重賞予想

G3北九州記念2019☆予想!本命は栗坂で自己ベストのこの馬!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

平場レースは下記の別ブログで紹介いたします。
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて、今回はG3北九州記念の好調教馬・予想を公開していきます。

あわせて読みたい
G2札幌記念2019☆1週前&最終追い切り!実力馬の気配は?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ! こち...
あわせて読みたい
G3北九州記念2019☆1週前&最終追い切り!注目は!?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ! こち...

上記の記事で本命候補になったのは、
・モズスーパーフレア
・アンヴァル
・ディアンドル
上記の3頭。

3頭共に栗坂での最終追い切り。

モズスーパーフレアは、最終追い切り栗坂51.9-12.4馬なり。馬なりでの追い切りで水曜の栗坂全体8番時計の好タイムを記録。2週前には栗坂全体51.5で終い11.7、1週前は栗坂全体3番時計で終い11.9と続けて抜群の動きを披露。前走高松宮記念ではハナに行くまでに脚を使ってしまい、15着と大敗。連戦の疲れもあった印象。ただ今回は間隔を空けて本来の動きを取り戻していて好気配。小倉1200mも実績のある得意コース。1週前&最終追い切りで主戦騎手も騎乗していて本気度も高い。ここは有力の一頭で。

ディアンドルは、最終追い切り栗坂56.9-12.3馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計で速い時計を出してこなかったがそれでも栗坂終い12.3と良い伸び。現在5連勝中、最近はハナの展開だけでなく控えてのレースでも勝利するなど色々な形に対応できるようになったのも大きな魅力。小倉1200mも未勝利戦で勝利実績あり。今回3歳牝馬で斤量差のハンデありで条件も魅力的。今回そこまで負荷はかけられていないものの、2週前に栗坂終い11.7、1週前に栗坂終い11.5と抜群の伸びを見せているし自分の力は出せそうな仕上がり。今回も有力で。

アンヴァルは、最終追い切り栗坂53.6-12.3馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.3と良い伸び。1週前には一杯での追い切りで栗坂全体1番時計、自己ベストを大幅に更新する好タイムを記録しているし今回状態はかなり良さそう。前走バーデンバーデンCでは5ヵ月半ぶりで重馬場ながら2着と好走。昨年の今レースは10着と大敗したが、久々に加えて不利もありで参考外。小倉1200mは勝利経験もあるし実績十分。文句なしの好気配、強敵相手のここでも要警戒で。

上記の理由により本命は、アンヴァルで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G3北九州記念・予想

アンヴァル
ディアンドル
モズスーパーフレア
アレスバローズ
ファンタジスト
ダイメイプリンセス
ディープダイバー
ミラアイトーン

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

ここでオッズも考慮したそれぞれ狙い目別オススメ軸注目馬を紹介!!
あなたはどれを軸に勝負しますか(^O^)??

資金増!堅め狙いはここから!

ディアンドル

【調教評価:〈4.5〉】

8/1  栗坂 55.2-11.7 馬なり
8/7  栗坂 55.2-11.5 馬なり
8/14 栗坂 56.9-12.3 馬なり

最終追い切り栗坂56.9-12.3馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計で速い時計を出してこなかったがそれでも栗坂終い12.3と良い伸び。現在5連勝中、最近はハナの展開だけでなく控えてのレースでも勝利するなど色々な形に対応できるようになったのも大きな魅力。小倉1200mも未勝利戦で勝利実績あり。今回3歳牝馬で斤量差のハンデありで条件も魅力的。今回そこまで負荷はかけられていないものの、2週前に栗坂終い11.7、1週前に栗坂終い11.5と抜群の伸びを見せているし自分の力は出せそうな仕上がり。今回も有力で。

願万馬券!中穴狙いはここから!

アンヴァル

【調教評価:〈4.5〉】

8/1  栗坂 51.5-11.7 馬なり
8/7  栗坂 50.8-11.9 馬なり
8/14 栗坂 51.9-12.4 馬なり

最終追い切り栗坂51.9-12.4馬なり。馬なりでの追い切りで水曜の栗坂全体8番時計の好タイムを記録。2週前には栗坂全体51.5で終い11.7、1週前は栗坂全体3番時計で終い11.9と続けて抜群の動きを披露。前走高松宮記念ではハナに行くまでに脚を使ってしまい、15着と大敗。連戦の疲れもあった印象。ただ今回は間隔を空けて本来の動きを取り戻していて好気配。小倉1200mも実績のある得意コース。1週前&最終追い切りで主戦騎手も騎乗していて本気度も高い。ここは有力の一頭で。

一発勝負!大穴狙いはここから!

アレスバローズ

【調教評価:〈3.5〉】

7/31 栗坂 53.9-11.8 馬なり
8/8  栗坂 52.8-12.0 馬なり
8/14 栗坂 54.9-12.0 馬なり

最終追い切り栗坂54.9-12.0馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.0と良い伸び。前走CBC賞では斤量57.5キロを背負いながら2着と激走。今回も同ハンデの斤量57.5キロと条件は引き続き厳しいが、今レースは昨年勝利したレースで適性は文句なし。2週前&1週前もしっかりと動けていて気配良好、今年も当然警戒しておきたい一頭で。