重賞予想

G3エルムS2019☆予想!本命馬は勢い&気配抜群のこの馬!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

平場レースは下記の別ブログで紹介いたします。
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて、今回はG3エルムSの好調教馬・予想を公開していきます。

あわせて読みたい
G3関屋記念2019☆1週前&最終追い切り!注目馬は!?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ! こち...
あわせて読みたい
G3エルムS2019☆1週前&最終追い切り!高評価は!?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ! こち...

上記の記事で本命候補になったのは、
・グリム
・リアンヴェリテ
・タイムフライヤー
上記の3頭。

グリム&タイムフライヤーは函W、リアンヴェリテは札ダでの最終追い切り。

タイムフライヤーは、最終追い切り函W66.2-12.2一杯。一杯での追い切りで水曜の函W5F全体4番時計、そして終いも12.2と素晴らしい動きを披露。G1ホープフルSを勝利するなど2歳時は圧巻のレースを見せていたが、その後は結果を残せないでいる現状。今回は初ダートで未知ではあるが、兄弟はダート巧者も多く居るし適正もありそうな印象。気配は文句ないしここで新しい一面を見ることができれば。

グリムは、最終追い切り函W71.5-13.0馬なり。馬なりでの追い切り、時計は目立つものではないものの、外を周回して良い動きを披露。1週前には外目を周回して函W5F全体67秒台、終い12.4と好タイムを記録しているし気配良好。現在交流戦を含めて重賞4勝。前走マーキュリーカップでは3ヶ月ぶりのレースで勝利、間隔を詰めて上積みも感じさせる好気配。まだまだ底を見せていないし、ここでも有力の1頭で。

リアンヴェリテは、最終追い切り札ダ66.0-12.5強目。強目での追い切りで水曜の札ダ5F全体6番時計の好タイムを記録。1週前の札ダでも馬なりで終い12.0と良い伸びを見せていたし気配良好。前走はハナでの展開。自分でペースを作り、少しきつい展開ながらそのまま押し切り勝ちするなど力の高さを見せてくれた。今回札幌コースは初めてではあるが、適性も問題なさそう。引き続き追い切りの動きも良いし、今回も有力の存在で。

上記の理由により本命は、リアンヴェリテで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G3エルムS・予想

リアンヴェリテ
グリム
ドリームキラリ
タイムフライヤー
ハイランドピーク
サトノティターン
レッドアトゥ
モズアトラクション

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

ここでオッズも考慮したそれぞれ狙い目別オススメ軸注目馬を紹介!!
あなたはどれを軸に勝負しますか(^O^)??

資金増!堅め狙いはここから!

リアンヴェリテ

【調教評価:〈4.5〉】

7/31 札ダ 67.6-12.0 馬なり
8/7  札ダ 66.0-12.5 強目

最終追い切り札ダ66.0-12.5強目。強目での追い切りで水曜の札ダ5F全体6番時計の好タイムを記録。1週前の札ダでも馬なりで終い12.0と良い伸びを見せていたし気配良好。前走はハナでの展開。自分でペースを作り、少しきつい展開ながらそのまま押し切り勝ちするなど力の高さを見せてくれた。今回札幌コースは初めてではあるが、適性も問題なさそう。引き続き追い切りの動きも良いし、今回も有力の存在で。

願万馬券!中穴狙いはここから!

タイムフライヤー

【調教評価:〈4.5〉】

7/31 函W 68.6-12.8 一杯
8/7  函W 66.2-12.2 一杯

最終追い切り函W66.2-12.2一杯。一杯での追い切りで水曜の函W5F全体4番時計、そして終いも12.2と素晴らしい動きを披露。G1ホープフルSを勝利するなど2歳時は圧巻のレースを見せていたが、その後は結果を残せないでいる現状。今回は初ダートで未知ではあるが、兄弟はダート巧者も多く居るし適正もありそうな印象。気配は文句ないしここで新しい一面を見ることができれば。

一発勝負!大穴狙いはここから!

ハイランドピーク

【調教評価:〈3.5〉】

7/31 札ダ 67.7-12.3 馬なり
8/7  札ダ 66.2-12.3 馬なり

最終追い切り札ダ66.2-12.3馬なり。馬なりでの追い切りで全体&終いで良い動きを見せた。昨年の今レースで勝利してからは長らく不振続きだったが、前走は復調気配も見える6着。追い切りの動きも段々と良くなっているし、好条件での一変には警戒したいところ。