/16 函W 69.7-12.9 馬なり
8/20 函W 70.1-13.2 強目

最終追い切り函W70.1-13.2強目。強目での追い切り、大外を周回して最後までしっかりとした良い動きを披露。前走UHB賞では馬体プラス10キロ、トップハンデの斤量56キロながら3着と好走。今回間隔を詰めて状態も上向き。16日の追い切りでもしっかりと動けていたし気配良好。人気薄でも警戒したい。

リナーテ

【評価:〈3.5〉】

8/14 函W 69.2-13.1 G前
8/21 函芝   -11.4 G前

最終追い切り函芝終い11.4G前。ゴール前で強く追い切りされて函芝終い11.4と良い動き。今回負荷はそこまでかけられていないが、間隔を詰めてのレースでこれくらいで十分。京王杯SCで2着と好走、前走UHB賞では久しぶりの1200m戦ながら大外から差し切って快勝。重賞でも通用しそうなところを見せてくれているし相手強化のここでも警戒しておきたい。

ライオンボス

【評価:〈3.5〉】

8/14 南P 68.7-11.2 馬なり
8/21 札芝 73.1-13.8 馬なり

最終追い切り札芝73.1-13.8馬なり。馬なりでの追い切り、最終追い切りは軽目の内容だったが、1週前追い切りでは南Pで終い11.2を記録するなど良い動きを披露。引き続き気配は良さそう。直線競馬で3連勝。ただ今回コーナーありのコースに変わるだけにどこまで対応できるか。ただし勢いは今メンバーでもトップクラス。当然注意はしておきたい。

タワーオブロンドン

【評価:〈3.0〉】

8/14 札芝 66.4-11.3 馬なり
8/21 札芝(83.5)67.5-11.9 馬なり

最終追い切り札芝(83.5)67.5-11.9馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで併せ馬を追走し同入するなど動きは良し。前走函スプリントSでは58キロに加えて初の1200mとなかなか厳しい条件。今回も58キロと引き続きハンデは厳しいが、G2を2勝、G3を1勝するなど実績は上位。同距離2度目で当然警戒しておきたい。

ダノンスマッシュ

【評価:〈3.0〉】

8/14 札芝(77.7)62.6-11.5 馬なり
8/21 札芝 67.9-11.5 馬なり

最終追い切り札芝67.9-11.5馬なり。馬なりでの追い切り、時計は平凡だが動きは上々。前走高松宮記念は4着と敗れはしたがスタートもうまく合わなかったし、内有利の中外枠で条件も厳しかったし評価を下げる必要はなし。ただ今回前走函館スプリントSを薬物騒動で取り消しになったあとのレース、1週前の札芝での動きは良かったものの最終追い切りを見てもやはり本番は秋のスプリンターズS。今回も余裕残しの仕上げといった印象で。