最終追い切り

G3関屋記念2019☆1週前&最終追い切り!注目馬は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、サマーマイルシリーズ第2戦、新潟古馬マイル重賞、
G3関屋記念の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G3関屋記念・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

7/31 栗CW(82.5)65.6-11.8 強目
8/7  栗坂 53.5-11.9 馬なり

最終追い切り栗坂53.5-11.9馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い11.9と抜群の動き。前走は抜群のスタートを決めてハナでの展開。ラスト勝ち馬にはかわされたが今後の可能性を感じさせる2着。1週前には栗CW5F全体26番時計、終いも11.8と好タイムを記録。併せ馬を大きく追走して先着するなど意欲的な追い切り内容を見せていたし、引き続き気配は絶好。小倉1700m戦でレコード勝利の経験もあり。ここでも有力の存在で。

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

8/7 栗CW 66.7-12.0 馬なり

最終追い切り栗CW66.7-12.0馬なり。馬なりでの追い切り、今週は軽目の内容だったが、間隔を詰めても疲れも見せず気配は引き続き良好。前走中京記念では4着に敗れはしたが、進路もなかなか空かなかった。昨年ここを勝利したプリモシーンとも僅差だったし、川島騎手もここにきて力をつけてきているとのコメントもあり。前走はプラス8キロでの出走。一度使われての上積みも十分。ここは要警戒の1頭で。

ハーレムライン

【評価:〈4.0〉】

7/31 美坂 52.6-12.9 強目
8/7  美坂 51.3-12.6 馬なり

最終追い切り美坂51.3-12.6馬なり。馬なりでの追い切りで、水曜の美坂全体1番時計の好タイムを記録。前走谷川岳Sでは内枠の好位で脚を貯めてラスト抜け出しての見事な勝利。14番人気ながら見事なレースだった。今回少し間隔は空いたが、前走も休み明けでの勝利だったし、今回の追い切りを見ても調子が良いのは間違いなし。同舞台で警戒しておきたい。

オールフォーラヴ

【評価:〈4.0〉】

7/31 栗坂 53.9-12.3 馬なり
8/7  栗CW(81.3)65.5-11.7 一杯

最終追い切り栗CW(81.3)65.5-11.7一杯。6Fからの追い切りで水曜の栗CW5F全体8番時計、終いも11.7と好タイムを記録。前入は前につけて折り合いもしっかりとついて快勝。速い時計にも対応できるしここは有力の存在で。

リライアブルエース

【評価:〈3.5〉】

8/1 栗坂 52.5-12.1 強目
8/7 栗坂 53.3-12.3 馬なり

最終追い切り栗坂53.3-12.3馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.3と良い伸び。1週前も栗坂終い12.1と続けて良い動きを見せていて引き続き気配良好。前走福島テレビオープンでは上がり最速の素晴らしい脚を見せて快勝。昨年の今レースは6着と敗れてはいるものの、状態はかなり良いし今年も警戒しておきたい1頭で。

ミッキーグローリー

【評価:〈3.5〉】

7/25 美坂 51.5-12.5 馬なり
7/31 美坂 52.5-12.8 馬なり
8/7  美坂 51.4-12.5 馬なり

最終追い切り美坂51.4-12.5馬なり。馬なりでの追い切りで水曜の美坂全体2番時計の好タイムを記録。過去掲示板を外したのは1回のみ、初G1の前走マイルCSも敗れはしたものの上がり最速の5着と善戦するなど実績はかなりのもの。ただ今回長期の休み明け、過去3度長期休み明けがあり、この時の復帰レースは2.6.3着と成績はそこまで。今回も久々のレースでこの点は頭に入れておかないといけないかもしれないが、ただ追い切りの動きはかなり良いだけにいきなり好走しても驚けない。やはり注意が必要で。

ケイデンスコール

【評価:〈3.5〉】

7/31 栗CW(82.0)66.0-11.6 一杯
8/7  栗坂 56.4-12.0 馬なり

最終追い切り栗坂56.4-12.0馬なり。馬なりで栗坂終い12.0と良い伸び。全体時計は平凡で軽めだったのは少し気になるところではあるが、1週前にしっかりと追い切りをこなしているしそこまでは心配しなくても良さそう。過去、新潟2歳Sを勝利、左回りの1600mでは2勝、2着2回と実績は十分。斤量も53キロと魅力的で当然無視はできない存在で。

アストラエンブレム

【評価:〈3.5〉】

8/4 美坂 50.2-12.9 馬なり
8/7 美坂 52.8-12.5 馬なり

最終追い切り美坂52.8-12.5馬なり。馬なりでの追い切りで良い動き。4日にも美坂で全体50.2と好タイムを記録。前走巴賞ではロス無く立ち回ったが、最後は伸びもそこまでで4着。騎乗していたルメール騎手も距離が少し長かったとのコメント。過去のレースを見てもマイル戦の方が好成績を挙げているし、今回の1Fの距離短縮はプラスになりそう。素質は良いものを秘めているだけに警戒しておきたい1頭で。

ソーグリッタリング

【評価:〈3.0〉】

7/25 栗CW(83.8)68.0-11.4 強目
8/1  栗CW(81.8)65.3-11.7 一杯
8/7  栗CW   -12.9 馬なり

最終追い切り栗CW終い12.9馬なり。馬なりで上がり中心の追い切り内容。1週前に負荷をかけられて良い動きを見せていたし気配は悪くなさそうだが、予想に反して最終追い切りが軽すぎる点、終いも12.9と時計がかかっている点が気になるところ。今年に入りオープンクラスを連勝し挑んだエプソムCでは先行有利の中3着と善戦。力の高さを見せてくれた。1600m戦は過去5勝、新潟コースも合いそうだし注意はしておきたいが。