最終追い切り

G3北九州記念2019☆1週前&最終追い切り!注目は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、スプリンターズSの前哨戦、ハンデ重賞の
G3北九州記念の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G3北九州記念・1週前&最終追い切り情報

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

8/1  栗坂 51.5-11.7 馬なり
8/7  栗坂 50.8-11.9 馬なり
8/14 栗坂 51.9-12.4 馬なり

最終追い切り栗坂51.9-12.4馬なり。馬なりでの追い切りで水曜の栗坂全体8番時計の好タイムを記録。2週前には栗坂全体51.5で終い11.7、1週前は栗坂全体3番時計で終い11.9と続けて抜群の動きを披露。前走高松宮記念ではハナに行くまでに脚を使ってしまい、15着と大敗。連戦の疲れもあった印象。ただ今回は間隔を空けて本来の動きを取り戻していて好気配。小倉1200mも実績のある得意コース。1週前&最終追い切りで主戦騎手も騎乗していて本気度も高い。ここは有力の一頭で。

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

8/7  栗坂 49.7-12.2 一杯
8/14 栗坂 53.6-12.3 馬なり

最終追い切り栗坂53.6-12.3馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.3と良い伸び。1週前には一杯での追い切りで栗坂全体1番時計、自己ベストを大幅に更新する好タイムを記録しているし今回状態はかなり良さそう。前走バーデンバーデンCでは5ヵ月半ぶりで重馬場ながら2着と好走。昨年の今レースは10着と大敗したが、久々に加えて不利もありで参考外。小倉1200mは勝利経験もあるし実績十分。文句なしの好気配、強敵相手のここでも要警戒で。

ディアンドル

【評価:〈4.5〉】

8/1  栗坂 55.2-11.7 馬なり
8/7  栗坂 55.2-11.5 馬なり
8/14 栗坂 56.9-12.3 馬なり

最終追い切り栗坂56.9-12.3馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計で速い時計を出してこなかったがそれでも栗坂終い12.3と良い伸び。現在5連勝中、最近はハナの展開だけでなく控えてのレースでも勝利するなど色々な形に対応できるようになったのも大きな魅力。小倉1200mも未勝利戦で勝利実績あり。今回3歳牝馬で斤量差のハンデありで条件も魅力的。今回そこまで負荷はかけられていないものの、2週前に栗坂終い11.7、1週前に栗坂終い11.5と抜群の伸びを見せているし自分の力は出せそうな仕上がり。今回も有力で。

ファンタジスト

【評価:〈4.0〉】

7/31 栗坂 51.6-12.1 一杯
8/7  栗坂 51.0-12.2 強目
8/14 栗坂 51.7-11.8 一杯

最終追い切り栗坂51.7-11.8一杯。一杯での追い切りで水曜の栗坂全体6番時計、終い11.8と好タイムを記録。2週前&1週前と好タイムを記録、ただこの時点の調教師の話ではもう一段階上がっていないとの話もあった。ただ最終追い切りではしっかりと負荷もかけられて良い動きを見せているしこれで状態も上がってきそうな印象。スプリングSの1800mで2着と好走し、期待十分だった皐月賞は13着と大敗、続くNHKマイルも13着と続けて敗れるなど疲れも見られた。今回しっかりと間隔を空けて疲れも取れているし、また1200mの距離短縮もこの馬にとっては良い方向に働きそう。一変に警戒で。

アレスバローズ

【評価:〈3.5〉】

7/31 栗坂 53.9-11.8 馬なり
8/8  栗坂 52.8-12.0 馬なり
8/14 栗坂 54.9-12.0 馬なり

最終追い切り栗坂54.9-12.0馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.0と良い伸び。前走CBC賞では斤量57.5キロを背負いながら2着と激走。今回も同ハンデの斤量57.5キロと条件は引き続き厳しいが、今レースは昨年勝利したレースで適性は文句なし。2週前&1週前もしっかりと動けていて気配良好、今年も当然警戒しておきたい一頭で。

ミラアイトーン

【評価:〈3.5〉】

8/1  栗CW(81.7)65.6-11.5 一杯
8/7  栗CW(83.9)67.9-11.7 一杯
8/14 栗CW  -12.0 強目

最終追い切り栗CW終い12.0強目。強目で上がり中心の追い切り、今週は軽目の内容だったが、2週前&1週前にしっかりと負荷をかけられていて気配良好。当時の1000万クラスからオープンクラスまで現在4連勝、特に前走は出遅れながらもラスト1Fで驚異の末脚を見せ見事勝利。小倉で3戦3勝するなど実績も文句なし。5連勝へ期待のかかる1戦。

エイシンデネブ

【評価:〈3.5〉】

8/14 小ダ 65.9-12.1 馬なり

最終追い切り小ダ65.9-12.1馬なり。馬なりでの追い切りで最後までしっかりとした良い動き。前走佐世保Sでは前有利の展開の中、一気に差し切り勝ちをするなど驚異の末脚を披露。また前走はプラス28キロでの出走で成長も感じさせる内容だった。一度使われての上積みも十分、重賞のここでも警戒したい。

カラクレナイ

【評価:〈2.5〉】

8/7  栗CW  -12.8 一杯
8/14 栗CW  -13.4 一杯

最終追い切り栗CW終い13.4一杯。上がり中心の追い切りながら終い13.4とかなりの時計を要した。1週前の動きも良くなかったし、今回状態はあまり良くなさそう。折り合いに課題はあるが、前走バーデンバーデンCでは折り合いもついて見事勝利するなど通用する力は十分。ただ追い切りの動きを見る限り今回は狙いづらいところ。