調教分析・1週前追い切り

重賞・1週前追い切りプチ情報!part14

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
不定期で1週前追い切りプチ情報として、
1週前追い切りで抜群の動きを見せている馬を紹介していこうと思います。
◎=本命サイド
★=穴サイド
(※特に目立つ馬がいない場合は該当場なしの場合もあります。)

平場レースは下記の別ブログで紹介いたします。
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

それではさっそく見ていきましょう。

G2札幌記念・1週前追い切りプチ情報

フィエールマン

【調教評価:〈4.5〉】

7/31 函W 66.8-12.4 馬なり
8/8  函W  -12.5 馬なり

1週前追い切り函W終い12.5馬なり。馬なりでの追い切りで函W終い12.5と良い伸びを見せた。31日には函W5F全体66.8で終い12.4と好タイムを記録。また併せ馬を大きく追走して突き放す良い動きを見せていたし、間隔が空いた今回も現時点で良い状態。ここまでG1を2勝、また通算の成績は(4.2.0.0)で実績上位、また連対を外したことのない安定感もあり。今回天皇賞春以来の休み明けのレースにはなるが、過去全てのレースで間隔を空けて使われているしまったく問題なし。気配も良くここは当然有力で。

ステイフーリッシュ

【調教評価:〈4.0〉】

8/7 函W 68.5-12.6 馬なり

1週前追い切り函W68.5-12.6馬なり。馬なりでの追い切り、外を周回して函W終い12.6と抜群の伸びを披露。前走函館記念では重ハンデの斤量57.5キロを背負いながら3着と好走。過去一番重たい斤量で好走できたのは大きな収穫。今回斤量57キロの別定戦、引き続き気配も良いし決して無視できない存在で。

G3北九州記念・1週前追い切りプチ情報

ディアンドル

【調教評価:〈4.5〉】

8/7 栗坂 55.2-11.5 馬なり

1週前追い切り栗坂55.2-11.5馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い11.5と破格の時計を記録。現在5連勝中、最近はハナの展開だけでなく控えてのレースでも勝利するなど色々な形に対応できるようになったのも大きな魅力。小倉1200mも未勝利戦で勝利実績あり。今回3歳牝馬で斤量差のハンデありで条件も魅力的。久々のレースにはなるが、2週前にも栗坂終い11.7を馬なりで記録するなど現時点で気配良好。今回も有力の存在で。

アンヴァル

【調教評価:〈4.5〉】

8/7 栗坂 49.7-12.2 一杯

1週前追い切り49.7-12.2一杯。一杯での追い切りで栗坂全体1番時計、自己ベストを大幅に更新する好タイムを記録。前走バーデンバーデンCでは5ヵ月半ぶりで重馬場ながら2着と好走。昨年の今レースは10着と大敗したが、久々に加えて不利もありで参考外。小倉1200mは勝利経験もあるし実績十分。状態はかなり良いし今年は要警戒で。